失恋の無気力状態から立ち直る方法!早く元気を出すために出来ること

恋愛をしていると、失恋の一つや二つ経験することはありますよね。

その中でも、大失恋をしたときに無気力状態になってしまう人も中にはいるのではないでしょうか。

何もしたくない、何も考えたくないといった無気力になってしまったときに、どうすれば立ち直ることができるのでしょうか。

そんな失恋をして立ち直るまでにはどのくらいかかるものなのか、また無気力状態からの立ち直る方法についてご紹介していきたいと思います。

失恋をして立ち直るまでどのくらいかかるもの?

失恋をした人は、実際にどのくらいで立ち直ることができるのでしょうか。

付き合っていた期間や、想いを寄せていた期間などにもよりますが、だいたい1か月から3か月ほどの期間がかかるとされています。

中には数週間で立ち直る人もいますし、1年以上引きずってしまう人もいます。

どのくらいかかってしまうかというのは、やはり相手に対する思いがどのくらい強いかなどにもよるのかもしれません。

立ち直るための期間の過ごし方が大事

失恋をして無気力になってしまっても、立ち直るためには、その期間の過ごし方がとても大事になっていきます。

どのように過ごしていくかで立ち直るまでの期間が変わっていきますし、傷ついた心を修復も早かったり遅かったりしていきます。

自分の気持ちをきちんと整理することができれば、無気力状態から抜け出すことができるきっかけにもなります。

また、失恋を受け入れるためにはどうしても時間がかかってしまうので、傷ついた心が癒えるまでにはその分立ち直るまでには長い期間が必要となっていくのです。

自分の気持ちときちんと向き合って、無気力から回復するまでに、自分が変わらなければならないということに気づくと思いますので、そうすることで徐々に気持ちが明るく前向きに変わっていくことが実感できるはずです。

無気力状態から立ち直るための方法とは?

失恋をして、ショックのあまりに無気力の状態になってしまったときの対処法今からご紹介していきたいと思います。

どのように心がけていけば、この無気力な状態から抜け出すことができるのでしょうか。

さっそく見ていきましょう。

予定がなくても外出をするように心がける

失恋をしたときというのは、どうしても部屋にこもりがちになってしまいますよね。

そのままずっと、誰にも会わずに部屋にこもりっきりでも、何も改善していくことができないですし、どんどん失恋のつらい気持ちになっていってしまいます。

失恋をしたときというのは、人に会いたい気分にもなれないですし、ましてや外に出て出かけてみようと思えないですが、そこをできるだけ予定が何もなくても外出をすることで、様々な刺激を受けますし、気分転換にもつながります。

天気がいい日には、太陽の光を浴びれば、自薦と前向きな気持ちにもなっていきますし、頑張ろうと勇気が湧いてくることもあるのです。

ずっと部屋にこもりっきりでは不健康になってしまいますので、健康的にいるためにも、心も元気にさせるためにも、できるだけ外出をするように心がけていきましょう。

一人でいる時間を作らない

一人でいる時間を作らないようにしましょう。

友だちと過ごしたり、家族と一緒にいる時間を作ったりして、できるだけ一人で過ごさないようにしていくと、失恋をしたことについて考えなくても済みますし、無気力状態から抜け出すことができるきっかけにもつながっていきます。

一人で過ごして、趣味などに没頭するということが悪いということではないですが、無気力になってしまったときの対処法としては、できるだけ一人で過ごさないようにすることをおすすめします。

友だちと話す機会を作る

失恋のショックがあまりにも大きいと、人と関わりたいと思えなくなってしまい、ふさぎ込んでしまうことが多いのですが、友だちと話をする時間をつくって、できるだけ自分の気持ちを聞いてもらうようにしてみてはいかがでしょうか。

共感してくれるだけでも気持ちが軽くなっていきますし、話をするということで、憂鬱だった気分が明るくなっていったりもします。

友だちから元気をもらうこともできますし、何よりも友だちと話をすることで前向きになっていくことができるでしょう。

家族と一緒に過ごす時間を作る

家族と一緒に過ごすことで、何もしなくても雰囲気が和んだり、明るい話題で楽しくなったり、そうしているうちに無気力だったのが自然と明るい気持ちにさせてくれます。

それは、家族という強い絆で結ばれているからこそ、一緒にいるだけでもとても安心感がある存在だからです。

何も言わなくても、家族がそっと包み込んでくれるような、そんな雰囲気があるからこそ、一緒に過ごす時間を作ることで、気分がラクになっていくのでしょう。

共感してもらえる人に相談をする

共感できる人に話を聞いてもらうだけでも、自分の気持ちは軽くなっていきます。

共感されるということで、自分一人だけがつらい思いをしているわけではないのだということに気が付くからです。

そうすることによって、もっと前向きになるために、共感してくれる人からのアドバイスに耳をかたむけることができますし、そのアドバイスの通りに行動していけば、無気力状態から抜け出すことができるのです。

無気力になってしまったときには、まずは失恋をしてしまったその心の傷を誰かに分かってもらえるところからはじめていきましょう。

自分一人が傷ついているわけではなく、悲しい思いをしたけれど、それをどのように次に活かしていけばいいのかなどがわかっていきますので、そうすることで元気にもなっていきます。

失恋から立ち直る期間も短くて済む場合もありますので、ぜひおすすめします。

おいしいものを食べにいく

失恋をして無気力状態になってしまうと、どうしても食欲もなくなってしまう場合がありますが、ちょっと贅沢をしてみてもいいのではないでしょうか。

普段はなかなか食べないものや、ちょっと贅沢なものであっても、今まで頑張って悲しみに耐えてきた自分へのご褒美だと思って、思い切っておいしいものを食べに出かけてみましょう。

おいしいものを食べていると、きっと元気が出てきますし、幸せを感じるのではないでしょうか。

そんな至福の時間を過ごすことができれば、元気になって前向きな気持ちになれるはずです。

失恋した相手にかかわるものを処分する

失恋をしてつらい気持ちになってしまう原因の一つが、彼の思い出が身近にあるためにいつまでも気持ちを引きずってしまうからなのです。

新しい恋に向けて前向きに頑張っていくためにも、彼を思い出してしまうものなどは処分してしまいましょう。

例えば、プレゼントでもらったものなどもそうですし、携帯電話に残っている写真や動画も、メールアドレスや電話番号も思い切って消してしまいましょう。

思い切って消してしまうことで、思い出す機会が徐々に減っていきますし、部屋で過ごしていても、彼のことを思い出すものがないので、失恋からの無気力から立ち直りが早くなったりします。

立ち直るためにできることから努力しよう!

失恋をして無気力状態から立ち直るためにも、まずは自分ができることから行動したりしていきましょう。

友だちに相談をすれば、きっと協力してくれるはずですし、少しでも考えることがないように時間の過ごし方をしていくと、立ち直りも早くなります。

無気力状態から脱することができたときには、きっとステキな出会いがあるはずです。
この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る