暴力だけじゃないDV男性の特徴!一度パートナーとの関係を見直そう

DVには大きく分けて「身体的」「精神的」「性的」「経済的」「社会的」の五種類が存在します。

ここで恐ろしいのは、支配されているという自覚がない被害者がいることです。「ぶたれてないからDVじゃない」そんなことないんです。

あなたは今、本当にDVをされていないですか?

どれか一つでも気になることがあったら、早めに専門家へ相談に行ってもいいかもしれませんよ。


DVって、実は大きく分けても五種類もの特徴があるんです

DVは「ドメスティック・バイオレンス(英domestic violence)」の略になります。

1.身体的DV
DVの一番強いイメージともいえる、身体的DVです。殴る蹴るに限らず、身体に危害を加えてくるDVになります。
2.精神的DV
モラハラ彼氏、モラハラ夫なんて言葉で表現されやすいせいか、DVだと気づいていない人もいるようです。もちろんこれもDVの一つにあたります。
3.性的DV
カップル間でのレイプ(合意のない行為)だけでなく、避妊してくれない男性や、妊娠後に中絶を強要してくる男性もこれにあたります。
4.経済的DV
経済的DVは、同居しているのに生活費を渡さないなどもありますが、お酒やギャンブルなどで生活費を勝手に使う場合なども経済的DVに含まれます。
5.社会的DV
社会的DVとはスマホを使わせない、親家族と会わせない、外出させないなど、社会との繋がりを断ち切らせようとしてきます。

ではそれぞれについて、もう少し細かく見ていきましょう。

一番イメージしやすいのは、DV=暴力を受けること

いわゆる殴る、蹴る行為ですね。これは身体的なDVです。

ひどいと火傷や骨折などを始めとした傷害に繋がる場合もあります。

身体的DVを行う男性は力を誇示したがる特徴があります。弱いもの虐めや動物虐待などをしている人なんかは要注意です。

モラハラって言うけど、これもDVの一つなんです

精神的DVのことをモラハラと表現することがあるようです。

  • 大声で相手を威嚇する
  • わざと無視する
  • 罵声を浴びせる

など、相手にストレスをかけ続け、精神的に追い詰めていくものです。「逃げ出せない」という心理にさせることもあります。

職場や友人知人のことを話題にした時などに「批判的な言動を繰り返す」タイプは気をつけてください。矛先があなたに降りかかってくることになりかねません。

また、自分の責任を他の人に向けてしまうタイプも危険です。「お前が悪いせいだろ!」と言い出したら精神的DVの第一歩です。

モラハラ加害者の心理については「モラルハラスメント加害者の心理!被害を受けないために知るべきこと」で詳しくご紹介しています。

モラハラの対処方法については「彼からのモラハラ対処方法!精神的苦痛から逃るために出来ること」をご確認下さい。

カップルや夫婦でも、レイプってあるんです!

例えカップルや夫婦でも、性についての強要は出来ません。それを無理強いすることは、性的DVになります。

する、しないだけに限らず、避妊をしないで行為をする、妊娠後に無理やり中絶させることも、性的DVになります。

性的DVを行う男性の特徴として、男尊女卑の考え方を持っている場合があります。

男性が優位に立っていると思うからこそ、女性が妊娠しようがしまいが、関係ないと考えがちです。

同居しているのにお金がないのって、DVのせいじゃありませんか?

経済的DVは経済的な自由を許さないタイプのDVです。

「仕事もしないで毎日飲んだくれて…」というのはこのDVにあたります。

また、男性側はきちんと仕事をしていても、あなたの仕事を辞めさせた上で生活費を渡さない、なんていうパターンもあります。

経済的DVをする人の多くに複合型がいます。つまり経済面と精神面、経済面と身体面など、同時に複数のDV被害を受けることがあるのです。

「私には頼る人がいないし…」実はそれ、DVを受けた結果かも!

社会的DVとは、社会からパートナーを隔離してしまうDVです。

  • スマホやパソコンなどによる外界からの繋がりを切る
  • 職場や交友関係など身近な繋がりを切る
  • 親兄弟など親密な繋がりを切る

など、言葉巧みに追い詰めてきます。

社会から隔離されることで、余計に加害者から離れられなくなってしまいます。社会的DVを行う男性の特徴としては、所有欲、独占欲が強く、嫉妬心が大きいなどがあげられます。

「俺以外の男とあんま話さないでくれよ」なんて言われたら要注意です。

付き合いたてだとつい嬉しくなる嫉妬心も、極限まで強まるとそれはDVに繋がりかねません。

DVは複合型が多いんです!ダブル・トリプル攻撃でダメージ激増!

殴られながら罵声を浴びせられ、お金をパチンコに使われてしまっていて、満足な食事を作ることも叶わず、そのことでまた殴られる。

例えばこれは身体的、精神的、経済的DVを受けている可能性があります。

毎日スマホ履歴をチェックされ、毎晩行為を強いられる。断れば離婚されるけれど、結婚と同時に家庭に入るようにと夫に言われ、現在無職。

離婚されると困るから、仕方なく言われた通りにしている。例えばこれは性的、経済的、社会的DVを受けている可能性があります。

このように、DVは五種類のうちのどれか一つだけを受けるというよりは、複数方面から同時にDVを受けている可能性が高いです。

ここまで見てきて「あ、私DV受けているかも」と思ったら、DV相談窓口へ迷わず相談してみてくださいね。

DV相談ナビ 0570-0-55210
配偶者からの暴力に悩んでいることを、どこに相談すればよいかわからないという方のために、全国共通の電話番号(0570-0-55210)から相談機関を案内するDV相談ナビサービスを実施しています。

相談窓口の方が、「どうしたらいいのか」答えに導いてくれると思いますので、きっと心のもやもやが晴れることでしょう。

DV被害を受けないために、わたしたちが気をつけること

始めは些細なことだったりします。

それを言い返さずにいると、相手は「ここまでは大丈夫だった。もう少しレベルを上げてみよう」となります。

それを繰り返しているうちに、抜け出せないところに追い詰められてしまうのです。だからこそ、始めが肝心です。

「このくらいなら我慢しておいた方が」なんて思わないでください。あなたが我慢する必要は、どこにもないのですから。

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る