彼氏が幸せ太りでぽっちゃりしてきた!幸せ太りに隠された注意点

付き合い始めて彼氏にしょっちゅうご飯を作ってあげていたら、彼氏が太ってしまった。

こういう場合は昔から「幸せ太り」なんて言ったりしますよね。

一次的に太ってしまったけれど、すぐに元に戻っていった場合は確かに幸せ太りでしょう。しかし、太ったままの場合は要注意。

幸せ太りだと思っていたら実はそうではなかった、なんてことありませんか?

気になるポイントを見てみましょう。


彼氏の体重増加、一時的なものですか?

付き合い始めて彼氏が太りだしたんだけど、という話はよく聞きます。

好きな人と食べるご飯は美味しく感じるので、嫌いな人と食べる時と比べると食欲が増しますし、好きな人の作ったご飯はついつい食べ過ぎるということもあるでしょう。

ただしこれは大抵、一時的なもので治まります。

付き合いだす前よりも若干の体重増加があったとしても、適正体重内になろうと意識しはじめます。もっとも「太っていても好きだよ」と言ったり言われたりしていると、カップルともに太ることはありえます。

それにしたって、不健康な食生活が続いた結果の、強制入院が入った某芸能人のような肥満には、まずなりません。

では付き合いだした後、幸せ太りだと思っていたのに、ずっと太り続けてしまう彼氏。これは幸せ太り以外の要因がありそうです。どういったことが考えられるでしょう。

愛情たっぷりご飯、ついつい作りすぎてしまう彼女と完食する彼氏

好きな人に手作りご飯を作ってあげる時、食べ足りないことがないように、多めに作ることがよくあります。

パーティー料理などを準備する時と同じ心理が働くわけですね。

彼氏としては、好きなパートナーが一生懸命作った手料理だから、残さず食べたいと考えてしまいがちです。「多かった」と残す人もいますが、それにしても満腹までは食べ続けている場合がほとんどでしょう。

これを繰り返せば少しずつ太ります。彼氏の胃袋の大きさを早めに把握して、食べ過ぎないように気をつけてみるという手があります。

彼氏の好きな料理が、実は高カロリー食品だったりしませんか

彼氏の好きな料理を作ってあげたい。リクエストされたら応えてあげたい。

そう思って作ったメニューを作る時に、カロリー計算をすることはあまりないかもしれません。

ただし好物が高カロリー食品という場合は案外多いです。

これは男女関係なく、一番好きな食べ物を上げてもらった場合、低カロリー食品を選ぶ人よりも高カロリー食品を選ぶ人の方が多いのです。

「好きなメニューをしょっちゅう作っていたら太り初めた」という場合、一食あたりのカロリーを計算してみましょう。

専門家みたいに細かく確認する必要はありません。

例えばから揚げ100グラムあたり約何キロカロリーか、なんていう情報は、カロリーブックに書いてあります。

彼氏の年齢や体重や運動量などから、一食あたりの必要カロリーもわかりますので、カロリーオーバーメニューになっていないか確認してみるのもよいかもしれません。

ちょい辛メニューは炭水化物が進んでしまうことがあります

塩分や辛み成分が強いおかずはご飯によく合います。ただしご飯をついつい食べ過ぎてしまいがちです。

男性は女性と比べてタンパク質を多く求める体になっていますので、必要量に合ったおかずを食べるために、気が付くとご飯が大盛りになりかねません。そうすれば自然と太っていきます。

厚生労働省の1日あたりの塩分摂取量の目標値は、男性が8グラム、女性が7グラムとなっています。

これを意識すると、自然と減塩料理になりますので、つい白米を食べ過ぎてしまうメニューになっている人はお試しください。

彼氏の運動量、付き合う前より減っていたりはしませんか?

付き合うまでは空いた時間に運動していたタイプの彼氏に起きやすいパターンです。

付き合うようになって、以前と比べて運動時間が減り、それなのに食べる量は以前のままだった場合、消費カロリーが減りますので確実に太ります。

一緒に出来る運動をするか、彼氏が運動をしているところを見に行くか、何か工夫して彼氏の運動量を戻してあげてもよいかもしれませんね。

幸せ太りを理由に、彼氏の肥満を見逃さないで

「幸福度が高い人は肥満が改善される」という研究結果がオーストラリアで発表されている一方で、「幸せ太り」という現象も存在します。

ただし、一時的な幸せ太りはもちろんありますが、パートナーが太り続けていくとすれば、それは幸せ「だけ」が理由ではない可能性が高くなってしまうのです。

彼氏を将来のパートナーとして考えていくつもりがあるならば、ぜひ長期的な健康を考えてあげてください。

「あなたのことを考えているの」と言われて、突然怒り出す人はそうそういないでしょうから、二人で食生活や運動量の見直しをしてもよいかもしれませんね。

幸せ太りはハッピーワードに聞こえますが、そのまま太り続けてしまえば肥満になることを、決して忘れないでください。

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る