失恋して彼を諦めるための方法をご紹介。苦しい気持ちを解放しよう

好きな彼に別れを告げられ、諦めなければならないのに、どうしても諦めることができずにいると、つらい思いを引きずってしまいますよね。

上手に気持ちを整理して、諦める方法はあるのでしょうか。

失恋をしてしまい、諦めなければならない状況になってしまったときに、どのように気持ちを整理していけばいいのでしょうか。

前向きな気持ちになれるためにも、諦めることができる方法をお伝えしていきたいと思います。


失恋を諦めるための具体的な方法とは?

失恋をしてしまうと、自分だけがつらい思いをしていると、自分自身のことだけしか考えることができなくなってしまいます。

諦めるためには、どのように考えて気持ちを整理していけばいいのでしょうか。

具体的に諦める方法をいくつかまとめてみました。

彼の気持ちを考えてみる

自分はまだ彼のことを好きで、失恋しても諦めずにいるけれど、彼からしてみたら、もうあなたに気持ちがないわけです。

相手の気持ちを動かすことは、ちょっとのことではなかなかできません。

彼が決めたことなので、多少時間がかかったとしても、しっかりとその彼の気持ちを、受け入れていくようにしなければならないのです。

彼もすぐに出た答えだったわけではなく、考え抜いての結論だったはずですので、その気持ちに向き合うようにしてみましょう。

けじめをつけるためにメールや手紙を書いてみる

自分の気持ちはなかなか整理できずにつらいという場合は、けじめを形に表わしてみるのもいいでしょう。

言葉にして相手に伝えるということだけでも、上手に気持ちを整理していくことができます。

メールや手紙に、今までの彼への感謝の気持ちやあなたの思いを言葉で表現していくと、彼にはストレートに伝わります。

それと同時に、あなたの気持ちも言葉に表すことによって、心のもやもやが取れて、次第に気持ちに整理をつけることができます。思いと伝えるということは、その相手がたとえ友だちだとしても、同情されてかえてくらくなるだけです。

ですので、彼にしっかりと伝えるということによって、心残りがなく思いをすべて吐き出すことで、前向きな気持ちになれるのです。

泣きたいときは思い切り泣く

やはり失恋はつらいものです。

自分がまだ彼を好きでいるのですから、そう簡単には諦めることはできないのが正直なところですよね。変に強がることはせずに、泣きたいときは、思い切って泣きましょう。

失恋はつらくて悲しいのですから泣きたい気持ちになるのは当然です。

涙を流すということだけでも、気持ちはすっきりします。

諦めなくてはいけないつらさから解放されるために、泣くという方法で悲しみを流してしまいましょう。

失恋を諦めるためにしてはいけない行動とは?

あなたの中では、大好きだった彼との思い出がたくさんあるはずですので、そのままいい思い出として心に刻んでおきたいですよね。

ますますひどい関係になったりしないように、彼から別れを告げられた時に、してはいけない行動をご紹介していきたいと思います。

「別れたくない!」との一点張りで彼に悪い印象を与える

彼から別れを告げられた時、あなたはショックかもしれませんが、彼もきっと考え抜いての結論を出したのだと思います。

そこで、「別れたくない!」や「絶対に嫌だ!」とあなたの意思を無理に押し通すようなことはしないようにしましょう。

話し合いをしようと彼からしているのに、それを聞き入れようとしないということは、あなたが彼に向き合おうとしておらず、彼にとっても嫌な印象にしか残りません。

彼も「こんなはずではなかった」とますます関係が悪くなっていってしまいます。

彼にひどいことを言う

失恋をしたからと、彼に対してひどいことを言ったりするのはやめましょう。

よくないことを言うことで、彼自身も今までそんな風に思っていたのかと傷つきます。

あなた自身も周りの友だちなどから、あまりいい印象を持たなくなりますので、感情的にならないように注意が必要です。

今まで以上に連絡を取ろうとする

諦めることができずに、彼を思い出しては時間帯を考えずに連絡を取ろうとする行動はやめましょう。

もし、逆の立場だとしたら、別れを告げてから尋常じゃない連絡が相手から来るようになったとしたら怖いですよね。

諦めることができないからと、彼にしつこく連絡を取ろうとすると、それこそお互いにつらい思いをするだけです。

冷静になって考えて、自分がされて嫌なことはしないようにしましょう。

時間をかけてでも失恋を諦めることができる!

どんなに時間がかかったとしても、失恋を諦めることができます。

まずは自分の気持ちと向き合い、時には彼に思いを言葉で表現することをしてみてください。

そして、彼の気持ちにも耳をかたむけ、それであなた自身が納得できたときには諦めがついています。

どんなにつらくても時間が解決してくれるはずです。

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る