私の何がいけないの?彼氏に浮気されたけれど別れたくない時の対処法

信じていた彼氏に浮気をされて、傷ついている女性も多いと思います。大好きだったからこそ、他の女性と…そう想像するだけでも涙が出てきますよね。

  • 「どうして浮気をしたの?」
  • 「私じゃ満足できなかったの?」

と疑問ばかりが残ります。あなたの何が悪かったのでしょうか。

もちろん浮気をする彼氏が一番悪いです。ですが、そうさせてしまったあなたにも少し原因があるかもしれません…。

今回は「浮気をされてしまった理由」をお話ししていきます。

あなたと彼氏の幸せな時間を取り戻すためにも、ぜひ今回の記事を参考にしてみてくださいね。


私の何が悪かったの!?浮気をされてしまった理由とは?

あんなに仲良しだったのに…信じていたのに…と今でも浮気をされたことを信じられない状況なのではないでしょうか。

いきなり裏切られたからこそ、悲しみが大きいものです。

もちろん、彼氏に大きな責任があります。

しかし、もしかしたらあなたが「浮気願望」を大きくさせてしまっていた可能性もあるのです。

友達関係のようなカップルになっていた

いくら仲良しだったとしても、しっかりと「男女の関係」でいましたか?仲良くなりすぎて、熟年夫婦のようになってしまう場合があります。

そうなると、刺激やドキドキする機会がなくなってしまいマンネリ化してしまうのです。

「一緒にいるのは楽しいし落ち着く。だけど彼女という感じはしない」なんて思われていた可能性があります。そのため、あなたではなく他の女性に触れたくなったりドキドキしてしまったのだと思います。

カップルならではの、癒しの時間やラブラブする時間はありましたか?一緒に出掛けて笑い合っているだけでは、友達と変わりません。男女の関係になれていたのか思い返してみましょう。

「女」として見られなくなっていた

あなたを「女」として見られなくなっていた可能性があります。男性は欲求を抑えにくいものですから、周りを見て魅力的な女性がいればそっちへ手を出してしまうことも。

我慢して、あなたと会ってドキドキしたり「触れたい」と思うことができれば良いのですが…。

彼氏の前でしっかりと綺麗にして、女らしさを忘れていませんでしたか?

  • 毛の処理や肌の手入れを怠っていた
  • 下着に気を遣っていなかった
  • デートにはいつも同じ服を着ていた
  • 依存や束縛をしすぎていた
  • 口を押えず笑ったり姿勢が悪いなど女の仕草が減っていた

当てはまるものがあるのではないでしょうか。一緒にいる時間が長ければ長いほど、気を遣わなくなってしまいます。

ですが、いつ他の女性に奪われてしまうか分からないのです。「彼女が一番」と思ってもらうためにも、気を抜きすぎてはいけませんよ。

あなた自身が他の異性と遊んでいた

あなたは彼氏以外の男性と遊んでいた…ということはありませんか?

嫉妬や寂しさから浮気に走ってしまうパターンも少なくありません。

いくら彼氏が「嫌だ。辞めて欲しい」と言っても男友達との約束を減らすことがないと、あなた自身が浮気されても仕方がない状況なのです。

「俺の気持ちも分かって欲しい」「寂しいから他の女性に癒してもらう」という浮気願望が出てしまいます。本当はもっと自分を見て欲しい…という彼氏からのアピールだったのかもしれませんね。

デートのたびに喧嘩や言い合いになっていた

カップルの仲が悪いと、浮気率がグンッとあがります。

信頼関係があるから大丈夫…と思うかもしれませんが、喧嘩や言い合いばかりしている状態だと危険なのです。

「彼女よりこの子の方が」なんて気の迷いが出てきてしまうでしょう。

デートが楽しくて、あなたに夢中になっていれば他の女性に手を出そうなんて考えも出てこないと思います。危ない状況になっても、あなたのことを考えて我慢してくれるのです。

ですが、その時に喧嘩中だったり会うたびに言い合いになっている状況だと「まぁいいか」「腹いせに浮気してやる!」なんて考えに変わってしまいます。

カップルの仲が悪いときは、浮気をされやすいので注意が必要です。

将来へのプレッシャーをかけすぎていた

結婚の適年齢近くになってくると、よくありがちなパターンです。

あなたが彼に結婚を迫ったり、将来のことをしつこく聞いてくるようなことが続くと彼氏は嫌気がさしてしまいます。

あなたのことを嫌いな訳でも、将来を考えていない訳でもありません。

毎回のように「結婚」を言われてしまうと疲れてしまうのです。

男性は一家を支えるプレッシャーや家庭を持つ責任感で、なかなかすぐには決められないもの。あなたがあまりにも迫ってくると、逃げたくなってしまいます。

逃げる…その結果が浮気になります。浮気をしているときは、あなたのことを忘れられる、プレッシャーから解放されるのでとても楽なのです。

結婚について彼が話したそうにしていないのに、しつこく聞いたり迫ったりしていませんでしたか?

もう一度リセットを。別れたくない場合の対策とは?

浮気が原因で別れるカップルもたくさんいます。一度裏切られてしまうとなかなか信頼関係がうまく築けないですからね…。

それでも彼が好き。浮気をリセットするから別れたくないと言う人は「対策」を考えなければいけません。「もう一度やり直したい」と彼氏にも思ってもらう方法を知っておきましょう。

一度許した浮気は責めない

浮気をされたカップルが再び、幸せになるためには「浮気を許す」ということが必要です。

なので、あなたも今回彼氏が浮気したことをしっかりと許してあげなければいけません。

別れたくない、という気持ちがあると誰もが「無理やり許さなければいけない状況」になります。

ですが、自分の気持ちが整理できていない・悔しい気持ちがまだ残っていると再び破局の危機を迎えてしまうでしょう。

喧嘩や言い合いになるたびに、浮気のことを責めるようなことは絶対にしてはいけません。

一度終わった話なのに、また出されてしまうと彼氏は何も言えなくなってしまいます。このギクシャクした関係が続けば、彼氏も「別れよう」と切り出してきてしまうでしょう。

しっかりと話し合う時間をつくる

「今回の浮気は許す」とお話ししましたが、何も話さずに「なかったことにしよう」というのは無理な話だと思います。

  • どうして浮気をしたのか
  • これからどうしていきたいのか
  • まだ私に対する気持ちが残っているのか

など、重要なことはしっかりと聞いてお互いに話し合わなければいけません。何も解決していないまま交際を続けても、あなたはずっと不安な気持ちが残ってしまうでしょう。

このままでは強い束縛をしたり、嫉妬をしてお互いに疲れてしまいます。

そうならないためにも、解決するためには「しっかりと話し合って終わりにする」ということが必要です。

自分の悪かったところも認める

浮気の理由を全て彼氏のせい…にしたいところですが、実際にはそうではありません。あなた自身にも原因があったことが、上記でお話ししてきたことで分かったと思います。なので、あなた自身も反省し直していく必要があるのです。

自分の悪かったところも認め、彼氏に謝罪をしっかりとしましょう。あなたが謝ってくることで、彼氏は罪悪感がさらに出てくると思います。そうすると、「もう浮気はしない」という決意に変わってきてくれるのです。

ここで注意ですが、あなたがあまりにも下出にですぎるのはNG。あくまで「自分が悪かった部分だけ」を誤ればいいのです。

全てを受け入れ謝っていると、都合よく使われる場合があります。また、あなたが謝り続けてくると罪悪感に耐えられなくなり別れを告げる男性もいるので気を付けてくださいね。

女としての磨きをかける

やっぱり今よりも、もっとあなたに夢中にさせる必要があります。だからこそ、自分磨きに力を入れていきましょう。他の女性に目がいかないように、あなたが素敵な彼女になる必要がありますよ。

  • 女性としての仕草やマナーを学ぶ
  • 清潔感を忘れないこと
  • 彼氏がドキッとするような態度や仕草
  • 癒しを提供できるように気を付ける
  • メイクや洋服にも気を遣うようにする

など、まだまだたくさんあると思います。彼氏が好きなタイプの女性を聞いたり、一緒に服を買いにいくのも良いですね。一生懸命努力していれば、きっと彼氏にも気持ちが届く日がくるでしょう。

愛情表現はしっかりとしよう

寂しさから浮気をしてしまったのであれば、あなたからの愛情不足だった可能性があります。

恥ずかしいかもしれませんが、彼氏はあなたから素直に「好きだよ」「愛しているよ」という言葉が欲しいのではないでしょうか。

「あなたのことが大好きだから浮気をされて悲しかった」と彼氏に対する愛情を伝えながらも、気持ちを言ってみましょう。「俺が間違っていた」ときっと反省してくれます。

そして、あなた自身も異性との交友を減らしてください。彼氏と別れたくない、もっと幸せになりたいと思っているのであれば、我慢することができますよね。

お互いに愛し合っていれば浮気も乗り越えられます

浮気は本当に傷つくし、自分の自信もなくなってしまうようなことです。

ですが、浮気をキッカケに良い方向へ行く場合もあることを忘れてはいけません。

お互いに真剣に愛し合っていれば、浮気も乗り越えられるのです。ネガティブに考えすぎずに、どうしたらもっと幸せになれるのかを二人で考えていきましょう。

浮気を乗り越え、素敵なカップルになることを祈っています。ぜひ、彼氏さんともう一度しっかりと話し合ってみてくださいね。”

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る