友人の紹介から付き合うメリット!比較的別れにくいって本当?

男性と知り合う方法として、友人からの紹介というものがありますが、果たして上手くいきやすい出会い方なのでしょうか。

また、メリット、起こりやすい問題も踏まえて見ていきたいところです。

人によってはラフなお見合いの様な雰囲気を感じますが、もしも付き合えたとして関係も長続きしやすいのか非常に気になります。


紹介から付き合うメリットとは

友人等の紹介からお付き合いを始める利点とは、どういったものが挙げられるのでしょうか。

身元がしっかりしているので不安な気持ちを持つことが無い

ナンパなど、やはり運命的な出会いほど、相手の中身はどういう人なのか、事前に知ることが難しいです。

その点紹介から出会う方法は、どこどこの大学を出た、どんな家族構成かバッチリ把握することが可能です。

身元がきちんと知れているということなので、出会った瞬間から安心した気持ちを持てます。

後で知る本当の事実にギャップを受けることも無いので、最初に抱いたイメージのまま、相手のことを好きにもなれます。

なので、紹介から付き合う方法は、裏切られる恋愛を今まで行われてきた方ほど、向いている術と言い切れるでしょう。

別れたら共通の知り合いに悪いという気持ちが芽生えるので別れにくい

せっかく紹介してもらったのに直ぐに別れるのは、友人の面子を潰してしまうという思いがある為、何かあっても直ぐに別れに踏み切ることは少ないです。

だからこそ安易な決断へと、早々に辿り着きませんし、むしろ二人の関係を良くしていこうという気力も芽生えます。

また、紹介してくれた友人もどうしたら二人が上手くいくか、的確なアドバイスを投げかけてくれるので、心強い存在となり得るでしょう。孤独感が少ない恋愛となるので、結果的に明るい結果に導かれることも多いのです。

紹介してくれた友人が先輩であったり、目上の人であるほど、この傾向は強くなります。

共通の友人とダブルデートを行うことが出来る

紹介してくれた友人も既に恋人がいれば「一緒にデートをしよう」と提案され、大人数で出かける可能性が考えられるでしょう。

大勢で向かった方が楽しい場所であるほど盛り上がりますし、絆も合わせて深まります。

彼氏のみならず、同性の友人が増える予測も見込めますので、知り合いもこの調子でどんどん増えていくことでしょう。「今、とても充実している」という満足感を心から味わうことが可能です。

このように行く場所が増えるたび、自身の中の視野も弾けたように広がりを見せます。

友人からの紹介で付き合うと起こりやすいトラブル

友人の紹介で彼氏が出来るとどういう点が身に降りかかりやすいのでしょうか。事前に把握して改善策を練っておきたいところです。

相性が合わないと感じても、直ぐには言い出しにくい

「この人と一緒にいてもドキドキしない…」と思っても、紹介された手前もあるので直ぐに告げる事は難しいです。

かつ、最低でもあと二、三回は会わないと、など先々の空いた時間を無理して潰してしまうことにも結びつきます。

かえって気を遣いすぎて、具合が悪くなる方もいるなど、良い点の方が多いように見えて、この様に隠されたデメリットも見受けられることでしょう。

他者に流されやすい方程、多少の違和感を感じても黙って相手について行く形を取るなど、自身を押し殺しがちです。

距離を置きたい意思を中々示せないなら、紹介してくれた友人を通じてやんわり告げるのも一つの方法だったりします。

どこまで進んだなど、二人の現在の関係が共通の友人に筒抜けになる

「もう付き合った?」「手は握った?」など今現在の状況が紹介してくれた友人に知れ渡ってしまう点です。

やはり、紹介した手前二人が上手くいって欲しいと感じるのは当然のことですが、当の本人は気恥ずかい感情を抱きます。

また、こちら側が黙る姿勢を頑なに貫いても、相手が悪気もなく打ち明けているのを知れば、カチンと来ることもあるでしょう。そこは紹介で知り合った運命ということなので、柔軟な考えを持ち、受け入れる態勢を取るに越した事はありません。

しかし、事細かく、一つ一つの対応まで教えてと告げられるのは、プライバシー侵害です。

その場合、紹介してくれた友人とも程よい距離を置いた方が、今後の自分のためにも有益です。

互いの情報、プロフィールを深く知りすぎてしまう

確かに紹介からの出会いは、互いに身元がはっきり分かりますが、その分知らなくても良い情報まで深く把握することにもなり得ます。

例えば前の彼女とは本人の浮気が原因で別れた。高校時代は悪さをしている人だった。など、マイナス面も自然と耳に入ってきます。

過去は過去と割り切る気持ちを持つことも大事ですが、やはり何処かモヤモヤした感情を抱き、真摯に相手と向き合いにくくなるでしょう。

知りすぎたからこそ嫌いになるという事実も十分にあり得ますので、相手の良い面しか見たくないという方は、友人からの紹介方法は向いていません。

しかし、どんな過去があっても受け入れられると比較的心が広い方は、大きなダメージが心の内に加わることもありません。

紹介された相手に良い印象を持ってもらうには

友人が紹介してくれた相手に、良い印象を抱いてもらうにはどうすれば良いのでしょうか。やはり、交際を見越した相手なので、嫌なイメージは植え付けたくないですよね。

友人に協力して、先に良い印象を吹き込んでもらう

先手必勝、先回りして友人に協力を得て、より良い印象を相手に伝えてもらう方法です。

しかし、過度に賞賛し過ぎても、実際対面した時理想と違うと言われてしまい兼ねませんので、程々に抑えておくことが第一です。

料理好き、子供好き、昔から優しい性格と、女性らしい部分をアピールできる様な言葉で伝えてもらうのが無難であり、最も効果的でしょう。なお、紹介に加えて、印象操作もお願いするということなので、友人にはありったけのお礼を行うのが礼儀です。

良いイメージが刷り込まれてしまえば、ちょっとのヘマでも、相手の目に愛嬌として映るので、欠点に捉えられることも少ないです。

食事の支払いは割り勘を提案する、又は財布を出して支払う素ぶりを見せる

紹介された相手と会う回数がまだ数回程度であれば、男性は良いところを見せようと支払いを全て済ませようと努めてくれます。

とは言ってもたくましさに頼り切って何もしないでいるのはやはり失礼です。

なので、やんわりと自分の分は自分で払う意思を伝えたり、いざ支払いを行う場面では、こちら側も素早く財布を出しましょう。負んぶに抱っこ状態で無いことをアピールすれば、自立した女性だと好印象を持ち合わせてくれます。

上級者であれば食事を終えたテーブルの下で、すかさず自分の料金分のお金を彼に渡し、会計時にあたかも男性側がおごる様な形を取ると格好も付きます。

とはいえ、頑なに奢ってもらわない姿勢は可愛げのない女性に映ってしまうので、時には甘える姿勢も取るのも良いでしょう。

暗い話は行わず、最初こそ肯定的で明るい話をする

話題選びを慎重に行う方法です。悪口や他人の愚痴は、言っている方はスッキリしますが、同時に話す人の印象も下げてしまう効果が含まれているので要注意です。

なので、ストレスが溜まっていても絶対に他人を下げる様な話を率先して行わない様にして下さい。

なるべく明るい話題、例えば芸能人の〇〇さんが結婚した、〇〇動物園で赤ちゃんが生まれたなど、誰が聞いても不快にならない話を行うのが一番です。

一緒にいて楽しい、話が弾むと思って貰えば、自然に彼の中でまた会いたいという気持ちも育まれます。

相手とって地雷に映る話は必ず表情が硬く変化していくので、見逃さない様に常にチェックすること、空気を読むためには必要不可欠な技です。

もう紹介してもえないかも?!相手に幻滅されてしまう行動

縁は無かったと身を引かれやすい、紹介相手に幻滅される行動とはどう言ったものが挙げられるのでしょうか。

紹介してくれた人を下げる言い方を行う

共感して欲しいが為に、せっかく紹介してくれた友人を可笑しくいじる方法です。

「〇〇(友人)ってああいうところ馬鹿だよね〜」と場を和ませる発言をしたつもりでも、彼にとって見れば不愉快です。

更に自分もどこかで、こんな風に笑い話にされるのではないかとふつふつとした怒りも湧きます。なので、どんなに気まずくても共通の知り合いをなじる様な言葉掛けは行わない様に気をつけましょう。

反対に友人を褒めるような発言は大丈夫です。合わせてこちら側の印象も良くすることが出来るので積極的に伝えましょう。

前にも誰々に紹介してもらったと、初めてではない発言をする

「前も、友人の紹介で男の人と知り合ったけど、結局上手くいかなかった」この一言は絶対に禁句です。

受け手として、口が軽い、加えて何か性格に問題があるから断られたんだろう。と今後彼女にしてもらいにくくなります。

ですから例え事実でも、余計なことは口に出さないように徹底しましょう。また、そんな事を言われても聞かされた方はどんな反応を取って良いのかわからないです。

場の雰囲気を盛り下げるきっかけにもなり兼ねますので、大人しく黙っておくべきでしょう。

紹介から付き合うと二人の関係も長続きしやすい

友人の紹介から付き合ったカップルは、関係も長続きしやすく、順調に進めば結婚する未来も現実となります。

また、友人が間に入るなど繋がりも比較的深いので、浮気されたり、無下に扱われる心配も無いでしょう。

着々とした真面目な恋愛関係を築いていきたい方程、友人から紹介を受けて交際関係を築く方法がおすすめです。

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る