付き合いたくない女の特徴!男性がこんな人は嫌だと思う女性とは

男性と接すると、少なからず異性として「アリ」か「ナシ」か、見定めてしまうことはありませんか?

「この人とだったら付き合っても良いかも…」

そんな風に考えてしまう判断基準は人それぞれ違いがありますが、魅力的な部分が目に映ると多少なりともその男性をもっと深く知りたいと考えてしまうものです。

しかし、女性が男性を見定めているのと同時に、男性も女性を見定めているという事実を忘れてはいけません。

男性の中には明確に「こんな女とは付き合いたくない」という判断基準があります。その基準に当てはまってしまうと、どれだけ自分を磨いても男性から見向きもされないでしょう。

こちらで男性が考える、付き合いたくない女性の特徴をご紹介いたします。

意中の男性がいるようでしたら、その男性の前では付き合いたくない女だと思われない努力が必要かもしれません。

品のない女性は需要がない

男性が付き合いたくないと考える、女性の代表的な特徴として品のない女性が挙げられます。

しかし、一括りに「品がない」と聞いても、どういった女性が品のない女性になるのか、具体的に想像できないかたも多いのではないでしょうか?

重要なのは品があるかどうかではなく、品のない言動をしていないかという点です。上品さが求められるのではなく、最低限の品格が求められると言えるでしょう。

年増のギャルがいない理由はズバリ!品がないから

品がない女性の代表と言えば、ギャルが挙げられるのではないでしょうか?

10代や20代前半では濃いメイクで肌を黒く焼いている女性も見受けられますが、30代にもなってそういった容姿を維持している女性は少数派になります。

それは年齢を重ねるにしたがって、男性が女性に品を求めている証拠にほかなりません。

30代、40代のギャルに需要はないのです。若いからこそ、多少なりとも品がなくても許されますし、逆に若さは品がないというデメリットをカバーして余りあるほどの魅力を有しています。

年齢を重ねても大きい声でゲラゲラ笑ったり、汚い言葉遣いをしてしまうようでは、男性から付き合いたいとは到底思ってもらえないでしょう。

テーブルマナーは超重要

最低限の品格とは、言い換えれば最低限の常識やマナーと同義になります。

つまり、常識的な言動や振る舞いができれば、最低限品のある女性として見てもらえることになるでしょう。

それでは最低限の常識とはどういったシチュエーションで発揮されるでしょうか。

それはテーブルマナーです。男性とデートをするとき、大多数のかたが食事を楽しむことになるでしょう。

食事の際に、肘を付いてご飯を食べていたり、クチャクチャと音を立てて食事するようでは、とても品のある女性とは言えません。

ファストフード店で高級レストランのテーブルマナーが求められることはありませんので、そこまで堅苦しく考える必要はありませんが、少なくとも失礼のないテーブルマナーを意識したほうが良いでしょう。

デートしたいと思えない女性とは付き合えない

テーブルマナーの面とも意味合いが少し重なってきますが、男性は基本的にデートしたいと思えない女性とは付き合いたくありません。

それではデートしたいと思えない女性の特徴とは、どういった女性でしょうか?

ここで大切になるのは、男性を優先して考えることができるかどうかです。

デート中にスマートフォンを触るのは基本NG

稀にではありますが、道端にいるカップルで、女性がスマートフォンで誰かと電話をしていて、男性が何も喋らず一緒にいるシーンを目撃したことはありませんか?

付き合っている期間が長期化していれば、男性も自分といる時間に他の誰かと連絡を取ることに対して、寛容な姿勢を示すことができるかもしれません。

しかし、付き合う前の段階でその行動は基本NGです。よほどの緊急事態でもない限り、一緒にいる男性との時間を最優先に考えましょう。

もしデート中に頻繁にスマートフォンが鳴るようでしたら、お手洗いに行ったときに見るようにしてください。

少しの時間であろうと、男性が話をしているときにスマートフォンをいじっていると男性は良い気がしませんし、「つまんないのかな?」と思われてしまいます。

男性にデートを通して好印象を抱いてもらいたいのなら、スマートフォンは男性が見ていないときに触るようにしましょう。

自分から話題を振れない女性に魅力はない

男性と二人きりになると、話題に困るシチュエーションは少なからず訪れると思います。

すべての男性が巧みなトーク術を備えているわけではありませんし、男性の魅力は会話術だけで決まるわけではありません。

しかし、女性の中には「男は女を楽しませるべき」と考えているかたがいます。

たしかに面白い話題やネタを持っている男性は素敵だと思いますし、一緒にいて退屈しなさそうなイメージを持ちますが、男性も女性に対して同じことを考えているのです。

毎回一緒にいる度に、自分から面白い話題を捻出して話を振らなくてはいけない異性と、付き合いたいと思えますか?

恐らく思えないでしょう。その感覚は男性も持っているのです。

女性が男性を楽しませなくてはいけないわけではありません。しかし、男性も女性を楽しませなくてはいけないわけではないのです。

お互いがお互いのことを楽しませようと考えることによって、素敵な関係性が構築されるのではないでしょうか。

自分が付き合いたいと思えるような女になろう!

付き合いたくない女性の特徴をご紹介いたしましたが、その特徴に該当しない、簡単な考え方があります。

それは自分が付き合いたい女になること。

ナルシストになるわけではありませんが、男性に対して気配りができて、上品な立ち居振る舞いのできる女性が、魅力的に感じないわけがありません。

自分で自分を顧みたときに、魅力的に感じられるようでしたら、男性からの評価もきっと高くなりますので、自分と付き合いたいと思えるかどうかで自己評価を下すようにしましょう。

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る