サムシングブルーを結婚式に取り入れよう!素敵な結婚式のおまじない

「サムシングブルー」という言葉を聞いたことはあるでしょうか?

普段はなかなか聞かない言葉ではありますが、挙式予定がある人はもしかしたら聞いたことがあるかもしれません。

サムシングブルーとは、新郎新婦にとって、永遠の幸せを願う言い伝えであります。

具体的にどのような意味なのかについて理解をしておくために、今回は、サムシングブルーについて詳しくみていきたいと思います。

挙式の予定がある人も、結婚を意識しているカップルも、ぜひ参考にしてみてください。

サムシングブルーとは?

サムシングブルーとは、ヨーロッパのおまじないである「サムシングフォー」の一つであります。

サムシングフォーとは、花嫁が幸せになるようにといった願いが込められているものです。

結婚式の日に、

  • 何か新しいもの
  • 何か借りたもの
  • 何か古いもの
  • 何か青いもの

といった4つを取り入れるということで、幸せな結婚生活を送ることができますよという言い伝えです。

そのサムシングフォーの中の一つが、サムシングブルーというわけであるのです。

まだまだ日本ではそこまで知られておらず、詳しく意味を理解している人が少ないかと思いますが、西洋ではだいぶ昔からの習慣とされているようです。

そもそも「サムシングフォー」って?

サムシングブルーを理解する上で、まずはサムシングフォーについてみていきましょう。

結婚とは、家同士や家族同士を結びつけるといった意味があります。

代々その家の受け継がれているものを大事にし、新生活を送る上で、何か新しいものを取り入れ、そしてすでに幸せな結婚生活を送っている人から、なにか持ち物をお借りして、青いものを用意するというようにと言われています。

このように、幸せな結婚生活が続いていけるようにといった、願いが込められているものがあるのですから、日本でも広がっていくといいですね。

サムシングブルーを理解しよう!

サムシングフォーの由来がわかったところで、サムシングブルーについて具体的にみていきたいと思います。

より理解を深めていき、上手に取り入れていきましょう。

なぜ「ブルー」なのか

そもそもなぜブルーを取り入れることになったのでしょうか。

ブルーは、幸せを呼ぶ色とされていて、また聖母マリアのシンボルカラーでもあるのです。

聖母マリアの前で、愛の誓いをするわけですから、ブルーを必要とされているのです。

結婚式でブルーの取り入れ方

結婚式では、どのようにブルーを取り入れるといいのでしょうか。

それは、ちょっとしたアクセントとして、あまり目立たないように身につけるようにします。

サムシングブルーを取り入れると聞いて、真っ先にブルーのドレスを思い浮かぶ人もいるかもしれませんが、基本的には目立たないようにさりげなく身につける方がいいとされています。

取り入れやすいサムシングブルーのアイテムとは?

それでは実際に、どのようなものを取り入れるといいのでしょうか。

参考にいくつかご紹介していきたいと思います。

指輪にさりげなくブルーの石を入れる

指輪にさりげなく小さなブルーの石を取り入れてみましょう。

ブルーサファイヤでもいいですね。

結婚指輪にブルーを取り入れておくということでも、幸せな結婚生活を送るためのサムシングブルーということになります。

ブーケにブルーの花をこっそり入れる

ブーケにこっそりブルーの花をいれておくこともステキですね。

あまり目立たないように、小さな花を入れてもかわいいですし、アクセントにもなるでしょう。

季節の花をチェックして見るのもいいかもしれません。

ブルーのアクセサリーを身につける

ネックレスやイヤリングなど、さりげなくブルーのアクセサリーを取り入れて見るのもいいかもしれません。

目立たないくらいの小さなイヤリングでも十分かわいらしいですし、その時のドレスに合わせて、上手に取り入れてみましょう。

式場の飾り付けにブルーを取り入れる

式場の受け付けや周りの飾りにブルーのリボンなどをつけてみましょう。

自分自身に身につけるというようなことだけでなく、このように式場の飾りにでもブルーを取り入れるというようなことでもいいですよ。

ブルーのくつを履く

ちょっとだけウェディングドレスの裾からのぞくくつに、ブルーを取りいれるというのも、なんだかおしゃれですよね。

目のつくところだけでなく、このようにあまり目立たないくつにも、ブルーを取り入れてみてはいかがでしょうか。

出席している人たちも、時たまのぞかせるブルーのくつに、かわいいと思われるかもしれません。

サムシングブルーを理解して上手に取り入れよう

今回ご紹介してきたサムシングブルーですが、幸せになれるようにといった意味が込められています。

ですので、花嫁さんは積極的に取り入れて、素敵な結婚式にしてほしいと思います。

サムシングフォーも合わせて、ぜひ参考にしてもらいたいと思っています。

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る