気になる彼からのメールが敬語!彼に敬語をやめて欲しい時の対処法

メールのやり取りで敬語を使われるものなら、やはり見えない壁を感じます。

そのまま相手の領域に踏み込んで良いものか、たじろいでしまいますよね。

どうすればここから敬語を使う相手男性と、仲を深めることができるのでしょうか。

どうせならタメ口で、更にテンポよくコミュニケーションを取りたいと願ってしまうところですよね。

メール内容が敬語の男性の心理とは

メールが敬語の男性は、内心どの様な心理を抱いているのでしょうか。

タメ口で話すと失礼に捉えられると感じている

送る相手に敬意を感じているからです。その為、タメ語では失礼に値するとも捉えていますし、嫌われたくないという考えも持ち合わせていることでしょう。

加えて、あなたに出来る限りの良い印象を抱いているからこその、対応だったりするので内心喜んで大丈夫です。

また、知り合って日も浅かったりしないでしょうか。その例においても、敬語を使われる割合が比較的高くなります。

この様なタイプの男性は、頃合いを見た頃タメ語にシフトチェンジしたいとも考えていますが、どの場面で文面を変えようか大いに悩み、結局変えられないという結末に落ち着くこともあり得ます。

敬語を使われるからと言って、極端に悪いイメージは持たれている訳ではないので安心してください。

女性との距離感がイマイチ掴めない、照れているからこそ敬語

距離感に困っているからです。気さくな感じでメールを返せば「彼氏気取り?」「気持ち悪い」という印象をあなたに持たれてしまうのではないかと気が気じゃありません。

また、女性と接することが今まで無かったり、意識し過ぎていれば、不自然な文面になってしまうことは必然的とも言えますね。

この様なタイプの男性は、敬語の中にさり気なく過去の自分の栄光、自慢話を混ぜるなど、受け手に良い印象を抱いてもらおうと自分を大きく見せることもあるでしょう。

行動の裏を返せば、言うまでもなくあなたに更によく思われたい、ピュアな気持ちが含まれているので微笑ましい目で見るように努めてください。

照れも無くなる頃、次第にタメ語で話すように変わるなど、一生敬語が続くわけではないので気も楽に居られる事です。

彼に敬語をやめさせたい時の対処法

彼に敬語をやめて欲しいと感じた時、どのような対処法を取れば良いのでしょうか。

敬語は同じように使わない!どんな時も気さくな文章体で返す

相手が敬語だからと言って真似して敬語で返事を出しても、今後、その関係性から抜けきることは難しくなるでしょう。

従って、こちらの雰囲気に染まって欲しい願いも込めて、気さくな文章体で返す方法です。

「今日は天気が良かったですね」というメールが彼から届けば「そうだね!明日も晴れるかな〜?」と言うように硬い空気を潔く打ち砕いて下さい。根気よくタメ口をきいていけば、次第に相手の文面も丸みが帯びていくことでしょう。

また、フレンドリーな文面は、硬い話題も寄せ付けず、恋愛事情などプライベートな話にも突入することも容易です。

敬語同士のメールのやり取りは、やはり比較的お堅い話題に定着して、一向に動くということが出来にくいものです。

この様に、今以上に仲良くなるためには、敬語をやめて欲しい意を込め、柔らかい文体で返事を出してみて下さい。

メールで「敬語無しで話してみたい」と彼に伝えてみる

直球的に言葉に表す方法です。対面して伝える手段は、わざわざということもあり、どうも威圧感を与えてしまうので、そのままメールを用いて伝えてみましょう。

そうすれば「タメ口でいいんだ」と彼も嬉しさを覚えますし、一気にそこから二人の距離も縮まりを見せるはずです。

内心、彼もそろそろタメ語で話したいと考えていた頃かもしれません。

でもタイミングを見極められず、ズルズルと敬語を使う日々がただ続いていたと解釈も行えます。

あっ、と思いついた様に敬語無しでやり取りしようという提案であれば、不自然さを感じませんし、前々から考えていてくれたんだとさり気ないアピールが、彼の心の内にも届きます。

余程のことが無い限り、断られるということもありませんので、勇気を持って切り出してみましょう。

好き避け系男子とメールする時のポイント

好き避けを行いがちな男子とメールを行う際、行った方が良いこととは、どういう事柄が挙げられるのでしょうか。

受け身になり過ぎず、なるべく主導権を握り会話を盛り上げていく

話題を出すなど、会話の主導権を握る方法です。好き避け系男子は、遠慮がちなタイプの方が多く、話題も多彩に用意しているというわけではありません。

また、どの様にコミュニケーションを取っていいのかわからず、数通のメールのやり取りで、連絡が途絶えてしまうケースも十分に考えられます。

その様な残念な結末に至らない様に、女性であるあなたからグイグイ積極的になりましょう。

知りたいことが見つかれば、有無を言わせず質問を行い、その答えに対して、自分なりの感想を投げかけるという様にやり取りを盛り上げていくことが大切です。

最初こそ上手くいかなかったり、思うような話題を提供することが出来ず、苦い経験を得ることもありますが、それも二人の距離を縮めるためには必要なことです。

相手に対して、一度でもイライラすると、後はマイナスの印象になってしまうだけなので、寛容的な気持ちを持ち合わせた上で、会話の流れを舵取って下さい。

メールを通じて相手のプロフィールを聞いてみよう

直接聞けないことを、敢えてメールにおいて聞き出してみる方法です。男女であれば対面して話すだけで、好奇的な目で見られてしまうことも少なくありません。

メールは第三者に覗かれることも無いですし、相手の姿が目の前にないので聞きにくいことも、あっさり問いかけやすいものです。

彼もいつもより気恥ずかしさを感じないせいか、割りかし素直に答えてくれる筈です。しかし、調子に乗りすぎて、一定のラインを超えた話題は、相手を傷つけ兼ねないので必ず程度は守りましょう。

「誰かと付き合ったことある?」という質問は一見普通に見えますが、よく考えて見ると”付き合ったことある?”が、誰とも交際経験が無さそうな前提で、聞いている様にも読み取れます。

また、「悩んでることは何かある?」質問においても、好きな子であるほど自身の弱みを見せたくないと感じる男性も多く、素直に答えてくれない割合の方が高いです。

好き避け系男子とメールする際に気をつけること

好き避けを行いがちな男性とメールする時の注意点とは、どういう事柄が挙げられるのでしょうか。

興味がなさそうな話題は振らない、勘付いた時点で他の話題に移る

明らかに興味が無いという話題は振らないことです。

降った後でも、あまり良い反応が得られなければ速やかに別の話題に変化させていきましょう。

例えば、美容の話は一般的な男性であっても、食いつくことはなく、むしろ女性同士で語らう話題であったりします。

優しい性格の方は、関心が無い話にも、うんうんと相槌を打ってくれるので、一見して興味があると勘違いを受けやすいですが、無理をしているパターンが多いです。

また、メールでやり取りとあれば尚のこと感情も見えてこないので、多少のすれ違いは許容範囲と捉えた方が、やり取りする上で面倒だと匙を投げることもないでしょう。

自分の話しかしない女だとも思われないように、相手の少しの変化にもいち早く気付き、偏った会話の流れを突き通し続けない様に気をつけてください。

逆に相手から興味のない話題を振られた際、直ぐに話題を変えるように努めるのではなく、この話題から得られるものがあるかもと、少しでも関心を持っておくと視野も広がります。

返事を返すときは一度じっくり見返す

メールはテンポが大切ですが、速く打つ文面の中に、傷つける恐れを含む言葉が入っていることもあり得ます。

例えば「真面目だね!」という文章であれば、褒めているのか、遠回しに皮肉っているのか、様々なニュアンスとして受け取れるでしょう。

返事を出す方は褒め言葉として用いた台詞であっても、受け手にはあまり良い感情が湧いて来ず、神経質な方は、悶々とどういう意味だったんだろうと寝られなくなるほど落ち込みます。

この様なすれ違いを生ませて、今の関係に溝を深めないためにも、一度打った文面は振り返る習慣を持つことが大切です。

打った勢いに任せて、そのまま返事を出せば中には誤字脱字をしているケースもあり得ますし、顔文字等こそ省略すれば、いつも以上に気持ちも見えてきません。

更に余裕があれば、貰ってどういう気持ちを抱くメールであるかと、丸っ切り相手になったつもりで読み返すと、より相手に近い感覚を得ることが可能です。

何気ない行動ですが、こういったところにも力を入れておくと、和やかなメールのやり取りが引き続き続くことでしょう。

好き避けでメールが敬語になることはよくある!接し方次第で打ち砕くことが可能


メールの文面が敬語であれば、距離を置かれているのかなと、どこか残念な気持ちを抱いてしまいますよね。

しかし、それは好き避けを行いがちな男性によくあること、行為の裏側には好意的な気持ちが隠されていたのです。

いっぱいいっぱいになり得ているからこそ、お堅い文面も定着しています。

嫌われてないとわかれば一安心ですが、砕けた文章でもやり取りを行ってみたいと感じるところですね。

接し方次第で敬語を打ち砕くことは勿論可能、また距離が縮まれば冗談を言い合うことができる仲にまで発展するので、これからの関係性を願って積極的にあり続けるべきです。

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る