秘密の社内恋愛はNGかも?恋を応援してもらえる職場環境を作ろう

あなたは社内恋愛を経験した事はありますか?

社会人になると学生時代と打って変わり、異性との新しい出会いが少なくなってしまうことから、社内恋愛からゴールインを果たすカップルが非常に多くなっています。

職場に素敵な男性がいたら、アプローチを掛けてみるのも効果的な恋活方法と言えるでしょう。

そしてもし、その行動が実り、交際に発展することができたなら、社内恋愛における注意点をしっかりと意識しておかなくてはいけません。

社内恋愛は同じ職場の方々に対し、最大限の配慮を持つようにしなくてはいけないのです。間違っても社内恋愛していることを、周囲の方々に秘密にしておこうとは考えないようにしましょう。

こちらで社内恋愛を秘密にしておかないほうが良い理由をご紹介いたします。

社内恋愛を秘密にしておかないほうが良い理由

まず社内恋愛を秘密にしておかないほうが良い理由として、社内恋愛に対して少なからず否定的な考えを持っている方がいることが関係してきます。

会社によっては既定の中で、社内恋愛禁止としている会社もありますので、大っぴらにできないケースもあり得るでしょう。

そうした際には秘密にしておかなくてはいけなくもなりますが、実際に働いている方からすれば会社の規定で決まっていても、仕事に支障が出なければ問題ないと考えている方が多くなります。

重要なのは社内恋愛に対して否定的な見解を示す方が、なぜ否定的なのかを考える事です。

社内恋愛反対派の意見

社内恋愛に対して否定的な考えを持っている方は、自身が過去に社内恋愛絡みでトラブルを経験しているか、もしくは同僚の社内恋愛トラブルに迷惑した経験がある可能性が高くなります。

社内恋愛をしていたとしても、上手に仕事とプライベートを分けて働けていれば問題ありませんが、仕事中に恋人だけを特別扱いしたり優遇していたりすると周囲の方は目に付いてしまうものです。

そういった関係から、働き辛さを経験したことがあったりすると、どうしても社内恋愛に対して否定的な見解を持つようになってしまいます。

社内恋愛に否定的な人は、仕事ぶりと人間性でカバーしよう

それなら尚のこと、秘密にしておいたほうが良いのではないかと考えるかもしれませんが、実際は秘密にしておかないほうが良いのです。

具体的な理由としては後述致しますが、社内恋愛に対して否定的な人に対しては、自身の仕事に対する熱意と人間性でカバーするようにしましょう。

仕事に一生懸命取り組んでいれば社内恋愛していようが関係ないという意思表示にもなりますし、成果が出ていれば文句を言う方もいなくなります。また、円満な人間関係を構築できていれば、多少の規定違反は目を瞑ってくれる可能性が高くなるでしょう。

仕事に対する熱意と自身の人間性を利用して、社内恋愛を周知の事実としてしまうことが大切です。

実際、社内恋愛していると隠し通せないことも多い

社内恋愛を秘密にしておかないほうが良い最大の理由として、当人同士は秘密にしているつもりでも、実際のところ隠し通せない可能性のほうが圧倒的に高い点が挙げられます。

あなたはもし、社内に素敵な男性がいてその人と交際できた場合、親しい職場の友人や信頼している上司など、すべての方にその事実を打ち明けずに生活できる自信はありますか?

同性の友人が職場の彼氏に対して色目を使っていたとしても、まったく意に介すことなく普段通りに過ごすことができますでしょうか?

おそらく何かしら、交際前と後とで比較した際に、変わってしまう部分は生まれるでしょう。

そういった変化から、周囲の人は打ち明けてもらわなくても気付いてしまいますし、打ち明けた友人が別の同僚に話してしまうケースも充分に考えられます。

バレてないと思ってる?秘密にすることで逆に周囲が気を使う

それでも彼氏と話し合い、頑として秘密にしたいと考えた場合。

本人たちはそれで良いと思えるかもしれませんが、雰囲気でわかってしまうものです。

そんな時、周りの方々は以下のように考えてしまいます。

  • あの二人の関係性にはなるべく触れないようにしよう…
  • ○○さんの機嫌が悪くなるから彼氏さんにはあまり話し掛けないように…
  • 次のプロジェクト、あの二人は同じグループにしなきゃいけないのかな…

結局のところ、社内恋愛をしている当人同士は仕事に支障をきたしていないと考えていても、周囲の方々は同様に考えてはいないのです。

自分たちがしっかりと仕事に従事していたとしても、周りの方々が気を遣ってしまい、結果として仕事に支障が出てしまうことになります。

社内恋愛をしている事実を公表し、その上でしっかりと仕事に取り組んでいるという姿勢を見せる必要があると言えるでしょう。

社内恋愛は悪いことではない!公表したほうが楽な場合もある

社内恋愛を秘密にしておかないほうが良い理由をご紹介いたしましたが、もしあなたが社内恋愛に発展した場合、なぜ秘密にしておこうと考えるのか、顧みるようにしてください。

社会的な風潮として、社内恋愛が認められてきていると言っても過言ではないでしょう。

つまり、社内恋愛は決して悪いことではないのです。やってはいけないことだからと考えるから秘密にしようと考えてしまいますし、その結果周囲の方々に少なからず迷惑をかけることになってしまいます。

秘密にしておくメリットよりもデメリットのほうが多くなってしまいますので、可能であれば公表してしまったほうが良いでしょう。

職場の方々に自身の恋愛を応援してもらえるような人間関係を築いていってください。

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る