失恋を忘れるまでの期間が辛い人必見!上手く乗り越える方法をご紹介

あなたは、もう恋愛なんてこりごりだと思っていませんか?1つの恋愛を忘れることって、相当な労力と苦しみが伴います。

筆者は、たいがいフラれてしまっていたため、恋愛が終わるたびに「もう1人で生きていこう」と決めていました。

でも、今はパートナーがいます。やはり、当時は苦しくても、人を好きになるという気持ちを捨てることはできないようです。

今、失恋し、人生のどん底だと感じている女性が、少しでも筆者の経験を知って、今の時間がどれだけ大切なのかを分かってもらえたら幸いです。

苦しんでいる今の期間も、決してムダにはならないと思ったら、少しは未来に希望を持てませんか?

苦しみを生み出している原因を探る

苦しむ最大の原因は、過去への執着です。人は得たものを手放すことが苦手な生き物。でも、人生は全てタイミングでできています。

筆者は、今まで経験してきた中で、恋愛だけでもなく、仕事も、結婚も、全て、私たちはタイミングで生きているんだと実感しました。

それから、もがくことをやめたら好転したのです。

では、失恋に苦しんでいるあなたにとって、今大切なこととは何なのでしょうか。

過去を振り返ることをやめる

過去への執着が1番あなたを苦しめます。まずは、過去を振り返ることをやめてみる努力をしてください。

筆者は過去に執着しすぎて、もう1度あの頃に戻りたいとそればかり考えていました。

時間が経てば、相手から忘れられてしまうのではないかという恐怖心から、しょっちゅう元カレに連絡し、しまいには相手にされなくなってしまいました。

きっと相当しつこかったのだと思います。つまり、自分を見失っていたわけです。

しかし、“過去は過去、今は今、そして未来は未来”と割り切ることで、自分を見失わなくてすみます。

というか、自分を見失ってしまうと、うまくいくかもしれないチャンスを見逃し、好転するきっかけを失ってしまうのです。

なんと、見た目も不幸そうに見えてしまうのです。

今現在、失恋で苦しんでいる人がいるならば、“自分を見失わないで”ということを1番にお伝えしたいです。

過去に縛られるよりも、今をいきいきと生きること。

過去よりも未来は過去よりも輝いている女性ってうらやましいですよね。あなたも絶対になれます。すぐにでも実践してみてくださいね。

あなたの幸せと彼の幸せは違うということに気付く

あなたにとっては、彼といる方が幸せかもしれません。

でも、彼はあなたと一緒にいることを選びませんでした。悲しくて、悲しくて、受け止めることができない喪失感、とても分かります。

でも、この気持ち、実は自分の幸せしか考えていないということの表れです。

あなたは、彼に新しい彼女ができた時に、心の底から祝福することはできますか?彼のことを、自分を傷つけたひどい人だと思っていませんか?

筆者は、口では「あんなやつ、もういい!」と言っていましたが、ずっと心の内側ではしこりが残ったままで、別れた彼の私生活が気になってばかりいました。今になると、それは未練だよと思うのですが、当時は認めたくなかったのです。

彼に新しい彼女ができたと知った時、かなり動揺したのと同時に、怒りまでこみ上がってきたことを今でも覚えています。

別れるということは、彼から“お前といても俺は幸せになれない”と言われているようなものなのに、それを受け止めることができなかったのだと思います。

その後、恋愛経験を重ね、失恋の回数も重ねた結果、分かったことは、相手の幸せを想える女性になることで、次の恋愛からは、彼から大切にしてもらえる女性になれるということです。

やはり、何よりも“思いやり”が、自分を幸せな恋愛に導いてくれるということを学びました。

将来を見据えた行動を

失恋後は恋愛がお休みの期間ということ。その間に自分の趣味や、仕事のスキルアップをしておきましょう。

趣味がないという方は、お料理を勉強することをおすすめします。

“男の胃袋を掴め”というのは本当で、料理にはセンスが表れますし、家庭的にも見えます。彼に将来あなたと過ごすことを意識してもらうためにも、トライする価値があると思います。

仕事は生活の基本ですよね。仕事が波に乗っている時って、実はプライベートも充実していることに筆者は気付きました。

仕事が上手くいっている時って、何もかもが楽しく感じませんか?恋人ができるとどうしても彼氏優先になりがち。

1人の時間があるうちがスキルアップのチャンスです。

苦しい過去もいつかは笑えるようになる

筆者も、苦しくてどうしようもない時は気付きませんでしたが、今になればそこまで人を好きになれた自分を誇らしく思います。

あなたも、恋愛に真摯に向き合うことができている自分を褒めてあげてください。失恋後こそ、絶対に自暴自棄になってはダメです。

将来、あんなこともあったなと笑えるような、幸せな恋愛を手に入れることができるよう、失恋後の時間こそ、新しいことに目を向けてみてくださいね。

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る