遠距離恋愛の交通費は大きな出費!別れの原因にならないための方法

遠距離恋愛は何かとツライ、それは会いに行くための交通費も大きな負担となるでしょう。

好きな気持ちはあっても、お金には換えられません。

ハードルが多い遠距離恋愛において、ケンカはひとつでも少ないに越したことはなく、勢いで別れに発展するようではいけません。

遠距離恋愛の交通費について、上手いやりかたを教えます。

遠距離恋愛は何かと負担が大きい!それを上回る気持ちがあるからこそ続くもの

好きな人がそばにいる、これが一番理想と言えます。

遠距離恋愛となると、その恋を諦めるという人もいて、続くのには「好きという」気持ちが、会えないハードルを上回るからです。

まずは第一に会えないこと、コレが恋愛においては一番悪さすると言ってもいいでしょう。

会って顔を見れば、分かりあえなかったことも解消できたりします。

遠距離恋愛は精神的、身体的、金銭面全てで負担が大きいのです。

でも、それを越える好きな気持ちがあるから、遠距離恋愛が続くのです。

交通費の負担はどうする?遠距離恋愛ではコレをきちっと解決しておこう

男性の見栄もあるかもしれませんし、デートの費用は男性持ちというのが筆者でもあるのですが、お金の問題は恋愛においても非常に大切なことです。

特に遠距離恋愛では、交通費が問題になってきます。

近くに住んでいれば、会いに行くことよりもデートの費用を考えるものですが、遠距離となるとそうはいきません。

まずは会う段階でそれなりの費用がかかってきます。

最初から遠距離であっても、途中からでも、遠距離恋愛についてちゃんと話し合わなければなりません。

特に交通費は、好きだから何とかなるものでもありませんし、過度な負担になるのに借金してまで会いに行ってもいけません。

交通費の問題も含めて、「遠距離恋愛をすること」なのですから、忘れずにちゃんと話しておきましょう。

もし言い出しにくい場合は、「男であるあなたに出させてばかりもいけないから…」と、相手が出してくれる前提で、彼氏を持ち上げて話すのも良いでしょう。

金銭的負担は将来2人の仲をダメにする!互いに出し合う関係を作っておく

少し考えの古い筆者なので、「女性にお金は出させられない」という思いなのですが、金銭的負担は長く付き合ううえで、二人の仲をダメにしかねません。

長く一緒に居るぶんだけ、当然ながらお金も必要になりますし、ケンカになるたびに「自分が出しているのに…」と、恨み節まで生まれてしまいます。

男女の付き合い全てにおいて、共通のお金が発生するようなら、割り合いは別にしても「互いに出し合う関係」を築いておきましょう。

遠距離恋愛は普通の恋愛とは違って、何がきっかけで別れに発展するとも分かりません。

ケンカになって、余計なタネを増やさないようにしておきましょう。

みんなはどうしてる?遠距離恋愛の交通費は基本的に半分ずつ

遠距離恋愛にかかる交通費について調べてみると、基本は折半というカップルが8割でした。

遠距離恋愛をすることをお互いに了承したワケですから、それに納得している意味でも、交通費の折半は当たり前かもしれません。

会いたいと思うのは両方で、会いに来る側が体力的な負担はあるかもしれませんが、金銭的な負担は一緒に持つというのが妥当なやりかたです。

同時に、来た人は帰らなきゃいけないので、そのぶんだけ寂しさも倍増?かもしれませんね。

実際、見送る人と見送られる人は、どちらが寂しいのでしょうか。

交通費は彼女が出して、滞在にかかる費用は彼氏が出すパターン

中には交通費を彼女が出して、滞在にかかる費用は彼氏というカップルもいます。

いることはいますが、交通費は一定でも滞在にかかる費用は様々です。

デートの内容でも変わってくるでしょうから、このパターンでは「かかった費用のうち高いほうを男性が持つ」というケースが多いようです。

会いに行くのを交互にして、来る人が全て出すパターン

何も、会いに行くのは片方だけがすることでもありません。

お互いに交互に会いに行ったとすれば、単純に交通費も同額となるのが普通です。

実はコレが一番良いやりかたで、分かりやすい方法でもあるのです。

これならデートも新鮮味があって、互いの生活状況なんかも把握できます。

彼女が彼氏に会いに行くパターンが多い遠距離恋愛ですが、浮気も心配されるので、交互に行くほうが何かと把握できて良いかもしれません。

会いに行くのを交互にすることで、金銭面の負担も交互になるので、不公平感は解消されることでしょう。

男のプライドに頼って出してもらってもイイ、急に会いたいこともあるのが遠距離恋愛

男性の中には、まだ筆者のように「男性が出すもの」と思っている人もいます。

そして、その気持ちは彼女としては嬉しいでしょうし、男のプライドを傷つけないためにも、たまにはそれに甘えてもいいと思います。

いつもというわけにはいきませんが、もし彼氏が「会いたいから交通費を出す、来てくれるか?」なんて言うなら、いっそのこと甘えちゃいましょう。

遠距離恋愛を理解しているけど、急に会いたいなんて、彼女として嬉しい誤算ですよね。

それでも自分で出すというのも良いのですが、こんな時は甘えてしまって、彼氏に貸しを作るくらいの気持ちでも良いでしょう。

サプライズで会いに行くなら全額出すこと!サプライズが無駄にならないように

逆に、彼女であるあなた自身が会いたくなることもあるなら、その交通費を相手に請求してはいけません。

サプライズというのは、あくまでも「相手を喜ばせるため」が目的だからです。

せっかく来てくれたのに、「来てあげたから」という言いかたではいけません。

中には、こういう彼女(女性)がいます。

自分が会いたいと思って行って、結果的にサプライズとしても成功したなら、それに水を差すようなことを言っては台無しです。

相手が喜んだとはいえ、企画した側から費用の請求をすると、元も子もなくなるということです。

彼氏は、「急にでも会いに来てくれた健気さ」をいとおしく思うのです。

定期的に会うことを維持したい?定期切符を利用することで会う頻度も下がらない

遠距離恋愛はお金がかかる、となると会う頻度が下がるのも仕方のないことかもしれません。

彼氏との話し合いで、定期的に会うこともお互いが納得できたなら、定期切符や往復券、ETCを利用するのが良いでしょう。

会う回数が増えるほど、断然費用が変わってきます。

遠距離恋愛では、顔が見えない分だけ不安が募り、別れに繋がるケースも少なくありません。

そうでなくても、お互いを想うなら会いたいのも普通でしょう。

「定期的に会うことで維持できる遠距離恋愛」という側面もあるので、費用を抑えて会う方法を模索することが必要です。

どのくらいの頻度で会うかを決めて、費用がどれだけかかるのかをしっかり把握しよう

遠距離恋愛の交通費をどうするかについて紹介しましたが、実際にどのくらいかかるのかは、事前にでもお互いに把握しておく必要があります。

どれだけの費用がかかるのかは、お金の話だからとイヤでも話しておかないと、あとあと二人の仲に亀裂が入る恐れがあります。

会いに来るのがどれだけ大変かを知ることで、そうそう無茶なことも言わないでしょうし、お互いに相手のことを想うなら当然です。

遠距離でハードルがあるにせよ、「長く続けたい恋愛だからこそ」しっかりと話し合いを持っておきましょう。

月に1回以上は会うカップルが一番多い

どのくらいの距離かにもよりますが、遠距離恋愛全体で見ると、月に1回以上は会っているというカップルが多いようです。

遠距離恋愛の原則である「最低頻度では会うこと」のラインが、月に1回以上というのが分かります。

同時に調べてみると、「月に1回くらいは会わないと続かない」とも答えています。

どのくらい離れているかにもよりますが、交通費がかかっても会える距離なら、「結構頑張って会いに行っている」ということです。

月に1回が多いのかは人によりますが、やはりそれにかかる交通費はバカになりません。

交通費がかかるっていったいどのくらい?1回あたり2万~5万が多くなっている

気になる交通費の額は、調べてみると1回あたり2万~5万という人が一番多い結果となりました。

中には10万を超えるというカップルもいて、これは海外などとの遠距離恋愛であることが分かります。

費用によって、会いに行ける回数は変わってきますが、それでも月に1回として2~5万円の出費は大きいですよね。

遠距離恋愛に限らず、恋愛にかかるお金は何かと尾を引くから、しっかり線引きしておくこと

恋愛とお金は密接に絡むことがあり、線引きはしっかりすること!と言えます。

恋愛以外でもそうですが、お金のトラブルは何かと厄介です。

遠距離恋愛では、続くほどに「会いに行くだけ」でお金がかかってしまいます。

それでも好きな相手ですから、お金がかかっても会いたいのは理解できます。

でも、あとあと尾を引かないために、しっかりと割り勘にしておくことをおススメします。

別れたりしたら仕方ありませんが、相手に対して「私が出したのに」なんて恨み節は、遠距離恋愛を終わりに導いてしまいかねません。

普通の恋愛とは違うからこそ、簡単に終わってしまうかもしれないので、こういったところにも注意が必要です。

お互いが会いたいからこそ会うわけなので、たまにしか会えない遠距離恋愛だからこそ、交通費でトラブルが起こる前に、ちゃんと話をしておきましょう。
この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る