女性は子宮で恋をする!気になる子宮と恋愛の関係性とは?

先日、興味深い調査記事を目にしました。

それは、女性の子宮がうずく瞬間を調査したもの。

調査結果によると、低い声の男性と話したときやセクシーな男性を見たとき、年下のイケメンを見たときなどが上がっていました。

低い声は子宮に響く感じがする、とうい理由で、セクシーな男性や年下のイケメンについては、女性の本能的なものに働きかけるようです。

中には、結婚相手と出会ったときに子宮がうずいたという人も。

女は子宮で恋をするという言葉がありますが、あながち間違いではないのかもしれませんね。

そこで今回は、子宮と恋愛の関係性について掘り下げていきたいと思います。


子宮のうずきの謎を解く前に子宮と脳の関係を見てみましょう

子宮のうずきの謎を解く前に、まずは子宮と脳の関係を見てみることにしましょう。

子宮と脳には、密接な関係があります。

女性のからだや美容を話すときに、必ず出てくる女性ホルモン。これは、脳からの指令で分泌され、女性ホルモンの影響を大きく受けるのが子宮ですよね。

生理が来たり妊娠したりするのも、この女性ホルモンと子宮の関係があるからこそ。

それだけ、子宮と脳は切っても切れない関係になっているわけです。

女性特有の不調は、子宮が関係することや、女性ホルモンが絡んでいることが多くありますが、その理由は、このような関係性があるからなんですね。

子宮のうずきは女性の脳の構造がさせているものだった!

恋をすると子宮がうずく原因は、上記で紹介した脳の構造にあります。

特に本能的・感情的にものを考える傾向にある女性は、男性よりも本能的な感情が優れていると言われています。

女性は赤ちゃんができると、体から母乳が出る仕組みになっていますが、この仕組みは、他の動物と同じ体の働きで、本能的なものと言えますよね。それと同じく、女性の考え方も本能的・感情的なものが強く出ると言われているのです。

自然界において、メスは強いオスを求め、その子孫を残そうとするもの。

だから、女性は素敵な男性や魅力的な男性を見ると、脳と直結している子宮がうずくのです。

母性本能が関係している場合もある

また、母性本能もこの考え方に当てはまります。

本能的に、守らなくてはいけない人、自分の力を必要としている人など感じ取る能力に長けているので、年下のイケメンや頼りない男につい手を差し伸べてしまう。

その人の性格ももちろん大きく関わりますが、女性には大なり小なり備わっている本能。

理屈ではなく本能で動く女性が多いのは、そのためではないでしょうか。

体から送られるメッセージの場合も!体の声に耳を傾けてみて

私達の体は、実に神秘に溢れています。

実は、体の右半身は男性らしさを表していて、父親との関係性や仕事と関係しており、一方で左半身は女性らしさを表すとされています。

ですので、左側は母親との関係性や恋愛・人間関係と関わりがあるそう。

つまり、恋愛において不安なことがあったり何か気にかかることがあると、左半身に何らかの不調を感じやすくなると言うのです。

この考え方は、子宮や大腸などの下腹部にも当てはまり、女性性と関係しています。

そのため、失恋や恋の変化で生理不順になってしまったり便秘、あるいは下痢になってしまったりと、何かしらの不調を引き起こしてしまうことがあるのです。

子宮と女性ホルモンの働きによって女子力がアップする!

さて、ここまで子宮のうずきの謎を解き明かしてきましたが、ここからは子宮と女子力アップの関係性をお話ししていきましょう。

先に触れましたが、子宮は脳や女性ホルモンと密接な関係があるとお話しました。

女性ホルモンは、言わずと知れた、女性の美容と健康に欠かせないホルモン。肌や髪を美しくし、女性らしい体つきをつくる大切な働きをしますよね。

その女性ホルモンが、適切に分泌されているか実感させられるのが、生理や妊娠であり、安定した生理や妊娠を行うためには、健康な子宮が不可欠。

つまり、子宮が健康であれば女性ホルモンは正しく分泌されることになり、女性らしい美しさがアップするというわけです。

女性らしい美しさは自信にも繋がりますし、恋の後押しにもなりますよね。

子宮で運命の人を見つけるために!健康的な子宮づくりを始めましょう

子宮と恋愛の関わりの深さが分かったところで、運命の人を見つけるために健康的な子宮を作るためのポイントを見ていくことにしましょう。

ポイントは生理周期・ホルモンバランスです。

生理周期とホルモンバランスの関係は、健康な子宮を作るのに欠かせない要素。まずは夜更かしをほどほどにして、規則正しい生活を送るようにすると改善に向かいます。

ツボ押しをしてみよう

子宮に効果的なツボを刺激するのがおすすめです。

ツボ押しには子宮の働きを助けるほか、ストレスを軽くし血流を改善する効果があります。

大腸兪(だいちょうゆ)
ホルモンバランスを整え、血流を良くするツボです。背骨を中心に、左右外側に向かって指2本分、骨盤付近にあります。
腎兪(じんゆ)
子宮の働きをサポートするツボ。ウエストの一番細い部分、背骨を中心に指2本分、左右外側に向かったところにあります。

子宮に良いツボ13515

ストレスを解消してホルモンバランスを整える

ホルモンバランスを崩す、最大の原因はストレスです。女性ホルモンはストレスにとても弱く、体に影響を及ぼしやすくなります。

リラックスできる環境を作り、適度な運動などを取り入れて、ストレスを溜め込まないようにしましょう。

リラックスするのには、アロマを活用するのもいいですし、ストレッチなどを行うのもいいですよね。全身の血流をよくする目的の軽い運動は、ウォーキングやマッサージもおすすめです。

また、ホルモンバランスの乱れは、自律神経の乱れに直結します。

自律神経の乱れはイライラを誘発し、彼とのいらぬケンカの原因にもなりかねません。恋人や好きな人に穏やかな笑顔を向けられるように、上手にストレスを解消しましょう。

女性をキレイにするセロトニンを出そう!ホルモンの働きで子宮も健康に

女子力をアップさせるには、ヨガもおすすめです。

ヨガには、体の中から女性ホルモンを分泌させる効果があり、生理痛の改善や妊活中の女性、将来妊娠を望んでいる女性に効果的。

ヨガの効果として、最も注目したいのがハッピーホルモン。ハッピーホルモンとはセロトニンのことで、良質な睡眠や自律神経に深く関わる物質です。

深い呼吸をしながら適度に腹筋を使い、体に過度な負担を掛けないヨガは、ハッピーホルモンを促すのに最適な運動と言われています。

効果的なポーズは、猫のポーズ。

【 猫のポーズやり方 】

猫のポーズ13541

  1. 腕を肩幅に足は腰幅に広げ、手のひらをしっかり広げて四つん這いになります。
  2. 息を吸いながら背中を反らせ顔を上げ、胸を反り、そのまま30秒ほど呼吸をしながらキープします。
  3. 息を吐きながら、両腕両足は固定したまま背中を天井に着き出すイメージで丸め、お腹をへこませ、頭を両腕の間に沈め30秒間自然に呼吸をしながらキープ。
  4. これを5回ほど繰り返し、息を吐きながら終了します。

子宮が温まるほか、ウエストのシェイプにも効果的ですよ!

女性ホルモンを促すということは、子宮に対しても良いということ。女子力をアップさせて、恋愛の勝者になれるかもしれませんね!

子宮で恋をして幸せを掴む!うずいたら運命の相手かも

子宮がうずく謎や、子宮が恋愛にどれほど影響力があるかを考えると、女性は確かに子宮で恋をしているのかもしれませんね。

頭で考える理性と、子宮で考える本能を上手に使えれば、とても素敵な恋を楽しむことができるはず。

そして、それができるのは女性だけであり、女性に与えられた特権なのかもしれません。

女性の社会進出が当たり前になった現代、女性はさまざまなものと戦い、傷つき、ストレスに囲まれた生活を送っています。傷ついた体や心を放って置いても、後に残るのは後悔だけです。

素敵な恋をするために、そして、運命の恋に出会った先の、新しい命の誕生のために、美しい子宮づくりを心掛けましょう。

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る