別れる決断はもう怖くない!一歩を踏み出す勇気を持つ方法

女性が別れを決断するとき。それは揺るがない信念があります。

好き好んで彼と別れる人はいません。この人と一緒に居ることで本当に自分も相手も幸せなのか、それを感じた時に人は決断をします。

特に、女性の場合は男性よりもライフイベントの変化が激しい分、自然と将来を見据えやすいのです。もしもこの人と結婚したら仕事はどうするか、子供ができたら、親との関係は、男性よりシビアに見るでしょう。

そして、その別れによって女性は学ぶことができるのです。こういう男性の傾向はこんなタイプ、とか、この発言は実はこんなことを思っている、とか・・・

別れるケースもいろいろありますが、ケースごとに私達女性が決断するタイミングと、次なる一歩に踏み出していく方法を見ていきましょう。

男性に厳しいジャッジをする女性!別れの決断から女性は学ぶ

先ずは、以下の分かれるケースを想定します。

  • 価値観の相違
  • 浮気、不倫
  • 生理的に受け入れられない

上記ケース想定を基に、以下を見ていきます。

価値観の相違

どうしても赤の他人同士なので、その価値観が完全に合致することはないでしょう。また、その異なる価値観に魅力を感じることもあります。

しかし、その価値観にすれ違いがでてしまい、不快感を感じ始めてしまうと、それまで気にしないできたことに強く気になり始めたりします。

その価値観は、ほんの些細なことだったりもします。

  • メールの返事が遅い
  • 本当はもっと引っ張って欲しいのに引っ張ってくれない
  • どんどん自分勝手に進んでいって、彼が何をしているか分からない
  • 交友関係が広すぎて不安になる

ほんの一例ですが、その分からない、や不安の感情が積み重なるとどんどんと疲れてきてしまいます。

その疲れが、価値観の相違となり、別れの決断にいたります。価値観の相違に対しての

メールの返事が遅い

メールをして、本当は早く返事が欲しい時、なかなか男性からの返事が来ないときがあります。

男性は言葉を悪くすると、釣った魚にはエサはあげないものです。付き合った瞬間に安心しきって放置状態になるタイプもいます。

女性は、それでも仕事が忙しいであろうと理解を示します。あえて遅く返事をしてみたり、電話は控えたり、それでも明るく振る舞って労ろうとしたり、意外と努力をします。

メールをするしないは、タイプが分かれます。でも、コミュニケーションをとる一つの手段として、彼の人柄が垣間見える一つのツールでもあります。

どんなに忙しくても、大事にしてくれる人はメールの一文からでも伝わってきます。付き合う前後であまりにもメールの内容に変化が出てしまう場合はちょっと子供っぽいところがある男性なのでしょう。

女性だって日々頑張っているのですから、そんな小さなことにハラハラドキドキしていたら身体が持ちません。

連絡手段は2人で居る時に向き合ってどんなことが嬉しくて、どんなことが重くなってしまうか、伝えましょう。

それを伝えてでも応えてくれない時は、決断をするときなのではないでしょうか。

きっと、メールの返事だけでなく、他の気になることがあるから、こういったメールの返事の有無が気になっているのです。

その根本を話しても伝わらなかったら、きっとあなたはその彼といても幸せになれないかもしれません。

本当はもっと引っ張って欲しいのに引っ張ってくれない

本当はデートのプランだって、食事に行く場所だってガンガン引っ張って欲しい、全部決めなくてもポイント毎に先導してほしい。

そんな思いは多くの女性が抱いているはずです。

いざ付き合ってみると、どこ行くにも、何を食べるにも、何食べたい?どこ行きたい?と聞かれるばかりで全く主体的に動こうとしてくれないケースです。

それはデートだけではなく、ふっとした彼の行動からも感じられると思います。

男性側からしたら、女性を気遣った行為という価値観なのかもしれませんね。でもこういった男性の行為を見てしまうと、いろいろと想像してしまいますね。

女性にとっての男性を見る時は、潜在的に結婚も見据えます。結婚を見据えるということは、今の生活とは異なり、仕事しながら家庭の両立、子育てして、親の介護もあって、老後を迎えて・・・

いろいろ考えると、どうしても男性には頼りがいがあって、信頼ができる人、といったものを求める傾向があります。

普段の行動でそういった先導を切らない、なんだかすべてを自分に任せてくるタイプの人との将来が描けるのでしょうか。

きっとこの違和感を感じたときには、もう結婚が描けなくなっているのではないでしょうか。でも、ここで簡単に別れていいものか、とグダグダ考えてしまう気持ちも分かります。

そこで感じた違和感は、なかなか払拭されないものです。今日まで形成された人間性はある程度の年齢になってしまったら根本改善は難しいのです。

その違和感を感じた時に自身の胸に手を当ててみてください。ちゃんと、好きという2文字は残っていますか?ここで勘違いをしてしまうと大切な時間がもったいないことになってしまうこともあります。

どんどん自分勝手に進んでいって、彼が何をしているか分からない

突然仕事を辞めて転職したり、毎晩毎晩夜中帰宅して、せっかくの休日もどこかの誰かと遊びに行ってしまったり。

何をしているのか分からないようなタイプはもちろん女性にとって不安になってしまいます。全て男性が男性のペースで過ごしていることに、付き合う意味を見失いそうになってしまいます。

たった一言でも「ごめんね」や「ありがとう」を小まめにくれていれば、ちょっとしたことも我慢出来るのに、なぜその一言が無いのか、とっても不安になりますよね。

生まれ育った環境も異なるので、普段の生活スタイルも変わってくるのでそれは仕方ありません。

こんな状態が続いては、心が動かないわけがありません。別れを決断する前に、ぜひあなたにももっと世間に目を向けていろいろな人との出会いを楽しんでみてはいかがでしょうか?

彼の時間がないからこそ、女性も自由に外との交流を楽しむ機会になります!

でも、ここで違和感を感じた場合は、彼とは違う道なのかもしれません。本当はもっと一緒に居たい、どこにいるか把握したい、という気持ちのある人と彼のような奔放な人は互いにストレスなのです。

こんな日が続いて半年たってもあなたにストレスが残っていたら考えるべきです。

浮気、不倫

一番起きてほしくない男女のもめ事ですね。浮気、不倫が発覚してしまったら、ほとんどのケースで別れの決断になるでしょう。

浮気や不倫は、絶対的に相手を傷付けます。ほとんどはその傷つけるという行為の後の行動によって最終決断をするものです。

もちろん、その浮気、不倫という行為自体が許せないですよね。許せない中でも、本気で謝り続けてくれたら、気持ちの転換ができるかも散れません。でもなかなか理想の形にはなりません。

もしかしたら、浮気、不倫をしている時に女性は気づいていることも多いのではないでしょうか。その時に頑張って彼を振り向かせようと努力したかもしれません。

多くはバレてしまってからはその頑張りの糸が切れてしまい、別れの決断に繋がるでしょう。

その時は別れにならなくても、その後はずっと疑心暗鬼になって、ストレスが続くケースも多く、結局別れに繋がることもあります。

浮気や不倫は繰り返す人が多いものです。

もしもあなたの思い描く理想の恋人は、ちゃんと自分と向き合ってくれる人なら、どんなに好きでも、浮気、不倫をする男性とは別れて正解です。

心から恋人と笑顔であり続けるためには、その人ではないのでしょう。

生理的に受け入れられない

ここまで来てしまったら、ほとんど難しい状況です。でも、生理的に受け入れられない状態になる前に、前兆があります。

日頃から生理的に受け入れられなくなってしまうような感情、感覚に陥ってしまう男性の行為を以下です。

  • 彼女や奥さんの前でも、他の女性に積極的にスキンシップを取る
  • マザコンの素振りを見せた時
  • 元カノの話をひたすらにする時
  • 仕事の愚痴ばかり並べて努力をしていない姿を見た時
  • 友人の悪口ばかり言う時
  • 自分の考えに、頭ごなしに否定をする、偉そうにする時
  • 自分より弱い立場にいる人に横柄な態度をとる時

挙げだしてしまうとキリが有りませんが、どうしても男性が見栄を張る瞬間や普段とのギャップにさいなまれた時に違和感を感じやすくなります。

ギャップとは、時に魅力的で、時に魅力を下げてしまいます。社会的なマナーや秩序、心の余裕などが器の広さにも繋がります。

そのため、こうした日常の素振りこそが我々女性の別れの決断スイッチが入っていくのです。

それが積もり積もったときに、生理的に受け入れられなくなってしまったらほぼ99%回復は難しいのです。

そもそも本当に心から好きな時は、そんな彼をも愛おしく思うものなのですが、女性は年齢が上がれば上がるほど現実を見て、世間を見ていきます。

そんな中で、自身の基準から逸脱した人を見ると、魅力に感じるか生理的に難しい人になるか両極端に別れてしまう傾向があります。

それが、後者であれば早いところ別れを伝えることがお互いのためですね。

違和感があったら原因を突き止め、別れの決断をする

恋人や夫婦関係は、できれば永遠に続けていきたいものですが、なかなか難しい人も多くいます。

所詮は赤の他人だからこそ、思いやりの気持ちを持って互いに向き合ってお付き合いをして行くことが大切ですが、違和感を感じ始めたら、我慢をするのではなく気持ちをぶつけてみましょう。

それでも改善しなかったら最終ジャッジをするべきです。女性は別れを終えたらステップアップが早いのです。

決めるまではとても辛い時期かと思いますが、一歩踏み出してモンモンとした日々から抜け出して次なる一歩を踏み出しましょう!

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る