大好きな先生に告白したい!先生と交際するには長期戦で挑むべき理由

学校や塾など、先生と関わることは少なくありません。

そこに好みのタイプがいたら、惚れてしまっても仕方ないというもの。

でも相手は「先生」だから、一筋縄ではいかなかったりします。だからこそ、告白を成功に近づけるためには、告白前と告白後が大切なのです。

先生に特別な目で見てもらうためにも、今から準備を始めてみませんか?

告白前に大切なこと。それは「先生を守る」ことです

あなたは今、何歳でしょうか。

未成年にキスもしくはそれ以上の行為を行った場合、成年側が処罰されてしまうことは知っていますか?

例え付き合っていたとしても、13歳以下が相手だった場合、法令違反で捕まります。

婚約や結婚をしていれば別ですが、そうでなければ、18歳以下が相手だった場合でも、条例違反で罰せられる可能性があります。無理やりじゃなく、任意だったとしてもです。

強姦罪とは別で、合意があったとしても、場合によっては刑法177条や淫行条例などに当てはまってしまうのです。

先生が未成年に手を出せない理由があることを、理解しておいてください。

ここがわかっていないまま「だって好きなんです」とごり押ししても、常識のある先生は相手にしてくれません。

なお、相手にしてくれる先生は、逆に言えば犯罪行為だと理解していて手を出してきている可能性があります。気をつけてくださいね。

先生との恋愛において、気持ちを伝えることは大切です

年齢問題がクリアしていてもしていなくても、気持ちは口に出しておくといいですよ。

あなたにとっては特別な先生でも、先生からしたら「たくさんいる生徒の一人」なのですから、そこから一歩前を進むことが大切です。

本気の告白じゃなくてもいいです。「先生って優しいから好き」「先生の声って聞きやすくて好き」なんていう形でもいいんです。あなたが好意を持っているのだと気づかせてしまいましょう。

「卒業したら、本気で告白していいですか?」なんて、告白予告をしておくのもいいかもしれません。

先生の立場を考えながらアピールしましょう

学校や塾によっては、教師と生徒の恋愛関係を、年齢に関係なく禁止している場合があります。

卒業してしまえば禁止事項から外れますが、卒業前に付き合い始めてしまうと、バレた場合は先生が仕事を失う可能性だって出てきちゃいます。

学生時代にどれだけ本気で告白しても、成功しにくいのはそれもあるんですね。無職覚悟で付き合うくらい好きだったら、無職を覚悟する前に婚約を考えそうなものですしね。

あなたや先生にその覚悟がないのなら、告白しても振られて終わりです。

だからこそ、先生の立場を考えた行動です。

「先生のこと本気で好きだけど、迷惑かけないようにするから、好きなままでいてもいい?」という立場でアピールを続けてみてはどうでしょうか?

話しかけるのは学校内を中心に、学校敷地以外で偶然出会った時は、触れないように気を付ける。でも偶然会えたことが嬉しいなど、恋愛感情があることは伝え続けてみると、年下特有のかわいらしさをアピールしやすいでしょう。

こういったアピール方法は、特に「情にほだされるタイプ」に有効です。

地味かもしれないけど、プレゼント攻撃は案外効果的です

好意的な相手じゃないと、プレゼントを渡そうって考えになりにくいものですよね。

だからこそ、プレゼントを渡すということは、「私は先生に好意を持っています」と伝えていることにもなります。「恋愛感情での好き」と取られるのか「生徒と先生の立場での好意」と取られるのかは、その先生にもよりますが。

プレゼントには、消耗品をお勧めします。

そして生徒から先生(目下から目上)へのプレゼントらしく、高すぎないものがいいでしょう。

特に最初のうちは、クッキーやお煎餅、またはジュースなどの「すぐに消費出来るもの」が、相手の負担にもならなくて良いかもしれませんね。

こまめに餌付けするという意味でもよいです。この時に先生の好みを把握しておきましょう。嫌いなものばかりあげていたら、嫌がらせと受け取られかねませんから。

なお、普段からちょっとしたものをプレゼントし続けていると、バレンタインのチョコも不自然なく渡せますので、一石二鳥です。

じっくりことこと煮込んだ想い、仕上げは卒業式とその後で!

卒業式を過ぎれば文句なしに告白出来ます。学校も先生も生徒もありません。

ただしそう思っているのはあなただけかもしれません。先生からすれば、卒業式直後は、まだまだ教え子の感覚かもしれないですからね。

まずは卒業式に告白しましょう。ただし振られる覚悟でいってみてください。先生と教え子で、一回の告白でOKがもらえる割合はとても低いので、振られても気にしないメンタルで挑むことが肝心です。

振られてもめげずに、Lineやメールアドレスなど、個別で連絡が出来るツールを交換してみましょう。

ここでのポイントは、先生の年齢です。

年齢差がある場合、メインで使っているツールが違う場合があります。

自分の使いやすいものではなく、先生の使いやすいツールに合わせて交換した方が、既読しやすいはずです。

卒業後も連絡が取れる手段を得られるかどうか、ここが今後の分かれ目です。

長期戦で狙うのがポイント!しっかりと気持ちを伝えましょう

  • 卒業したら熱も冷めるだろう。
  • 新しい環境で、もっと別の相手を好きになるんじゃないかな。
毎年のように卒業生を送り出す立場にある先生は、案外そんなことを考えていたりします。若い生徒からの好意は、一時的なものだという先入観にも似た感覚で見ているわけですね。

だからこそ、長期戦です。

「卒業してもまだ好きなんです。先生じゃなくなっても、人間として好きなんです。」とその気持ちを伝えていきましょう。

漫画のように、先生と生徒の関係があるうちに付き合える人は本当に少なくて、むしろ卒業後に関係が発展した場合の方が可能性は高いのですから。

卒業をリミットと考えず、諦めないことが大事ですよ。

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る