既婚者に好き避けされても意識しない!好き避けする人の特徴と対処法

独身であれば、好きな人ができたら両思いになるため、積極的に行動を取ることがあるかもしれませんが、既婚者は違います。

家庭がありますし、そもそも結婚しているので恋愛することは世間的にも認められないことだからです。

不倫や浮気をする人もいますが、多くの人は好きな人ができたら避けて生活するでしょう。好きな人を避けるという行動は好き避けと呼ばれており、恋心を封印するために実践している既婚者は多いようです。

関わりがない男性であれば、好き避けされても問題ありませんが、仕事やプライベートで接する機会が多い場合には避けられることで支障が出るでしょう。

今回は、男性の好き避けする既婚者とうまく付き合うために、好き避けする人の特徴や対処法についてご紹介しましょう。

好き避けには男性の内面や心理が隠れている!

なんとなく避けられていると感じる場合は、その場が居心地悪いですし、コミュニケーションをとることが難しくなりますよね。

こちらも避けてしまうと、人間関係について悩むことになるかもしれません。

嫌われて避けられている場合は、以下のようなことがあるはずです。

  • 話し掛けると嫌な顔をされる
  • 会話はYESかNOの返事しかない
  • 体を近づけると離れていく

上記のようなことがあれば嫌われているとわかりますが、そうではない場合には好き避けが考えられます。

こちらのことを好きなのに避けられている場合は、対応の仕方によって良い関係を築くこともできます。そのためには、まず好き避けする男性の内面や心理を知ることを始めましょう。

どんな気持ちが隠れているか知ることで、対処しやすくなるはずです。

自信がない

好き避けする男性は、自信がないということが挙げられます。

「気持ちを抑えられなくなったらどうしよう」という気持ちについて、自信がないということです。

制御できなければ恋にハマってしまうので、それを恐れて好き避けすることがあるのです。

恋愛はお互いに想いが通じ合わなければ難しいですが、片思いであれば自分の気持ち次第でいつでもできます。家庭がある既婚者にとっては、好きな人がいるということはあってはならないことでしょう。

倫理的なことを重視する常識人の場合は、避けることで自分を守ろうとしているのです。

プライドが高い

男性は女性よりプライドが高いと言われていますが、好き避けする男性はその傾向が強いようです。

自分からアピールするという行動をプライドが許さないので、避けるという行動を取って女性からのアプローチを待っていることもあります。アピールしても既婚者なので理解してもらえず、振られることもありますので、傷つきたくないという気持ちもあるでしょう。

また、既婚者ですから、もし恋愛へ発展すれば不倫や浮気ということになりますので、下手にこちらから動くとトラブルになる可能性もあります。

女性から誘われることで、罪悪感を少しでも和らげたいという気持ちもあるのでしょう。

受け身でいることで自分を守ろうとしているのです。

周りが気になる

好き避けする男性は、周りのことを気にするという心配症ということもあります。

結婚している身で女性と会話したら勘違いされるかもしれないという不安や心配から、避けるという行動をとっているのです。

好きという気持ちがなければ純粋に会話しているだけと自分を納得させることができますが、好きだからこそ意識してしまうのです。

誰も見ていないのに「誰かに見られているかもしれない」という気持ちになるので、気軽に話しかけることができなくなって距離を置くようです。

恋愛経験が少ない

あまり恋愛を楽しまず結婚した場合は、恋愛経験が少ないので女性を避けてしまうことがあるようです。

気になる女性であれば、意識してしまうので恥ずかしい気持ちもあるのでしょう。

気軽に会話したいという気持ちがあっても、意識するほど緊張もしやすくなりますので、避けるという選択をしてしまうのです。

ナルシストである

好き避けする既婚者は、ナルシストであるということも挙げられます。

気になる女性に冷たくする自分をかっこいいと思っていることもありますし、クールな自分を演出して酔っていることもあります。

既婚者ですから、実際に付き合うことは倫理的に難しいことですが、妄想上であれば誰にもバレることがありません。

気になる女性がいるけれど気持ちは明かさず距離を置いた状態で、理想的な恋愛を妄想して楽しんでいるのかもしれません。

自分のことを過大評価できるナルシストですから、既に相手の女性が自分のことを思っているという解釈を都合よくしていることもあるでしょう。

では、好き避けする男性がしやすい行動とはどんなことでしょうか。

具体的な例と併せて対処法についてご紹介しましょう。

普段も会話中も目が合わない

好き避けする男性は、視線を合わせてくれませんから会話中に目が合うことがありません。

好きな人がいたら「見たい!」と思うことは自然な気持ちですが、既婚者なので恋愛感情を抱いた気持ちで見てはいけないという気持ちがあるのでしょう。

目が合うことで気持ちが悟られるということはないですが、自分の気持ちが加速しないようにブレーキをかけているのかもしれません。

また、目が合うことが恥ずかしいと思っていて、見ることができないこともあるようです。いずれにせよ、二人きりで会話していても目が合わない既婚の男性は、心を隠そうと好き避けしていることが考えられます。

ふと視線を感じて振り返った時に、既婚者と目が合ってから逸らされた場合は、あなたが見ていない時を狙ってみているわけです。

あなたがどんな反応をするのか怖くて目を逸らせたのでしょうが、その時こそが対処する絶好の機会と言えます。

目が合ったら微笑みや笑顔で作業する

視線が合った時に備えて、微笑みや笑顔を見せるという形で対処することがお勧めです。

好きだけど見ることができない既婚者は、こっそりこちらを見ることが多いようです。

視線を感じたら笑顔で過ごすことです。

  • 誰かと笑顔で会話する
  • 微笑みながら作業する

あなたの明るくて楽しそうな表情を見ることによって、避けるのではなく声を掛けようという気持ちになるかもしれません。

また、目を逸らされた時には、「何で目を逸らすの?」と気軽な感じで突っ込んでみることもお勧めです。真剣に聞くのではなく、「私のことが好きなの?」と冗談交じりで質問しても良いでしょう。

相手は当然否定するでしょう。

「そうだよね」と、それ以上は深く問いたださず、「何かあったらいつでも声かけてね」と一言伝えておくのです。

目を逸らすことが不自然だと思ってもらうことができれば、今後は目を逸らさなくなるかもしれません。

視線を合わせることができるようになれば、徐々にあなたを避けることが減っていくでしょう。好きという気持ちに支配されて意識し過ぎていた場合は、挙動不審になりやすく、必要以上に避けるようです。

避けられ美化されることでますます好きな気持ちが強まる可能性がありますから、できるだけ特別視されないように自然な関係を作りましょう。

メールやSNSが不自然である

メールやSNSで連絡を取ることは一般的ですが、相手が好きな人である場合は意識してしまうかもしれませんね。

既婚者の好き避けとして、メールやSNSなどのやりとりをする場合に違和感が出てしまって、不自然になるということも挙げられます。

友達や家族、単なる同僚であれば、自然に何でも連絡できますが、意識してしまうので返事が遅くなる傾向にあります。

  • どんな内容を送るか
  • 相手にどんな印象を与えるか
  • 勘違いされないか

以上のように様々なことを考えすぎてしまうので、返事が遅くなってしまうのです。

また、こちらから連絡をしないと連絡してこないということもあります。好きな人へ連絡すれば、返事がいつ来るか気になりますし、やりとりを始めてしまうと終わらせることも難しくなる可能性があります。

既婚者ですから、自宅にいる場合は奥さんや子供もいます。

四六時中パソコンやスマホを持ち歩くわけにはいきませんし、既婚者だからという理由で連絡を避けていることも考えられます。

連絡することに関して意識し過ぎていることが不自然になる原因と言えるでしょう。

家族ネタのメールを送ってみる

メールやSNSに関して慎重派の既婚者は、好きだからこそ避けているわけです。

しかし、PTAの仲間や同僚など、連絡が必要な場合にはタイムラグが発生することで支障が出ることがあります。

そのような事態に陥らないようにするためには、意識せず普通に会話できる仲になることが理想的です。

連絡する時には、用件だけではなく、既婚男性の家族にも触れる内容を送ってみましょう。

「この前の件ですが、当初の予定通りいけそうです。それから、駅前に新しいカフェがオープンしたのですが、女子ウケしそうな場所なので奥さんと是非!ちなみに私は、彼氏と行きましたが最高でした!」

上記の分の中のポイントは、以下の2個です。

  • 既婚者の家族
  • 自分の周りにいる異性を出す

上記のポイントを踏まえることで、気持ちがあると勘違いされることはないはずです。

更に、使えるネタを提供することで、異性ではなく情報通の女性と思ってもらえるのではないでしょうか。既婚者が連絡を好き避けしている場合には、異性を意識しない内容を心がけることです。

職場の仲間や友達の一人など、避けずに付き合いたいと思える相手になることができれば、良好な関係を築くことができるのではないでしょうか。

まともに会話してくれない

既婚者の好き避けには、まともに会話してくれないということも挙げられます。

仕事や用件に関する話をしても、プライベートな話をしないのは、避けられていることが考えられます。

本当は聞きたいことが沢山あっても、好きな気持ちを抑えるために、必要以上のことを話さないようにしているからです。

また、無口な既婚者の場合は、その場にはいるけれど積極的な会話をしません。話しが盛り上がらなくても一緒にいるので好き避けではないと思われるかもしれませんが、会話しない時点で避けていると言えます。

実際には話し好きでも、誰かに勘繰られることを懸念して、あまり会話しないということもあるのです。

二人きりではない場合は会話が弾み、二人きりになると会話が止まって続かなくなるケースもあります。

会話に関する好き避けの場合には、相手を自分のペースに乗せましょう。

天気や世間話から始める

既婚者で好き避けする男性は、自分の心がバレることを警戒していることもありますので、意識せず会話できるように天気や世間話から始めることをお勧めします。

既婚者が構えてしまうような内容ではなく、気軽に話せることで距離を縮めていくのです。

避けられていると感じるうちは、第三者を入れてみんなで会話することもお勧めです。

普通に会話できるようになれば、誰かを入れなくても会話することができるようになるでしょうし、既婚者から話し掛けられることも増えるのではないでしょうか。避けないほうが楽しくて親しい関係になれるということがわかれば、現状に満足できるはずです。

既婚者という立場上は、恋愛関係は望めませんが、会話する程度であれば問題ないことです。

親しい関係としての付き合いが続けば、その関係性を壊したくないという気持ちにもなって恋愛感情を捨て去ることもできるかもしれません。

好き避けとして話をしてくれない既婚者がいた場合には、まずは目を見て挨拶し、その後当たり障りのない会話をして距離を縮めていきましょう。

自分以外の女性との時間は楽しそうである

好き避けする既婚者の特徴として、自分以外の女性といる場合には楽しそうであるということも挙げられます。

  • 大声で話す
  • 楽しそうに笑う

二人きりでも楽しそうな雰囲気を出せるのは、意識していない相手ということです。

異性であっても、全く好意を持っていない場合には避ける理由がないのです。

ボディタッチすることもあるかもしれませんが、下心や恋心があるわけではなく、単に親しいだけです。恋愛感情さえなくなれば、あなたを避けることなく親しくできるようになるはずです。

あなたが近くにいる時には、特に声が大きくなることや笑い声が聞こえることもあるでしょうが、それは無意識のうちにあなたの注目してもらいたいのかもしれません。

立ち去らずに会話の中へ入る

避けられていると感じる時には、避けることでどんどん距離ができますので、楽しそうに会話する場面を見たら立ち去れずに会話の中へ入りましょう。

「楽しそうですね。何の話ですか?」と一声かけて、みんなで会話するのです。

先程、第三者を入れるという対処法をご紹介しましたが、この場合も二人きりにならないことで避けられにくくなります。

あなたが入ることで既婚者が立ち去れば、話していた女性は「どうしたの?」と気になるでしょうから、大人の男性であれば普通通りに会話を続けるはずです。

既婚者との会話から食べ物や趣味など、何か共通点を探し出すことができれば、その後は共感し合える仲間として仲良くなることができるはずです。

もちろん、一度の会話ですぐ打ち解けることは難しいので、何度か繰り返す必要はあります。

既婚者があなたのことを友達や趣味仲間として見ることができるようになれば、恋心も消えて、避けずに向き合えるようになるのではないでしょうか。

対処で勘違いされた場合は気持ちを伝える

ご紹介した方法で好き避けする既婚者に対処していた場合、勘違いされることもあるかもしれません。

あなたが既婚者の場合は、同じ立場であるという安心感もあって、恋愛関係になれると思っている既婚男性もいます。

良い友達や同僚になりたくてしていたことですが、好意があると思われてしまうと厄介なことになってしまうので、早めに軌道修正する必要があります。

避けされたくなかったことを伝える

好き避け既婚者への対応で「俺のことが好きなのか?」と勘違いされた場合は、「仲良くなりたかっただけだよ」とはっきり伝えましょう。

「好き避け」が嫌だったからと言ってしまうと、好意がこちらにバレていたということを伝えることになり、既婚者が恥ずかしい思いをします。

ですから、恋愛には一切触れないことがポイントになります。

「避けされている状態が辛かった」と話し、今以上の関係は望んでいないことをわかってもらうことです。

知らないふりをしていると既婚者の気持ちがどんどん強くなっていき、トラブルに巻き込まれる可能性もあります。

避けされたくなかったことだけではなく、以下のことも伝えましょう。

  • 不倫や浮気に興味がないことを伝える
  • 異性として見ていないことを伝える
  • 彼氏や夫など好きな人がいることを伝える

好き避けする男性ですから、また避けられる可能性がありますが、良い関係を築くことができていれば、案外あっさり収束するのではないでしょうか。

既婚者の本気の好き避けは静かに待とう

関わりがない状態で好き避けされた場合は、対応次第で関係性を改善することはできます。

しかし、かなり仲良くなってから好き避けされた場合は、既婚者にとって本気の恋になっている可能性があります。

「恋愛関係へ発展することは難しいけれど好き。でも付き合うことはできない」という葛藤があり、あなたを避けてしまうのでしょう。

気持ちを打ち明けてから避けるというケースもあるようですが、当然ながら付き合うことはできない状況ですから、想いを告げることが片思いの終わりになるのです。

悲しい、イライラなどの気持ちから好き避けへ走ってしまうのでしょうが、失恋は何も無ければいずれ落ち着くことが多いので、静かに待つことをお勧めします。

必要最低限の関わりでOK

仲良くしていた既婚者から好き避けされてしまうと落ち込むこともあるでしょうが、待つしかありません。

声を掛けることで「脈があるかも」と勘違いさせることもありますし、「やっぱり諦められない!」と既婚者を刺激してしまうこともあります。

必要最低限の関わりをしつつ、普段通りになるまで待ちましょう。

信頼し合える仲になることはできる!

好意を持たれることは嬉しいことですが、既婚者の場合には気持ちに応えてしまうと面倒な事態になってしまうこともあります。

気持ちに応えることができなくても、友達や同僚などの立場で良い関係を築くことはできます。

好きの先に未来がない相手であれば、恋愛感情を抜きで付き合う方が長く楽しく過ごすことができます。

恋愛から切り離して考えてもらうことができるようになれば、親しい人の一人として付き合っていくことができるはずです。淡い期待や思わせぶりな態度を取らなければ、勘違いさせることもないですから、他の男性と同様の接し方を続けましょう。

嫌われて避けられていたわけではないので、既婚男性の気持ちさえ落ち着けば、良い関係を築くことはできます。

既婚者に好き避けされていると感じた場合は、相手の気持ちが強くなる前に、恋愛対象として見られないように対処することをお勧めします。

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る