腕枕をする男性心理!腕枕をしてくれている時の彼の気持ちとは

腕枕は、する側の男性も、される側の女性も、心理的にはとても幸せな気分に浸れる素敵なものですよね。

物理的には、腕がしびれたり、首が痛かったり、ロマンチックな要素を取っ払うと、問題点は結構ある気がしますが…。

それでも腕枕に憧れ続ける男女が後を絶たないのは、これが義務や愛情表現だと信じて疑わない男性や、彼から注がれる目に見える愛の指標として安心したい女性が、腕枕を男女間で必要不可欠なものにしている為でしょう。

そんな数ある「腕枕理論」と男性心理を基に、もどかしい恋愛や不安な関係に変化が訪れるような秘策を考えてみました。

なにはともあれ腕枕は愛の証

あなたはきっと「腕枕をしてくれるということは、私は特別な存在」こう信じたいはずです。しかし、なぜそれが出来ないのか。

それは、不安の方が大きいからですね。

なぜ不安のほうが大きくなってしまうのかというと、自分に自信がないからではないでしょうか?

まずは、こちらを読んで、彼の行動を思い返し、確かにそこに愛があったことを実感すると共に、あなた自身の価値を見直すところから始めてみましょう。

自信を持って!いくら筋肉があっても腕枕は疲れるもの

本気で愛しいと思っていないと出来ません。

どうでもいい相手の頭の下敷きになって、わざわざ腕を痺れさせる男性はいないでしょう。

  • 守りたい
  • 自分のものだと実感したい
  • 元気がない時に癒されたい
  • 自分が甘えたい

など、どれも心許している特別な存在にしか起こらない感情です。

男性は「あなたへの愛情表現がしたい」「あなたが喜ぶと思ったからやりたい」と思って腕枕をやっています。

つまり、愛を伝えたり、喜ばせる必要がないような相手にはとらない行動だと言えるでしょう。

「彼氏だから」「男だから」という義務感でしているとしても、男としての義務を果たそうと考える女性に値するということ。

つまり、彼の中であなたはしっかりと「女性」であり、男として見て欲しい相手であるということです。

付き合ってないのに腕枕するのはどんな意味がある?

基本的には、お付き合いしている彼に腕枕をしてもらう女性がほとんどでしょうが、大人になればなるほど、恋の始まりには様々な形があるものです。

もし付き合っていない男性の腕枕で一晩を過ごしたのだとしたら、そこにはどんな男性の心理が秘められているのでしょう?

▼とりあえず良い記憶として残したい
この時点では、男性は今後の関係についてはノープランか、グレーにしておきたい優柔不断さを発揮します。あわよくば、次も・・・と考えている場合も。
▼大切に思っているということを伝えたい
ことを終えた後でも、その後の会話を楽しんでくれる男性は、あなたのことを大切に思っている、という説は有名ですよね。腕枕もこれと同じことが言えます。
▼「この人と関係を持った」と実感している
早くも「俺の女だ」と思っている可能性があります。はっきりとお付き合いの言葉が欲しい場合は、あなたから強気に攻めましょう。
▼ロマンチックな雰囲気に流されてしたくなった
行動するのには意味が必要な男性も、雰囲気に流されることがあります。ここで腕枕しなかったら男がすたるなどのプライドが働いている場合も。
▼あなたがせがんだ
彼からの自発的な行動ではない場合、あなたの反応の良さがカギを握ります。下記の項目に繋がるところがあるので、参考にしてみて下さい。

正式なお付き合いの前にそういった関係になったとして、もし落ち込んでいるのなら、「私の魅力をプレゼンしてやった!」くらいに考えて、積極的に恋愛を楽しんでいきましょう!

女性のあなたに恋愛におけるタブーがあるとすれば、それは体の関係を持った時ではなく、「一般的な恋愛から逸れてしまったからもうダメだ」と諦めることただ1つです。

その他に何かアクシデントが起きたり、しでかしたと思うようなことがあっても、そう思い込んでしまっているだけなので、特に気にしないことです。

あなたが考えるよりも、現状はそれほど悪くはありません。

腕枕された時点で、その男性の守備範囲に入り込めていると考えて良いので、とても有利な状況です!

腕枕された時に重要な反応の仕方

腕枕された時、あなたが素直に嬉しいと感じたら、それをそのまま彼に伝えましょう。体目当てだろうがなんだろうが、臆することはありません。

「女性を喜ばせることが出来た=男性心理大満足」の方程式は、どのタイプの、どの年代の男性にも確実に当てはまります。枕でこんなに喜ぶ女性は今までいなかった、となれば・・・

・・・分かりますね?

その男性は、鮮明にあなたのことを記憶します。

待っていればいつか的な理想論は一度捨てて、こちらから特別な存在になりにいってしまいましょう。

男性を主体に考えてしまうから、自分ではどうにもならないことのように感じてしまうのであって、受け身でいることをやめれば、辛い恋愛から卒業することが出来るのです。

腕枕から始まる楽しい恋愛

「腕枕」「男性心理」のキーワードで検索をした、あなたの本当の目的は、腕枕をしてくれた男性の心理を、なるべく間違えのないように解釈することでしたか?

その行動の裏には、「勘違いをして傷つきたくない」という気持ちがあったのだと思います。

けれど、本当に知りたかったのは、「腕枕をする男性は、あなたのことが好き」「本命でなければ絶対にしない」という、自信を持たせくれるような確実な答えだったのではないでしょうか。

彼との関係に向き合うことで、見えていなかったことが見えてきたり、受け身でいる必要などなかったということに気付ければ、腕枕をしてくる男性の心理にいちいち振り回されなくても良くなります。

もっとも、こういった検索をしてしまうのは、恋愛している時の楽しみの一つでもあったりするんですよね。

どんな形であれ、あなたが素敵に輝けて、楽しめる恋愛を応援しております。

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る