失恋を引きずる女性が立ち直る方法!心を整理するために出来ること

失恋をしてしまって、どうしても忘れることができず、引きずってしまうというのは、女性によく見られるものであります。

無理に忘れようとすることなく、上手に対処していけばきっと新しい恋に向けて進んでいくことができるはずです。

どうして失恋を引きずってしまうのでしょうか。その理由と、対処法についてお伝えしていきたいと思います。

失恋を引きずる期間はどのくらい?

大好きだった彼と過ごした期間は、なかなか忘れることができないものですよね。

ふとした時に思い出してしまい、気が付けば頭の中は彼のことでいっぱいになっている、なんてことはよくあるのではないでしょうか。

それこそ、一緒に過ごした時間がとても濃いものだとしたら、なかなか気持ちがすぐ整理できないものです。

失恋は、人にもよりますが、だいたい遅くても半年くらいには気持ちが吹っ切れて新しい恋に向かって進んでいたりすることが多いのではないかと思います。

中にはもっと長く時間がかかる人もいるかもしれませんが、失恋を引きずるということにはそれなりの理由があるのです。

失恋を引きずってから立ち直るにはどうしたらいい?

失恋を引きずるということは、それだけあなたの中で大恋愛をしたという証拠です。

今までの思い出がすべてきれいなまま記憶として心の中にあるので、それを打ち消すことができる恋愛はもうできないと自分自身で決めつけてしまうのです。

では、そんな状況からどのように立ち直れるのでしょうか。いくつかのパターンを見ていきましょう。

自分の気持ちに素直になること

まずは、強がりや無理をすることなく、自分の気持ちを素直に受け止めることです。

  • こんなに大好きだった
  • 一緒にいたから頑張れたこともあった

など、無理に忘れようとせず思い返してもいいでしょう。

時には泣いてもかまいません。素直に気持ちと向き合うと、案外すっと心に解けていくものです。

そうすることで、だんだん気持ちがすっきりと整理されていきます。

客観的に自分を見つめてみること

気持ちが解けていき、整理されてきたら、自分自身を客観的に見ることができるはずです。

そうすることで、何がいけなかったのかなど、自分の欠点が見えてきます。

次の恋愛をするうえで、同じ過ちを繰り返さないためにも、自分を見つめなおしてみるのも大事です。

失恋を引きずらないための対処法

失恋は、その人だけにしかつらさは分かりません。ですので、余計に一人で抱え込み、失恋を引きずってしまうのです。

そんな人に、失恋を引きずらないための対処法をお伝えしていきたいと思います。

一人の時間を作らないようにする

趣味に没頭するのもいいですし、友だちと買い物やカラオケに行くなど、一人の時間を作らないようにしてみましょう。

急には忘れることができないものだからこそ、時間をかけてでもなるべく一人で考え込んでしまう時間を減らしていくのです。

そうすることで、日に日に失恋のつらさが薄れていき、明るい気持ちにさせてくれます。

部屋の模様替えをしてみる

意外と効果があるのが、部屋の模様替えをしてみるということです。自分の部屋で過ごすのに、慣れた環境であると気持ちも変わりません。

まずは部屋の雰囲気を変えてみることで、気分がすっきりしますし、新しく何かをはじめようといった気分にさせてくれます。

気持ちを整理するかのように、部屋を模様替えしながら片づけることで、思い出のものを処分してみたり、新しいものを揃えてみたりしながら気分も変わっていくことでしょう。

考え方を変えてみる

「相性が合わなかったのかな」、「運命の人ではなかったのかな」など、割り切るかのように考え方を少し変えてみるだけでも、失恋を引きずる気持ちが薄くなっていきます。

  • 次に出会える人とは相性がいいと思えるかもしれない
  • もしかしたら運命の人とはこの先現れるのかもしれない

と気づけば前向きな考え方をしている自分がいるかもしれません。

そうなれば、前向きになれる第一歩です。

焦らずできることからはじめよう!

失恋を引きずっているからと、物事を焦りすぎてしまうと空回りをしてしまいます。時間がかかったとしても、ゆっくり消化していくことが一番の近道です。

自分に向き合いながら、周りの環境を変えていくことで気持ちもすっきりしていきます。

次の恋への充電期間だと割り切って、今を大切に過ごしていきましょう。

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る