職場で不倫相手が出来たら注意すること!判断はなるべく早めに下そう

会社でいつもの様に働いていると、時に悪魔のイタズラのように好きになってはいけない人を好きになってしまうこともありますよね。

お互いが独身であればそれは何の問題も無いことですが、もし相手が既婚者であった時は禁断の関係になってしまいます。

最初はちょっとした出来心だったのに気づいたらどっぷりとハマっていたという事は珍しいことではありません。仕事で毎日顔を合わせるからこそ、なかなか抜け出せないという事実がそこにあるのです。

このままではいけないと分かっていても、簡単にその関係は解消に向かえないものですよね。

では職場で不倫相手になってしまったときには何を考え、どうすれば良いのかなど意識すべきことを挙げていきましょう。


不倫はなぜいけないのかという事を意識する

不倫は頭ではいけないものと分かっているのですが、それを安易に考えている事が不倫関係を長引かせているのです。

多くの人を傷つけることになる

職場での不倫関係になった時、それは多くの人を傷つけてしまうことに繋がります。決して不倫している本人達だけの問題ではないのです。

不倫が相手の奥さんにバレてしまったとき、それは離婚問題に発展しますよね。しかも相手に子供がいてしまったら、子供たちにも大変な思いをさせなければいけなくなるのです。両親が離れ離れになるという現実を突き付けることになるでしょう。

相手の両親にも迷惑をかけることにもなりますし、さらには貴女には多額の慰謝料の請求が来ることにもなるでしょう。そうなれば、貴女の両親だって平常心ではいられないはずです。

会社では不本意にどちらかに転勤を命ずるなどの処置をとらなければいけないですし、最悪の場合は解雇処分にもなりかねません。

会社の風土を守るためにも仕方のないことと言えるでしょう。

このように様々な方に多大な迷惑をかけることになるのです。もちろん知っているとは思いますが、改めてしっかりと考えましょう。

自分の人生という時間を無駄にする

不倫相手になっていたということが皆に知れてしまったら確実に貴女の評判は落ちます。

その会社にはいられなくなってしまい、また就職活動をしなければいけないでしょう。そこに大きな時間とお金のロスが生まれてしまいます。

しかも職場というのは不倫関係にある二人のことを、本人が知らないうちに察知しているものです。

貴女にはもっと素敵な相手がいたのかもしれないのに、不倫相手になっているという事が知れ渡っているために、まともな恋の成就はありません。

慰謝料だけでなく、自分の時間も無駄にしてしまっているといえるでしょう。結果的に相手の男性がちゃんと離婚をして貴女と結婚するということも無くはないのですが、あまりそのような流れにはならないほうが圧倒的に多いでしょう。

以上のことは貴女も分かっているはずなのです。しかし不倫にハマっている以上、その意識が本気にはなっていません。今一度このことは真剣に考えなければいけないのです。

職場の不倫はこうしてバレる

では職場での不倫関係はどのようなところからバレてしまうのかを挙げていきます。そこを知っていくことで、少しでも不倫関係を解消していけるようになることを願います。

イチャイチャしているところを見られる

職場の不倫でバレやすいパターンは、単純にイチャついているところを見られているということでしょう。

本人達は誰もいないから大丈夫と思っていても、知らないうちに誰かが見ていて、そこからうわさが広がってしまうのです。

誰もいないはずの会議室でキスをしていたら窓の外から見られていたり、帰りの駐車場の中で二人でいたところを目撃されていたなんてことはよくあることです。

その現場を見られてしまったら「怪しい」とか「もしかして」ではなく決定的な証拠となってしまうのです。

どうしても抑えられない気持ちが大きいほど、バレてしまうことも出てくるでしょう。

明らかに態度が違う

これは上司である男性との不倫関係であるときに多いことですが、お互いが明らかに今までと態度が違うと周りの人が感じたときにバレてしまうでしょう。

妙に二人が馴れ馴れしく見えると、他の社員の方はすぐに感づいてしまいます。

上司が貴女にだけ優しい態度が目立ったり、貴女の上司に対する態度が上の人への態度には見えなかったりと、その辺は特に女性の社員が気づきやすいのではないでしょうか。

上司にちょっと強めの突っ込みを入れたりなんてこと、以前は無かったのに何故?これは怪しい!と女性の勘が働いてしまうのでしょう。

一度そのように見られてしまうと、もう皆はそういう風にしか見ませんので、無意識に証拠を掴んでやるという気持ちになっていきます。

そうなるとちょっとしたことが会社内の特ダネになってしまうでしょう。

スマホを見られる

まさに墓穴を掘ってしまうパターンですが、うっかりスマホを見られてしまってバレるケースも少なくはありません。

特に相手の男性がつい失敗してしまうことが多いのではないでしょうか。

家にいるときにその辺に放っておいたスマホを妻に見られて、そこには貴女とのツーショットがあったりすれば、疑うこと以外何もありません。

また、不意に貴女が送ったラブラブのラインのポップアップをたまたま相手の妻が見てしまったなんてこともあります。ラインのポップアップはお互いに見られてもおかしくないくらい油断してしまうものです。

会社の飲み会で、貴女は時間の確認のためにスマホを開いてテーブルに置いていたら、突然不倫関係の相手から「この回終わったら抜け出していつものコンビニで待ってる」なんてラインが…。

見られたら確実にアウトです。

デートしているところを見られる

こちらも社内でイチャイチャしているのと同様に、本人達はバレないと思っているけど見られているパターンです。

二人で歩いているところを見られるというのは偶然ではなく必然と考えて良いでしょう。不倫をしていますということを公表しているようなものです。普段の行動範囲から離れた場所ならと安心していても、実際は安心できる場所という存在はありません。

会社内にいる人だけに見られなければいいということではありません、貴女も相手の男性も友人知人がいますよね。

会社の社員たちにも知人がいて、貴女達のことを知っている人がいるかもしれないのです。

そんな広いネットワークの中で誰か一人でも見つかれば、まさにこのネットワークの進んだ時代ですのですぐに話は広がってしまうでしょう。

このように不倫がバレるパターンを挙げたのは、だから気を付けてくださいということではなく、ほぼ確実にそのうちバレますよという事をお知らせしたかったのです。

不倫関係を止めるために考えること

不倫関係を始めたときからそれを止めなければと考えていますよね。そのためにどのような行動をとるべきかお伝えします。

相手に関係を止めたいと告げる

今の職場内の相手との不倫関係を解消するには貴女からその意思を伝えるしかありません。

男性から言ってくることはあまり無いことです。なぜなら男性側としては貴女のことを「都合がいい」と考えているからと言えるでしょう。

もちろん貴女のことを何とも思っていないわけでは無く、好きと言う感情があるからこそ不倫関係になっているのは確かです。しかし相手の男性には妻という絶対的なパートナーがいながら貴女とも関係を結んでいるわけですから。

ですので勇気をもって不倫関係の解消を告げるのです。ただ止めましょうと言うと相手からは「なんで?何か不満があるのか?」と納得はしてくれません。ここは「他に好きな人ができました」と丁寧に言いましょう。

加えて「その彼はもちろん独身の男性です」と言えば、本当に貴女のことを大事に思っているのであれば真剣に考えるはずです。

もしそれでも関係の解消を認めてくれないのであれば、結局は自分のことしか考えてないと言えるでしょう。

バレた時の退職も覚悟しておく

さらに本気で不倫関係を辞めたいのであれば退職も視野に入れることを考えましょう。これも大きな決断になりますが、いつまでも職場で顔を合わせていてはなかなか感情が吹っ切れませんよね。

やってはいけないことをしているのを自覚しているわけですから、いつかは止めなければという気持ちは正直なものです。

関係を止めたいと言っても聞き入れてくれないのであれば、もう貴女自身も相手に会わない環境にする他にはありません。会わない状況になれば時間が解決してくれますので。

本当に悩んだのであれば退職は頭の片隅に置いておくべきでしょう。

上記の方法はどちらも自分自身に大きな負担を与えるものでもあります。

関係を止めることを言いだすことも仕事を辞めることも決して簡単な決断にはならないでしょう。

しかしそのくらいの覚悟をしなければいけないほどのことをしているわけですので、このような状況で決断を迫られるのは当然と言えます。

不倫はバレたら沢山の人達に迷惑がかかる

不倫はいけないものだというのは分かっていても、それでも既婚者を好きになってしまう気持ちは抑えられないというのは仕方のないことなのです。

お互いが好きなんだから良いじゃないかという意見もあるでしょう。

しかし最初に言いましたように、本人達だけの問題ではないのです。沢山の方に影響を及ぼすわけですから、だからそこに法律ができたのです。人の気持ちを考えたうえでの法と言えるでしょう。

さらに言えば不倫を罰するというのは宗教的な感覚でもあります。

他の国には一夫多妻制をとるところもありますが、それを言ってしまってもしょうがないですよね。ここは日本でありそこにはルールがあるのですから。

不倫相手になってしまっても貴女には何の利益もありません。

そのような関係を職場の人と持ってしまったときには、なるべく早く解消に向かう強い意識を持つようにできればと考えます。

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る