恋愛が続かないのはどうして?今まで1年も続かなかった人の原因とは

自分でもなぜかわからないけど、恋愛が続いたことがない…。そんな経験はありませんか?

悲恋ばかり続いている人は、気づかないうちになにか間違いをおかしているのかもしれません。

どうして恋愛が続く人と続かない人で差が出てしまうのでしょうか。今回はその原因について見ていきましょう。


告白されて付き合ったのにフラれてしまうのはどうして?

モテないわけじゃなく、彼氏はすぐできる。告白される事が多い。でも付き合って少したつと、なぜかフラれてしまう。

それを「男運が悪かった」「付き合った彼氏が悪い」などと相手のせいだけにしていませんか?別れを切り出す原因を作ったのはあなたかもしれませんよ。

彼氏に執着して、いつの間にか重たい女になっていたなんてことも…

毎日メールや電話をしたり、時間がある時は一緒に過ごす。「何よりも彼氏が第1優先!」だったりしてないですか?

彼氏と一緒にいない時に誰とどこにいるの?などが続くと彼にとってあなたは「重たい女」になってしまいます。

そうなると彼氏はあなたから離れていってしまいます。「好き」=「執着する」ではないので気をつけてください。

「好き」という気持ちが「やっぱり好きじゃなかった」に変わるのは?

付き合う前まではたしかに「好き」と思っていた彼が「やっぱり好きじゃなかった、別れよう」と言うのは、彼の心変わりではありません。

付き合う前は外見や表面上のあなたを知って好きになりました。しかし付き合ってみたら「いい子なんだけど何か違うんだよな」と思わせてしまったからです。

あなたのアピールポイントは何ですか?

全部が平均点の人よりも、全体では平均点よりも下かもしれないけど、何かひとつでもズバ抜けたものを持っている人の方が魅力的なんです!

あなたもこれだけは誰にも負けないというものを作りましょう。

心の壁がそのまま2人の距離になっていってしまった…

変な意地をはって強がったり、素直に思ったことを言えなかったり。

そんな事が続くと、どんどん2人の間に壁が出来てしまいます。付き合うというのは、他の人には言えない事でも言い合ってお互いを知っていくものです。

しかし、それがないと「何を考えてるのかわからない」「本当に俺の事好きなのか?」などと2人に距離が出来てしまいます。その結果、別れを切り出されてしまうのです。

あなたからしたら急にどうして?と思うかもしれませんが、彼からしたら前から少しずつの積み重ねでそうなったのです。

素直になるのは簡単なようで、難しいのかもしれません。

「好き」と思って付き合ったのに、すぐに冷めてフッちゃった!その原因は?

付き合う前は好きで好きでたまらなかったはずなのに、いざ付き合ったら「あれ?」と思うほど気持ちが冷めてしまった…

そんな人はあなた自身に問題があるかもしれません。

恋に恋していた…まだ本当に好きな人に出会えていない可能性が

告白されてドキドキして「わたしも好き!」と勘違いしてしまうことは多くあります。

来るもの拒まずではいけません。

胸がキュンキュンしたりときめいたりする、そんな人を見つけてください。

その人の事を考えるだけで胸が苦しくなったり、あの人のためなら何でもできる!と思える人こそ本当に「好きな人」なのです。

理想が高すぎたり、自分の価値観を押し付けていませんでしたか?

心の中で「男はこうあるべき」と思っている事ありませんか?例えば、デート代は彼氏が出す、運転するのは男で自分は助手席。

お金持ってて、いい車に乗ってて、おしゃれな人が好き!など、なかなかいないような男性を理想としていると現実とのギャップで長続きしない事が多いです。

付き合う前は知らなかった部分も、付き合うと見えてくるものです。

そこで「わたしはこうして欲しいのに、どうしてこの人はしてくれないの」という気持ちが大きくなり、相手にぶつけてしまいます。

それが続くと別れのきっかけになってしまいます。

そういう人は、逆の立場になって考えてみましょう。

「女はこうあるべき」と彼氏に決めつけられたらどうですか?女はスカートを履くべき、家事は女の仕事だ、など。居心地が悪くないですか?お互いの立場を尊重する事が大切です。

実は彼氏を信じることができていなかった…

彼氏が忙しくて連絡が来なかったり、会う時間が少なくなったりする事があると思います。

そんな時にあなたはどうしてましたか?

  • 「なんで連絡してくれないの?」
  • 「わたしと会いたくないの?」
  • 「もしかして浮気してるんじゃ…」

などと、彼氏に対して当たっていませんでしたか?

彼氏も悪気があってしているわけではないのに、あなたにそんな風に思われてしまったら、2人の間に溝が出来てしまいます。

彼氏は「好きなら信じてほしい」と思っています。でもあなたは「好きならこうして」と思っている…。こんな平行線の2人が長続きするはずありません。

人間は好きな人には信じてもらいたい、認めてもらいたいと思うものです。

付き合う時はお互いを尊重し、信頼し合える関係を作るのが理想の関係です。

簡単に出来る!付き合いが長続きするための秘訣

付き合いが長続きしない事には、結婚できるのか不安になりますよね。

そのために付き合いが長続きするための行動をあなたがとっていきましょう。すぐ明日から始められる事がたくさんありますよ。

相手の事を知り、理解する

外見だけで好きになるのはやめましょう。

まずはお互いを深く知る事から始めて下さい。

お互いを知るためにはたくさん話をしたり、コミュニケーションをとるとよいです。

相手の価値観もだんだんとわかってくると思います。お互いを尊重し、思いやりをもって接すれば、相手の短所さえも認め合う事ができます。

信頼関係も築けるので、干渉しすぎなくなります。信頼関係がないと、お互い干渉してしまうのです。干渉のしすぎは不信感でしかありません。気を付けて下さい。

お互いを信頼し、ほどよい距離感を保ちつつ、思いやりがあれば付き合いが長続きしやすいです。

隠し事をせず、なんでも素直に伝える

素直に謝る「ごめんね」や感謝の気持ちを伝える「ありがとう」はしっかり口に出しましょう。

意地を張って逆の事を言ってしまったり、相手を傷付けるような言葉は控えて下さい。

素直に何でも言うというのは、お互いに意見を言い合える関係性を作れます。そうするとお互い自然体でいられ、2人で過ごす時間が居心地のよいものになっていきます。

居心地のよい空間は、2人将来や結婚生活をイメージしやすくしてくれるのです。

今までの自分から卒業して、いい恋愛をしましょう。変わるのは今です!

今まで長続きしなかったあなたも、これで長続きしなかった原因がわかりましたね。

相手のせいにしていた自分を卒業して生まれ変わるチャンスですよ。何かひとつでも思い当たる点があったなら直した方がいいでしょう。

大切なのは、思いやりの心とお互いを尊重し合う事です。

口で言うのは簡単ですが、行動で示すのは簡単な事ではありません。あなたが、彼氏と末永く幸せに過ごせる事を祈っています。

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る