外国人男性が浮気をしてしまう理由!浮気癖のある男の言い訳

生まれつきなのかどうかは定かではありませんが、生粋の浮気性人間というのは男でも女でも確かに存在します。

  • 「こんな浮気性の男と結婚をしても大丈夫なのかしら」
  • 「どうして私の夫は浮気癖が直らないのかしら」

と悩む女性は多くいますが、浮気する男性は間違いなくあなたを愛しています。

浮気していても心の底からあなたと結婚したいと願っていますし、あなたと結婚生活を継続させたいとも思っています。

しかし、それにもかかわらず彼の浮気虫はおさまりません。当然あなたは不安をおぼえ不満ですよね。

あなたは浮気性の男と結婚しても幸せになれるのか、またそういう男と結婚を続けても大丈夫なのか、様々なケースを見ながら浮気する側からの視点を交え一緒に考えてみましょう。

浮気している側に悪気がない場合が多い

浮気癖がある人間は男女問わず、決して悪意がある訳ではありません。ただどうしようもないのです。一言でいえばサガなのです。

本当に好きな相手と出会えば、心を入れかえようと思います。しばらくは模範的な彼氏(彼女)または伴侶でいられることでしょう。

ところが、また別のタイプの異性あらわると浮気虫が騒ぎ出してしまうのです。普通の人はこれをコントロールできるのですが、生粋の浮気人間は、逆に欲望に支配されてしまいます。

男性の場合は優しすぎたりロマンチストであったりするのも問題です。

目の前にいる妻以外の女性につい手を差し伸べたり優しくしてしまったり、その女性の魅力に気が付いてしまいつい惹かれていってしまうのです。

強調しますが、必ずしも浮気者に悪気があるというのではありません。罪悪感や後悔がないわけでもありません。

パートナーの女性を傷つけてはならない、モラルや誠実さを大事にしようと思いつつも、ついつい魔がさして結婚後も浮気を続けてしまうのです。

浮気者夫たちの言い訳!どうして浮気を繰り返すの?

根が真面目で誠実な人間には理解されにくいですが、浮気者にも言い訳があります。まずは前述したようなどうしようもないサガ。

すでに赤いバラをもっているのに、ついつい別の美しさを持つすみれの花も欲しくなるし、別の花も愛でたくなってしまうのです。

単に自分の魅力の確認をしていたい、妻にばれないように浮気を繰り返す危ないゲームをしたいだけなどというさまざまなほかの浮気理由も彼らにはあります。

ここでちょっと実在する浮気者の夫たちの言い分に耳を傾けてみましょう。

浮気男の言い訳1:嫉妬ぶかい情緒不安定の妻のせい

マックス(仮名)は東京の外資企業に勤める、長身で青い目をしたアメリカ人です。いつも香水のいい匂いを漂わせています。

彼には日本人の妻がいます。ロスのクラブで出会い、恋人同士になって子供ができたため結婚をしました。

妻はろくに英語を話せない語学学校の留学生でした。おとなしく真面目にみえました。さんざん遊んできたマックスには、彼女の控え目さが新鮮でした。

ところが妊娠をきっかけに結婚した途端、妻は豹変。嫉妬深いだけではなく、仕切りたがり屋で横柄な女性になったのです。マックスの浮気虫はそわそわしだしました。

そこで夜な夜なバーに寄っては出会う女性とデートを重ねるようになりました。マックスに罪悪感がないわけではありません。

しかし彼にとって悪いのは妻なのです。なぜなら自分は妻の妊娠をきっかけに日本での仕事を探し、移住をしてあげた。彼女のために自分の人生を変えてあげた。

にもかかわらず妻は結婚した直後にふてぶてしく疑い深い強欲狂暴女になった…、しかし幼い子供のために別れることはできない(子供と離れたくない)。なんて可哀そうな僕…

【この結果、僕は浮気をしても仕方がない。僕はロマンチストなんだ、本当の運命の相手をまだ探しているのだ- 】これがマックスの屁理屈なのです。

浮気男の言い訳2:自分の中の二つの文化のせい?

ショウタ(仮名)はフランスで生まれ育ち、カナダの大学を出ていくつもの異国の地で働いてきた日本人です。

今現在は東京の国連で働いています。甘い優しい声で三ヶ国語を操り、オシャレで垢抜けた男性です。

そして趣味の建築と美術の知識の豊富さと徹底したジェントルマンぶりも加わり、モテない訳がありません。彼は一人の女性と長続きがせず、すでに三回離婚をしています。

日本人女性と結婚をしていると欧米の女性目が向きます。欧米の女性と結婚をしていると、今度は日本人女性に目移りしてしまうのです。

【自分には日本人の部分と欧米人の部分がある。両方の女性が必要なんだ。最大の問題は自分の中の西洋の部分と東洋の部分のせめぎあいなんだ】。

浮気男の言い訳3:浮気はスポーツ!だからオッケー

ミンは外資系航空会社でパイロットを務める韓国人男性です。ミンには親の勧めで結婚した同じ韓国人の妻がいます。

ミンいわく、妻はおどおどしたつまらない女性だといいます。しかし子どもも二人いるため、離婚はできません。

だから僕はいっぱい浮気をしているんだ。浮気をすればするほど罪悪感を持ち、妻には優しくなれるんだ。火遊びをしていないとストレスはたまるし、つい妻には横柄に接して泣かしてしまうんだよ。。

【そもそもパイロットはモテる。僕が既婚者であるのを知っているのにも関わらず、女性たちのほうから寄ってくる。だから仕方がないんだ。】

浮気者との結婚で考えるべきこと!

このように浮気者夫たちの話に耳を傾けると、

  • 仕方がない
  • 自分だけが悪いせいじゃない
という、どこか被害者意識がある点にも気づかされます。女性から見れば非常に自己中心的でタチが悪い身勝手極まりのない屁理屈です。

もしあなたの夫もこのようにいろいろ理由をつけては浮気を繰り返す男性だとします。あなたは夫と結婚生活を続けるべきでしょうか。

あなたがよほど夫に無関心ではない限り、彼の浮気容認は普通はまずは無理でしょう。

しかし大きく尊敬できる部分がある、素晴らしい財力があるだのといった要素があれば、浮気夫との結婚継続の要にはなりえます。

あなたの夫が平均並のレベルの男性なら、浮気が見つけ次第あなたはうんざりし三くだり半を突き出したくなるはずでしょう。こんなショボい男になぜ私は裏切られるのだろう、と悲しくなりやるせなくなってくるからです。

再度言いますと、まだあなたが独身で結婚を考えている相手が何もとりえのない浮気男なら、よくよく慎重になるべきです。

すでにあなたが既婚女性ならば、その浮気夫とは長い余生を添い遂げる価値があるかどうか、今一度ここでしっかり検討してみてください。

見た目ばかり気にしたナルシストな男も避けたほうが吉

何の才能もない財力もないだけではなく、自分が大好きな男も要注意です。

ナルシストであるということは、結婚後も己の服や腕時計など身に着けるものにお金をかけます。

常に人に注目を浴びるイベントやパーティーに行くのを好み、女性たちにちやほやされ続けたいと願う可能性が高いからです。

見た目ばかりの男に苦労させられた女性の話

とある女性は、超がつくプレイボーイと結婚しました。ファッションと夜遊びが大好きな美容師です。

「都会のイケメン美容師にプロポーズされた」と女性は有頂天でした。数多い女の中で、自分を選んでくれたという優越感に浸りうれしくてたまらなかったと言います。

しかし結婚後は地獄と化します。

職場(美容室)で美人な客といい雰囲気にならないか、浮気しないか、という猜疑心にさいなまされ女性は嫉妬に苦しみます。

また夫がクラブ通いをやめてくれない、常に女性たちの目を意識したオシャレにいそしむことにも不満でたまらなくなります。

そのうち夫は実際に浮気をしているような痕跡を残すようになり、女性は心身ともに疲れ果て自分から離婚を言い渡します。

そして数年後、真逆のタイプの男性と再婚をはたします。見た目も地味で性格も地味な男性です。

正直面白みには欠けますが、女性に大きな安心感を与えてくれます。自分磨きよりも、家にお金も入れることを優先してくれる男性です。

「あのキリキリ胃が痛くなるストレスの日々を、中年以上も続けるなんてできない。想像しただけで地獄。いろいろ苦労したけど今は平穏な日々で幸せ。危険な匂いがするイケメン男とはデートをしても結婚はするものじゃないわ」。

「早めに前夫とは別れていてよかった。」と女性は言います。

目移りしやすい男とは結婚しないのが1番!結婚相手にはとことん迷おう

繰り返します。人はそう簡単に変わりません。

ピラミッドを拝んだりエベレスト山に登ったり、又は大きな事故に遭ったり病で倒れたり、自分の子どもの誕生によって人生観が変わった、と「錯覚」はします。その時は心の底から「生まれ変わろう」と誓うものですが、よほどの稀な例外を除き、人はそうやすやすと別人格になれません。

浮気癖もしかりです。

そしてやはり法律において、既婚者の不貞は認められていません。

よって目移りしやすい男性とは最初から結婚しないでいるのが一番です。

夫婦になった後、裏切られ傷つけられるというのは、結婚前に彼氏にふられる痛手どころではありません。本当に深いダメージが待っています。

再度言います。浮気者の彼氏を持つ独身女性のあなた。結婚相手が本当に彼でいいのかよく考えてください。

浮気がやまない夫を持つ妻のあなた。

残り長い人生を過ごす相手が、夫でいいのか再度じっくり向き合ってください。別れる場合はくれぐれも慎重にです。

もっとも結婚相手として理想的なのは、数々の安っぽい浮気より、一人の女性とじっくり向き合い一生を添い遂げようとする男性です。

妻だけとの関係を大事にして生きていくほうが、浮気よりはるかにスリリングでロマンチックで感動的であることを知っている男性です。

そんな結婚相手にあなたが巡り合えますように!

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る