最近デートがつまらない!彼女に出来る楽しいデートの演出とは

最近、彼氏とデートをしていてつまらないと感じることはありませんか?

付き合いたての頃は待ち合わせ場所で待っているだけでドキドキしたのにも関わらず、最近はデートでドキドキするどころか、早く帰りたいと感じる瞬間があるほどに。

そうなってしまうと、「別れたほうが良いのかな…」なんて考えることにもなりかねません。

しかし、長く付き合っていればデートがマンネリ化するのはある意味必然です。マンネリを感じた時にどうするかが重要だと言えるでしょう。

こちらで彼氏とのデートでマンネリを感じた時の対処法をご紹介いたしますので、ぜひ今後のデートを彩り豊かにして末永く幸せを享受してみてください。

なぜデートがつまらないのか考えてみよう

彼氏とのデートがつまらないと感じた時、その原因をしっかりと考えてみてください。

  • 彼氏の会話が面白くない
  • むしろあまり喋ってくれない
  • 行き先がいつも同じで飽きた

その他にもさまざまな原因が考えられますが、もし上記のいずれかに該当するのなら、対処法は2つになります。

会うスパンが短すぎる

大好きな彼氏と一緒に過ごす時間をなるべく多くしたいと考えるのは当然ですが、あまりにも頻繁に会い過ぎていませんか?

1週間に1度会うだけでも、人によっては多いと感じることはあります。1ヵ月に1度でちょうどいいと感じる方もいるでしょう。

交際している期間が長ければ長いほど、頻繁に会い過ぎているとデート先もマンネリ化してきますし、新鮮な話題がなくなってしまうのも仕方ありません。

1週間に1度会っているカップルが、交際期間丸2年を超えた場合、単純計算で100回以上のデートを繰り返していることになるのです。

時には会わない期間を作ることによってデートにもメリハリが付きますので、頻繁に会っていると感じられるようでしたらあえて会わない日を設定してみてはいかがでしょうか?

会話や行き先にこだわらない

そしてもう1つ、デートをする時、必要以上に彼氏の会話内容や決めた行き先にこだわりを持ってしまっていませんか?

付き合いたての頃を思い出してみてください。行き先も会話内容も、対して気にすることはなかったはずです。

一緒にいられればそれでいいからこそ、何度もデートをするのだと思いますし幸せを感じられるのでしょう。

交際期間が長くなってくると、新しい場所に行きたい、面白い話をして欲しいと傲慢な姿勢を示す方が多くなってしまいますが、すべての彼氏がそんなに万能な人間であるわけがありません。

あまり話すことがなくてもあなたと会うことに彼氏が幸せを感じてくれているのなら、それでいいと思ってみてはいかがでしょうか?

つまらないデートを面白くする方法

上記でご紹介いたしました内容を実践しても効果がなかった方や、会うスパンを長くなんてしたくないという方はつまらないデートを繰り返すことになるでしょう。

そうなってしまった場合、そのデートを繰り返すリスクを考えるようにしてください。

あなたがつまらないと感じているデートの内容を、彼氏もつまらないと感じているかもしれないのは想像がつくと思います。

そうすると大好きな彼氏から別れを告げられるリスクも生まれてしまいますので、もしあなたがこれからも彼氏と一緒に過ごしていきたいと考えるようでしたら、つまらないデートを面白くする努力を自分でしてみましょう。

今までのデートになかった要素を取り入れる

彼氏と繰り返してきたデートがマンネリ化するということは、単純にデートの内容に変化がないという意味になると思います。

そのマンネリを打開する方法を自分なりに考えてみてください。もっとも分かりやすい方法は今までのデートになかった要素を取り入れる方法です。

インドアなデートが多かったのなら散歩がてら外出してみたり、逆にアウトドアな付き合い方をしてきたのならお家デートをしてみたり。

デートは目的がないとできないわけではありませんので、2人で目的もなく街中をブラブラしてみても良いでしょう。

今までと違うデート内容にするだけで毎回のデートにメリハリが付くようになりますので、マンネリ化した際には今までのデートを振り返り、変化を付けてみてください。

彼氏にデートプランを任せていない?

彼氏とデートをする時に、そのデートプランをどちらが考えていますか?

あまりいないとは思いますが、毎回のデートを彼氏が考えて決めているという方は、彼氏とのデートがつまらないと感じているのならそれは危険信号です。

彼氏がデートプランを考えるのに疲れている可能性もありますし、毎回自分が楽しませる立場にならなくてはいけないシチュエーションは彼氏の負担にしかなりません。

デートは2人で楽しむものですので、しっかりと自分から彼氏のことを楽しませる意識を持つことも忘れないようにしましょう。

つまらないと感じてきたら、自分から工夫してみて!

付き合っている期間が長くなってきても、工夫をすればデートはいくらでも楽しくできます。

どちらか一方ばかりがプランを組んでも疲れてしまいますし、毎回同じ内容のデートを繰り返しているからつまらないと感じてしまうのです。

クリスマスやバレンタイン、お互いの誕生日など、イベントがあるときのデートは楽しいと感じるのではないでしょうか?

つまり、毎回のデートに特別感を演出することができれば、イベント時ではなくてもデートが楽しく感じられるようになるのです。

いつも同じ内容のデートをするのではなく、いつでも新鮮な気持ちを持てるようにお互いにデートプランを考えていれば、100回でも200回でもデートを楽しめるようになると思いますよ。

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る