彼氏が手を繋いでくれない理由!女性から自然に手を繋ぐ方法もご紹介

彼氏と手を繋ぐと幸せな気持ちになりますよね。二人で気持ちを共有していると感じる人もいますし、愛されていると実感する女性も多いのではないでしょうか。

しかし、世の中には彼女と手を握りたがらない男性もいるのです。

「手を繋ぎたい」と言っても「嫌だ」と拒否された経験はありませんか?拒否されると愛されていないのではないかと不安になってしまうものです。

でも実は、彼氏が嫌がるのは愛していないからではないのです。今回は彼氏が手を繋いでくれない理由と自然に手を繋ぐ方法をご紹介します。


いったいどうして?彼氏が手を繋いでくれない理由

彼氏から手を繋いでくれないと、愛情が冷めたのではないかと不安になってしまいますよね。

ですが愛情があっても手を握るのを拒む男性もいるのです。彼氏が手を繋いでくれない理由を見ていきましょう。

恥ずかしいから

人の目がある場所でイチャイチャするのは恥ずかしいと思っている人は多いですよね。

そう思っている人の中には、人前で手を繋ぐことも恥ずかしい行為として認識している場合があります。

恥ずかしいので彼女から手を握られたとしても、手を振り払ってしまうのです。

また、自分から彼女に触れるのが恥ずかしいという男性もいます。

そんなシャイな男性は自分から手を繋ぐことはできないのですが、彼女から手を繋がれると快く受け入れてくれるのです。

手を握ったときに振り払ったら「イチャイチャするのが恥ずかしい男性」手を握っても振り払わなければ「恥ずかしくて彼女に触れることのできない男性」なので彼氏をよく観察してみましょう。

タイミングが分からない

恋愛経験が少ない場合、手を繋ぐタイミングが分からないという人がいます。恋愛経験豊富な人は「タイミングなんて関係ない」と思うでしょう。

しかし、それは過去の経験があっての結論なのです。

初めて恋人ができたときを思い出してみてください。手と手が触れたとき緊張しませんでしたか?どのタイミングで手を繋ごうかと悩んだことのある女性も多いですよね。

恋愛経験の少ない男性は、手を握るタイミングに戸惑ってしまうもの。そしてタイミングを掴むことができず、彼女の手に触れることができないのです。

手汗や手の振るえが激しいから

緊張すると手汗や手の振るえが出てしまう人がいます。それは止めようと思っても自分ではどうしようもないものです。

手汗や手の振るえがあると繋ぎたくても素直に手を繋げない場合があります。

汗でビチョビチョの手で彼女に触ると嫌がられるのではないか、緊張しているのが彼女にバレてしまうのではないかと思ってしまっているのです。

男性というものは、彼女の前では格好いい男でありたいと考えてしまうものなので、格好悪い自分を隠すために手を握らないという選択をしている可能性があります。

彼氏と自然に手を繋ぐ方法

彼氏からなかなか手を繋いでくれないのであれば彼女から繋いでみるのもアリです。

しかし、強引にすると振り払われてしまう可能性があります。

では、どうすれば振り払われることなく手を握ることができるのでしょうか。彼氏と自然に手を繋ぐ方法をご紹介します。

彼氏の手に自分の手を近づける

彼氏の手に自分の手が触れるくらい近づけてみましょう。

タイミングの掴めない男性にはこの方法うが最も効果的です。

「彼女の手がこんなに近くにあるということは手を繋いでもいいのかも・・・」という気持ちになります。

また、手が触れるくらい近くにあるので手を握るタイミングも掴みやすくなるのです。歩いているときに手を近づける場合は、手の振り方にも注意しましょう。

彼氏と手の振り方のリズムが合わないと、タイミングを掴むのが難しくなってしまいます。

なので彼氏の手の動きに合わせることが大切です。

彼氏の服の裾や袖を掴む

愛されるテクニックとして服の裾や袖を掴む女性も多いですよね。

女性から見るとあざとく見えてしまうものですが、男性から見ると可愛く見えるものです。

そして男性に守ってあげたいと思わせることができます。守ってあげたいと思わせることで自然に彼氏から手を握らせることができるのです。

また、「手を繋ぎたいのかな?」と思わせることもできるのでタイミングが掴めない彼氏にも効果的な方法になります。

二人きりのときに繋いでみる

手を繋ぐのが恥ずかしいと感じている男性は、人に見られる可能性がある場所で彼女に触れるのが苦手です。

なので外出中に彼女の方から手を握っても拒否される可能性があります。

拒否されないためには、家で二人きりのときに繋いでみましょう。誰もいないので見られる心配はありません。

そして二人きりという安心感から嫌がることなく身をゆだねてくれるのです。

二人だけのときに手を繋ぐということを繰り返していると、徐々に手を握る行為を恥ずかしいものだと考えなくなります。

恥ずかしいという感情がなくなれば街中などの人目がある場所でも堂々と彼女の手を取って歩いてくれるようになるのです。

寂しいと伝える

どうしても彼氏と手を繋ぐことができない場合は素直に寂しいと伝えましょう。

そのときに「手を繋げなくて寂しい」と大雑把な表現で気持ちを伝えても、彼氏の心は動かない可能性があります。

彼氏の心を動かすには「どうして手を繋ぎたいのか」理由も一緒に伝えると良いです。

例えば「手を繋ぐと幸せな気持ちになれるの。でもあなたは繋いでくれないから私はすごく寂しい」このように具体的に自分の思っていることを言葉にしましょう。

そうすることで、彼女がこんな風に思ってるのなら手を握ってあげようという気になるのです。

待っているだけではダメ!自分からでも行動しよう

彼氏は手を繋ぐのが嫌いな人なんだと諦めてはいけません。

世の中には彼女に触れたくても触れられないという小心者の男性もいるのです。彼氏を上手く誘導することができれば、彼氏から手を握ってくれるようになります。

なので待っているだけではなく、上手く誘導できるように行動していきましょう。

そうすることで二人の絆が深まるのです。

彼氏との関係をより良いものにするために、今回ご紹介した方法を試してみてくださいね。

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る