自分が恋愛ストーカーになってるかも!愛情の押しつけには要注意

周りが見えないくらい好きになること、それは幸せかもしれませんが、その気持ちが突っ走ってしまうと、大きな失敗に繋がります。

ストーカーというのは、案外自分では気付けないもので、誰もがおちいる可能性を持っています。

筆者がストーカー一歩手前にまでなった経験をもとに、せっかくの気持ちをダメにしないための参考にしてください。

好きだから何でも許される、そう思うようになったらストーカーの入口

「愛さえあれば…」と、好きという感情がなんでもすべて許してくれるわけではありません。

こう思うようになると、それはストーカーの第一歩と言えるでしょう。筆者はコレを間違い、好きという感情を許可証のように勘違いし、振られた彼女を追うようになってしまいました。

このときは、「愛しているから当たり前の行為」と、心から思っていたため、追いかけることが悪いとか、ストーカーだなんて考えはありませんでした。

「こんなに好きなのに!」自分の気持ちが最優先されると危ない

ストーカー行為が進む感情が、「どうしてこんなに好きなのに!」というものです。

相手がどう思うかではなく、自分が愛していることを優先し、それを受け止めてくれるかどうかは、二の次になってしまうのです。

人間ですから、自分の人生においては自分が主役、それは間違いありません。

でも、それが間違った方向に進むと、自分の気持ちを押しつけてしまいます。

また、「愛」という憎悪のような気持ではないので、「悪いことが理解できない」考えにおちいります。

相手が望んでいる行動か?相手の気持ちを考えて

恋愛とは、相手からの反応があって初めて成立するもので、好きな気持ちは周りを見えなくさせてしまいます。

恋は盲目と言えるほど、熱い気持ちは素晴らしいものかもしれません。

でも、盲目になるとやはり周りが見えなくなり、結果として自分の行動が正しいのかどうかは判断できなくなります。

相手の気持ちがどうなのか?

これを考えることができないようなら、好きな気持ちは勝手な片思いでしかなく、恋愛には発展しません。

考えてみれば、好きな気持ちがあるからこそ、「相手がどう思っているか」は気になりそうなものですが、これが片思いの怖いところでもあります。

「好きな気持ち」も成就しないのが前提でいよう

後から分かることですが、やっぱり人間は自分が一番カワイイもので、好きな気持ちを何とかしたいと思うのです。

ですが、相手が受け入れて、晴れて「恋愛」になるまで、片思いの気持ちは成就しない前提でいなくてはいけません。

やはり、先に説明した通り「こんなに愛しているのに」と、勝手な気持ちの先走りが起こるからです。

消極的な恋愛をするのとは違います。

ただ、片思いが始まったり、別れて未練があるなら、まずは一歩立ち止まって、気持ちを整理することが大切です。

その中にはモチロン、相手がどう思っているか、どう思われるかを気にすることも含まれます。

押し過ぎない気持ちをバランスよく保とう

恋愛は消極的では上手くいきませんが、押し過ぎる気持ちは恋愛そのものをダメにしかねません。

気持ちを持つことは大切で、人を好きになることは素晴らしいことです。

ですが、その気持ちが前のめりになり過ぎると、ストーカーになり、そうなると付き合うことなんて、できるハズがありません。

筆者の経験から、自分への言い訳かもしれませんが、ストーカーになる人は好きな気持ちの発しかたが不器用なのです。

ただ、不器用なだけならいいのですが、それを出す方法を間違えると、法律に触れてしまいます。

「しつこいだけ」とは言われない時代で、今はストーカーになってしまうので、絶対にやめましょう。

ストーカーにならないために、片思いはある程度たまったら告白して解消しよう!

どうすればストーカーにならずに済むかは、実はちゃんとした答えがなく、気持ちを解消することが大切と言えます。

告白することもひとつの方法であり、当然ながらダメなら諦めるというのも、苦しいことですが受け入れましょう。

相手に断られて、ストーカーになったところで、その気持ちは成就することなんてありません。普通に考えたら分かることも、いざ自分に置き換えてみると気付けないものですから。

好きな気持ちを持つのは普通であっても、貯め込み過ぎず、いっそのこと告白して、その結果を受け入れるのが非常に重要です。

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る