失恋で鬱気味に…。つらいトラウマから立ち直った私の体験談

失恋って誰にとってもつらいものですよね。私も今まで何人かの男性とお付き合いしてきましたが、毎回毎回失恋には慣れることがありません。

いつだって悲しいですし、「もう二度と恋愛なんてしたくない」とすら思うこともあります。

中でも20代前半のときに経験した失恋のショックは本当に大きかったです。何もする気になれなくて、若干の鬱気味になってしまい、とにかく一言で言えば「ヤバい」、そんな状態でした。

そこまで失恋で落ち込んでしまった経験のある人は意外と多いのではないかと思います。

今回は、そんな失恋→鬱の状態から立ち直った私の体験談をお話していきたいと思います。


1年半付き合った彼氏に振られて失恋…

20代前半の頃、私には1年半ほど付き合っていた彼氏がいました。

彼は本当に優しいの一言に尽きる素敵な人で、言葉にはしてませんでしたが、このまま彼と結婚出来たら幸せだなあとはよく思っていました。

ですがそんな折、突然、本当に突然、彼から連絡があります。

「他に好きな人が出来たから、別れてほしい」の一言でした。

ちなみにその連絡はメールです。

私はまず、別れてほしいという話にはもちろんショックを受けましたが、何よりもきつかったのは、大事な話なのにメールで連絡を寄越してきたことです。

彼はそんな不誠実な対応をする人ではなかったからこそ、本当に私はショックでたまりませんでした。

急に酷い裏切りにあったような感覚で、もはや「人ってどこを見て信じればいいんだろう…」と軽い人間不信にすら陥りそうにもなったものです。

彼はそのまま逃げるように私の前からいなくなり、本当にあっけないかたちで私たちの関係は終わりました。

それが私が経験した20代前半の頃の失恋です。

失恋後に鬱気味に?とにかく無気力に…

そんなひどい別れ方になってしまったものですから、その後の私の落ち込みようはとにかく凄まじいものがありました。

本当に何もしたくなくて、ただベッドの中で泣いている、そんな日々を数日過ごしていたのを覚えています。

お恥ずかしい話ですが、無気力のあまり仕事も何日か休みました。

私はさすがにそんな自分の状態を「まずい」と思い、しばらくしてから病院に行くことにしたのです。病院の先生からは、

「軽い鬱だろうね。薬を出しておくから、それでも仕事に行く気になれなかったらまたおいで」と言われ、言われた通り、その後はしばらく抗不安薬を飲みながらなんとか仕事に行く…そんな日々でした。

それまで私は鬱という症状とは全く無縁の生活を送ってきていたので、「自分がまさかここまで落ち込むことがあるんだ…」と我ながら驚いたものです。

それくらい、私にとって、突然彼がいなくなってしまった生活は耐え難いものがありました。

このままではいけない!友達の力も借りつつ前向きに

薬を飲めばなんとか仕事にも行けてはいたのですが、1ヶ月くらい経ったあとでも、依然、私の気持ちは晴れないままでした。

本当に、本当にそれくらい彼のことが大好きだったのです。

だからこそ自分でも驚くほどショックが大きくて、今だからこそ言えますが、「このまま死のうかな…」とすら考えたこともありました。

でもさすがにそんな状態をずっと続けていくわけにもいきません。

仕事のこともありますし、時間も経つと彼への怒りのような感情も湧いてきて、「なんでこんなに私が落ち込まなきゃいけないんだろう…」と思うようにもなってきたんですね。

失恋して鬱のような状態になり、気持ちはなかなか晴れないままでしたけど、私はそこからなんとか前を向こうとする努力を始めるようにしました。

一番最初に頼ったのはやっぱり友達でした。

とにかく友達と話すようにする、遊びに行くようにする、そのようにして「失恋して悲しい」という気持ちを思い出せないように徹底していました。

3ヶ月かけて立ち直ることに成功!薬も卒業できた

意外と時間はかかりましたが、そんなこんなで友達とよく遊ぶようにして彼のことを考えないようにしていたら、時間も手伝ってくれたのか、明るい気持ちは戻ってきました。

それまでは何度か薬を飲みながら仕事に行く毎日でしたが、3ヶ月くらい経った頃からは鬱っぽくなってしまうこともほとんどなくなり、無事に薬も卒業できました。

会社の合コンにも行き、新しい出会いにも目を向けることができました。

やっぱり友達と会って彼のことを考えないようにする、そのことは本当に大きかったと思います。

自分一人で落ち込んでいるととにかく「寂しい」「彼に会いたい」ということばかりを考えてしまうので、失恋してひどく落ち込んでいるときは、悲しみをシャットアウトするように行動するのが一番なんだな、とよく学べたと思います。

持つべきものは友達。失恋で鬱になったら思い切って頼る

失恋すると悲しみで周りが見えなくなってしまいがちなのですが、よくよく考えてみれば、周りで力になってくれるような友達もたくさんいるものなんですよね。

私はこのときの失恋で、とにかくそのことを強く実感しました。

失恋して鬱状態に陥ってしまいましたが、友達と遊んだり、たくさん愚痴らせてもらったりすることで、明るい気持ちは取り戻せたと思います。

失恋して鬱っぽくなってしまったときは、思い切って周りに頼ることがやっぱり一番ですね。

「迷惑かも…」なんて考えてしまいがちですが、同じように「私も彼氏の愚痴言いたい!」と話に乗ってくれる友達もいるものなので、もし失恋したときは抱え込まず、ぜひ大事な友達に助けを求めてみてくださいね。

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る