付き合って半年は倦怠期が始まる時期!記念日のお祝いで乗り越えよう

付き合って半年経ったカップルは、一つの分岐点を迎えます。良い所しか見えてこなかった分、嫌な所や直して欲しい所が出てきます。

また、一緒に居ることが当たり前だと感じ、いつしか倦怠期に突入します。

そして自然と喧嘩が増え、最悪別れるケースもあります。しかし、この時期を上手く乗り越えれば、いつまでもラブラブでいることも出来るのです。

今回は、付き合って半年で訪れる分岐点で、良い方向へ導くためのコツをご紹介します!


付き合って半年経った彼氏の気持ちや行動は?

まずは彼の心境を見てみましょう。当てはまるものがあるはずです。

安心感がある

半年付き合っている彼女に対して、身内と過ごしているような「安心感」が生まれます。大事な人が近くにいることは、とても幸せなことだと感じませんか?

しかし、逆に言えば「気を使わなくてもこの人は自分の傍にいてくれる」と思い、彼女への接し方が雑になってしまいがちです。

嫌な部分が見えてくる

半年も付き合っていると、付き合いだした当初では気づかなかった嫌な部分や直してほしい所が出てきます。

「靴脱ぎっぱなしだな…」「もう少し化粧薄くしても可愛いのに」など、ちょっとした小さい不満も、積もれば爆発してしまいます。

彼女の存在が重くなる

不満が耐えられなくなり、喧嘩と謝罪を繰り返した結果、彼女の存在が重くなります。

「あの頃はあんなに可愛かったのに、もうあんまり会いたくないな…」と嫌気が指し、新たな出会いを求めて合コンに行き出す、友人に相談し出してしまうと、ほぼ別れるしかありません。

連絡する頻度が減る

良い意味でも悪い意味でも連絡する回数が減ります。

付き合いだした頃は、1日50~100通のLINEやメールをしたカップルも多いのではないでしょうか?

しかし、半年も経てばその熱量も下がっていくので、自然と連絡は少なくなります。

もし関係が上手くいっていない場合、彼女から連絡があっても、ほとんど返さなくなります。

スキンシップが減る

「手を繋ぐ」「ハグをする」「キスをする」などのスキンシップは、今後同棲しても結婚しても重要なポイントです。

付き合って半年でスキンシップが減るのは、あまり良い状況ではありません。彼女を「女」として見ていない可能性があります。

彼女より他を優先する

付き合って半年も経てば、彼女は「当たり前」の存在になります。

彼女とデートの約束をしていても、友人から遊びに誘われるとついドタキャンしてしまいがちです。

「埋め合わせをする」と言われても、あまり良い気分にはなれませんよね。

付き合って半年は倦怠期の危険がある

倦怠期とは、恋人や夫婦がお互いの存在に嫌気や飽きを感じることを指します。

  • ときめきが感じられない
  • 何も悪いことはしていないのにイライラする
  • 相手の嫌な所が目に付く

と思った時、それは倦怠期の兆候です。

倦怠期は、主に3か月、半年、1年、3~4年で訪れます。

付き合っていると必ずぶち当たる壁ですが、乗り越えていけばより良いお付き合いが出来ます。

カップルとは、価値観が違う他人同士なので、「傍にいて当たり前」な存在ではありません。もしかしたら、この先些細な喧嘩でお別れするかもしれません。

半年付き合えたという感謝を込めて、半年記念日をお祝いするのもアリですよ!

付き合って半年記念日はお祝いする?しない?

「付き合って半年記念日」というのは、誕生日やクリスマスと比べると、必要かそうでないか意見が分かれやすいです。

男性と女性で、半年記念日の有無は変わってくるのでしょうか?アンケートを実施したデータをご覧ください。

男性は「お祝いしない」がやや高め

  • お祝いする:42.8%
  • お祝いしない:57.2%

▶「お祝いしたい派」の意見

  • 「半年記念日なら何かあげたい気持ちになる」(20代)
  • 「それで彼女が喜ぶなら」(30代)

▶「お祝いしない派」の意見

  • 「何も思わないタイプ。半年だろうが1年だろうが気にするほどでもない」(20代)
  • 「長く付き合えば、半年記念日なんて苦しくなる」(20代)
  • 「結婚記念日ならまだしも、それ必要?」(30代)

【 女性は半数ずつ 】

  • お祝いする:50%
  • お祝いしない:50%

▶「お祝いしたい派」の意見

  • 「女の子はやっぱり記念日大事にしたい」(20代)
  • 「マンネリしやすい時期だから、盛り上げる意味でもあり」(20代)

▶「お祝いしない派」の意見

  • 「この年で付き合って半年記念を祝われても…」(30代)
  • 「記念日自体あまり関心ない」(30代)

付き合って半年記念日のプレゼントのおすすめ5選

付き合ってから半年という記念日をお祝いしたいという方におすすめのプレゼントをピックアップシてみました。順番に見ていきましょう。

手料理

特に男性側から支持を得たのが、「手料理」です。物をプレゼントとしてもらうよりも、より彼女の愛情が感じやすいという意見が多いです。

  • 「気持ちを込めて作ってくれるのが良い」
  • 「料理の腕前が分かるので、結婚生活をシュミレーションする(笑)」

このように、結婚を意識する男性もいるようです。

ボールペンや定期入れなどの実用的なもの

特に仕事で使うものをプレゼントすると喜ばれます。

  • 「実用的なのが〇!ボールペンとか手軽で良いと思う」
  • 「プレゼントされた物を使うんだから、そりゃ大事にする」

普段から使用することで、よりお互いが近くに感じることが出来ます。

手紙

普段伝えきれていない「好き」な気持ちを、手紙として送るのもおすすめです。

  • 「形で残るから嬉しい」
  • 「付き合って半年ならお金使って祝うより、手紙の方が経済的」

誕生日やクリスマスなど、お金がかかりそうなイベントはまだまだあります。付き合って半年記念は、今後を考えてコスパを抑えたいという意見もあります。

アクセサリー

これは女性側からの意見が多かったです。女性は形に残るものが好きなようです。特にアクセサリーは、いつも身につけることが出来るのでおすすめです。

  • 「ネックレスが良いかな。ちゃんと好みをリサーチしてくれたら嬉しいから」
  • 「大事にしてくれてるんだ~と実感する」

お付き合いしていると、彼に対して不安になるものです。女性は愛されているのという安心感が欲しいのです。

ルームウェア

室内で着るものなので、可愛いもこもこのルームウェアをプレゼントするのもアリです。特に肌触りの良いタイプは喜ばれます。

  • 「可愛い系の服は外では絶対着られないから」
  • 「ルームウェアなら、彼の好みも分かるしサイズもあまり気にしなくて済む」

これを期に、彼の好みを知りたいと思う女性も意見もあります。

お揃いのもの

男女ともに多かったのが、「お揃いのもの」です。特に「マグカップ」や「アクセサリー」「ストラップ」など、実用的なものから身につけられるものもあります。

  • 「個人的に指輪は早いと思うので、ペアで持っていると付き合っている感が出て嬉しい」
  • 「高価なものではなくて良いから、一緒の物を持ちたい」

「付き合って半年」というのは、長くもなく短くもない「中途半端」な期間です。その為「もっと付き合っている実感が欲しい」と思う人が多いようです。

上手くいくかいかないかは自分たち次第

付き合って半年経ったカップルは、1つのターニングポイントを迎えます。この時期の付き合い方によって、今後上手くいくかいかないのか左右されていきます。

特に、将来結婚を考えている人と過ごしていて、「これ倦怠期かも…」と感じた時は、早めに対策を行いましょう!

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る