嫉妬深い女の恐怖!男性の気持ちを興ざめさせるその生態とは

あなたは、嫉妬心から失敗してしまった経験はありませんか?どうしても嫉妬心が抑えられず、失敗してしまった経験は、誰にもあるでしょう。

やきもちと嫉妬心は違います。嫉妬心が原因で、あなたの幸せを逃してしまわないよう、嫉妬心との上手な向き合い方を考えていきましょう。

嫉妬心が芽生えてしまう理由

嫉妬心と上手に向き合うためには、まずどうして嫉妬深くなってしまうのか原因を知る必要があります。

“やきもち”から“嫉妬”へ豹変させてしまう理由とは。

自分に自信がない

彼に好かれているという自信が持てない時、彼が他の女性を好きになってしまうのではないかという恐怖から、嫉妬心が強くなってしまいます。

特に、彼があなたとは全く違うタイプの女性を「あの子、かわいいよね」と言ったり、女友達としてでも仲良くしているところを見ると、感情を抑えることができなくなってしまうこともあるでしょう。

あなたにはあなたの魅力があります。他人と比較することをやめてみると、少しは嫉妬心を抑えることができるでしょう。

彼の存在が趣味化している

“彼氏依存症”というと分かりやすいでしょうか。一緒にいる時間が長すぎると、彼の存在自体が、自分の趣味化してしまう女性がいます。

“彼は自分のもの”だという気持ちが大きくなり、彼が今どこで誰と何をしているのか気になって仕方がなくなってしまうのが特徴です。

そして、彼が少しでも自分の気に入らない行動を取ると、ヒステリックを起こしてしまい、被害妄想が膨らんでしまうことから、嫉妬心が大きくなってしまうというような傾向にあるようです。

彼は、あなたのライフスタイルに必要な人であっても、あなたの所有物ではありません。

彼自身の自由を奪うようなやきもちは禁物です。

あなた自身も、趣味をつくるなり、友達との時間を大切にするなりして、自分自身の時間を楽しむようにしましょう。

自分自身が浮気性

意外にも、必要以上に彼が浮気するのではないかと心配する人は、自分も浮気性である場合が多いようです。

自分がしてしまうから、相手もするのではないかという恐怖から嫉妬心が強くなってしまいます。

浮気をしてしまう人は、基本寂しがり屋。そして、父性本能、母性本能をくすぐるのが上手なモテ女、モテ男が多いことも、分かっているのでしょう。

モテる彼氏だと、ついつい心配になってしまいますよね。

あなた自身が彼に真摯に向き合っているか、もう1度自分自身に問いかけてみてください。

男性が怯える嫉妬深い行動

自分の感情のコントロールができないのでは、恋愛は上手くいきません。恋愛は、あなたと彼、両方の気持ちがあってこそ成立するもの。

では、男性はどんな嫉妬深い行動に恐怖を感じてしまうのでしょうか。

すごい回数の連絡

自分がかけた電話に彼が出ない時、何回も何回もかけてしまったことはありませんか?

彼にLINEしてもなかなか既読にならずに、何度も何度もLINEを送ってしまったことはありませんか?

最初の方は、好意の表れだと思い、彼もかわいいと感じるかもしれませんが、あまりにも回数が増えると、だんだん鬱陶しくなります。あなたが近くにいなくても、束縛されている気になってしまったら、彼の気持ちは離れていってしまうかもしれません。

女性は受け身であればあるほど、男性から大切にされます。

“猪突猛進”という四文字熟語がありますが、自分勝手なコミュニケーションだけは避けるようにしましょう。

彼のスマホ、SNSをチェックする

やましいことがなくても、スマートフォンを他人には見られたくないですよね。

何を検索しているのか、誰と連絡を取ってどんな会話をしているのか…

彼のプライベートを全て把握しておかないと気がすまないという女性は、とっても危険です。

SNSで女性をフォローしていることに傷ついたり、男だけの飲み会だと思っていたら、女の子もいたと分かり腹を立てて彼を責めたり彼のプライベートを知ってしまったがために、彼と不仲になってしまうこともあります。

お互いの信頼関係を損なう行為だけは、絶対にやめましょう。

嫉妬心をかわいいやきもちに変身

嫉妬することは誰でもあります。相手を好きであればあるほど、なおさらです。

不安な気持ちが大きいからこそ、嫉妬心が芽生えるのです。

あなたが不安に思っていることを、彼に上手く伝えることはできていますか?彼に分かってもらうことで、あなたの嫉妬心が少しはやわらぎ、やきもち程度ですむかもしれません。

嫉妬することで、魅力が減ってしまいます。いつも素直なあなたでいるように心がけることが大切です。

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る