運命の出会いを信じる?突然の出会いから国際恋愛に発展した話

運命の出会いって信じていますか?本当にあると思っていますか?

目の前に現れた彼の周りが見えなくなるほど、彼だけが輝いて見えるほどの出会い。一瞬で恋に落ちる運命の出会い。一目ぼれではなく、恋という魔法の世界にいざなわれていくのです。

運命の出会いなんて信じていなかった私は、彼に出会った瞬間、運命という言葉を信じずにはいられませんでした。

それほどの衝撃を受けた出会い。彼の笑顔は今でも、私の脳裏に焼きついているのです。

白馬に乗った王子様が突然現れた!運命の出会いを信じた瞬間!

「君たち、日本人?」流暢な英語が聞こえてきました。

ポストカードのような真っ青な空と海。セブ島のホテルにあるプライベートビーチ。友人女性と私は夏休みを利用して、3泊4日のセブ旅行中。

この旅行がこれほどまでの運命の旅行になるなんて思ってもいなかったのです。

彼以外は何もみえない

「そうだけど、あなたはどこから来たの?」と答えながらビーチベットから起き上がった瞬間、私の前の王子様に出会いました。

ドロップ型のサングラスをはずしながら微笑む彼。素晴らしい肉体美。

  • 「僕たちは韓国から来たんだ。僕たち男2人で来てるんだけど、今晩よかったら一緒に食事に行かない?」
私の友人は英語が話せなかったので、彼が何を言っているのかわからない様子でしたが、私は速攻OKの返事を出し、夕方ホテルのロビーで待ち合わせることになりました。

出会った瞬間から彼のことが頭から離れず、一緒に来ている友人との会話もままならない状態。早く夕方になれ、と心のなかで祈っていたのです。

超ボンボンのおぼっちゃま

彼らが予約をしてくれたレストラン。彼は韓国の大学を卒業後、アメリカに留学し、帰国後に父親の会社で働き、英語はネイティブ並です。

実家とは別のマンションを借りて独り暮らし。そして車も持っている、など話してれましたが、よくよく見ると彼のもっている物は全て高級品。時計は最高級のブランドでした。

若い彼に経済力があるわけはなく、要するにお金持ちのおぼっちゃま。

話し方や表情からもおぼっちゃま感が漂っています。

そして、今まで出会った誰よりもイケメン、185センチの長身に、兵役とジム通いで鍛えられた肉体。恋に落ちないわけはありません。

友人がいることなどすっかり忘れ、彼と二人で旅行に来ている気分。英語のできない私の友人と彼の友人はお互い無言のままでしたが、全く気にもなりません。

そして、誘われるがままベットイン。それから帰国するまでの間、2人だけの時間を過ごしました。

リゾートの恋では終わらなかった!国際恋愛の苦難を体験する

  • 「絶対連絡するから待ってて。すぐに会いにいくから」

たった3泊4日の海外旅行、たまたま同じホテルに宿泊していただけ。

イケメンでナイスガイだったけど、それは夢の話。だって、運命なんて信じてないから。そんな気分で帰国の途につきました。

私にとっても彼にとってもリゾートの一瞬の恋。ちょっとベットインしただけ。

もう終わりなんだな、夏のいい思い出にしよう、そう思っていたのです。

彼からの電話で恋の炎が燃え上がった

帰国して1週間、いつもと同じように仕事をし、忙しい日々をすごしていた夜、かかってきた1本の電話。

  • 「ハロー、○○ちゃん?僕□□だよ!」

なんと彼は本当に電話してきてくれたのです。

まさか、日本で彼の声が聞けるなんて。私のことなんて忘れていると思ったのに。その時から彼は毎日電話をしてくるようになりました。

土曜日でも日曜日でも、どんなときでも必ず電話をしてくれたのです。

そして、1か月後、彼は日本に来てくれました。

彼と再会したとき、セブ島で数日間過ごしただけの人とは思えないくらいの親近感を感じて、「運命ってあるんだな」と心の底から信じ、彼に出会えたことを、この世の全ての神様に感謝したい気持ちになったのです。

会えない辛さ、真意が伝わらないもどかしさ

それからの1年半、私も何回か韓国に行き、彼との愛を深めていきました。

でも、やっぱり海外。週末ごとに会うこともできませんし、お互いに母国語ではない英語で話していると、真意が伝わらないこともあります。

なんでわかってくれないの、そんなことを繰り返していましたが、それでも彼と私の気持ちは離れることはありませんでした。

会えない寂しさ、伝えたいことが伝わらない切なさ。このときほど恋愛の大変さを味わったことはありません。

仕事で自分の夢をかなえたい!彼よりも仕事を選んだ私

彼と付き合っている頃、私に海外勤務の話が持ち上がりました。

それまでも海外を行ったり来たりしていたのですが、本格的に住むことになり、そうなるといままでのように彼の元に行くこともできません。

あるプロジェクトのために行くので、それを成功させるまでは仕事に没頭しなければならない。でも、それは彼との別れを意味する。すごく悩みましたが、結局、私は自分の夢を捨てられませんでした。

彼にその話をしても、文化も仕事に対する考え方も違い、喧嘩になるだけ。何回話してもダメでした。

彼とはもうやっていけない、自分の夢を追いかける、そう決心し、海外に飛び立ちました。

彼からの最後の電話

たまたま帰国したとき、会社にカタコトの日本語で私宛に電話がかかってきたのです。

電話を代わると、彼でした。

  • 「本当に好きだったし結婚したかった、でも、仕事を一生懸命頑張る君も好き。出会えてよかったし、楽しかった。もう連絡しないから。幸せになってね。ありがとうだけ伝えたかった。」

それが彼との最後の会話。

私は会社にいたので、周りにはたくさんの人がいます。でも泣きました。会社で泣いてはいけないと思っていましたが、涙が止まりませんでした。

こんなにも彼のことが好きだったんだ、とわかりましたが、自分の選択したこと。決して後悔はしていません。

運命の出会いを信じて。恋は女の人生の必須要素!

私は今、日本人と結婚し子どももいて、幸せな暮らしをしています。

もちろん、運命の彼とのことを夫は知りませんし、一生話すこともありません。

彼も結婚し、元気で幸せでいてくれればいいな。別れてしまったけど、彼は私にとっての運命の人。セブ島での出会いが奇跡を起こしたのです。

だから、今でもいつか必ず彼に会えると信じています。

女性には夫や恋人には言わない恋があるもの。その経験が女性を美しく、強くするのだと思っています。

例え、別れと言う結末を迎えても、運命の人は自分の心のなかで生き続け、ずっと支えてくれているのではないでしょうか。恋することは生きること。生きることは恋すること。みなさんも運命の出会いを信じて、素敵な恋をしてくださいね。

燃えるような恋は人生の無駄になることは絶対にありません。

傷ついても、深く落ち込んでも、恋に後悔なんてない。どんなことがあっても恋することをやめないで、恋することを恐れないで、たくさん恋していきましょう。

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る