癒し系男子の特徴!付き合った時のメリットとデメリットをご紹介

一時期「癒し系女子」という言葉が流行りましたが、それにあやかって「癒し系男子」という言葉も流行ってきました。

女性の社会進出が進んでいる事から、仕事から帰ってきて笑顔で癒してくれる「癒し系男子」の需要は年々増加してきています。

癒し系男子と言っても、どのようなタイプの男性の事を言うのかや、癒し系男子のメリット・デメリットには何があるのかを知りたい人の為に、今回は「癒し系男子の特徴」についてご紹介していきます。

癒し系男子の特徴

癒し系男子の特徴は幅広くあるので、ココでご紹介していきます。

性格が優しい

癒し系男子はとにかく性格が優しいです。

例えば「話し方」ですね。癒し系男子は言葉が丁寧でおっとりしています。その為、相手に安心感を与える為、話をしていてとても和みます。

「そうですよね~」という感じで、ついつい敬語を使ってしまうのも優しさの表れ。

仲良くなっても相手に敬意を表す為、敬語を使ったりしますが、これは決して距離が遠いから使うのでは無く「相手を傷つけたくない」という事なので気にしないでください。

他にも、癒し系男子は「悪口を言わない」というのも特徴です。

会うたびに

  • 「また嫌いな上司に怒られたよ」
  • 「芸能人のアイツ、面白くないのに売れているよね」

などと言われたら、聞いている方もげんなりしますよね。

しかし、癒し系男子は性格が優しいので、悪口を人前で話そうとはしません。

逆に「昨日こういう良い事があってね」「知り合いの結婚式行ったけど幸せそうで良かったよ」という感じのポジティブ話を多くするので、一緒にいてほんわかします。

他に「子供や動物などカワイイ物を好む」なども癒し系男子の特徴で、とにかく癒し系男子は「女子力が高い」のです。

聞き上手

癒し系男子は聞き上手です。

周りが愚痴や相談などを投げかけても「そうなんだ~」「それは大変だったね~」としっかりと話を聞いてくれます。

癒し系男子は先ほど述べた通り性格が優しいので、困った人がいたら助けてあげたいと感じるのです。

相手を傷つけない為に、しっかりと言葉も選んでくれますし、話も肯定してくれる。

注意も時折してくれますが、癒し系男子は雰囲気も優しいですし、話し方もおっとりしているので注意されてもイラっとしないのですよね。

注意とアドバイスは紙一重。

好きな人から言われる助言は、注意では無くアドバイスに聞こえるので素直に聞けるものです。

気遣いが出来る

癒し系男子は気遣いが上手いです。

もし、相手が疲れていたらそっとしておいてくれますし、相手が構って欲しそうと感じたら自分の作業を辞めてまで相手に構ってあげます。

しかも、癒し系男子は意外と「人を見ている」のです。

ボーとしているフリをして観察力は抜群の為、相手の「好きな物」「言って欲しい言葉」「言ってもらいたくない言葉」などを熟知しており、それらを上手く利用する事で、多くの人と仲良く出来るのです。

表情が穏やか

癒し系男子は表示が穏やかです。

普段から、にこやかな表情をしているので、喋っていてもとても癒されます。

表情が優しいおかげで、マスコットキャラクターのように、遠くから見ていても癒される為、これでは女性にモテるのも分かりますよね。

そのような、癒し系男子が甘えてきたら、母性本能をくすぐられて、多くの女性が寄ってくるのも無理もないです。

子供っぽい部分を持っている

子供っぽい部分を持っているのも癒し系男子の特徴。

遊園地などに行ったら子供のようにはしゃいだり、可愛い動物を見つけたら満面の笑顔で頭を撫でてあげる。

このような純粋無垢な行動は見ていてとても癒されますよね。

変に気取って「俺はクールだぜ」「俺は大人だぜ」という男性よりも、遊びやデートでおもいっきりはしゃいでくれる男性の方が、一緒にいて楽しさも倍増です。

「服がカワイイ」「ポーチを付けている」「デザートが大好き」などの癒し系男子も世の中にはいますが、こういう幼さが出ている所も女性からしたら癒しポイントが高いですね。

真剣な時は真剣で、はしゃぐ時ははしゃぐ!

このように、大人の面も子供の面も持っているのが、癒し系男性の特徴なのです。

マイペース

癒し系男子はマイペースなので、周りに焦りを感じさせません。

マイペースだと「落ち着いている」と周りから感じ取られるので、本人は何も考えてないかもしれませんが「余裕がある」ようにも見える時があります。

外見が可愛い

癒し系男子の見た目はどちらかというと「童顔」タイプが多いですね。

男性でも童顔の人は多いですが、童顔の人には若さ・フレッシュさ・明るさが伝わってくるので、見ていて元気になれます。

家事が得意

癒し系男子の中には女子力が高い人がいるので、料理が出来たり、掃除が得意な癒し系男子もいらっしゃいます。

現代社会は共働きが主流。もし彼氏や旦那さんが、家事が得意だったらとっても助かりますよね。

仮に、料理や家事が苦手でも、エプロンを付けて必死で彼女の為に貢献しようとしている姿は、癒しポイントがとても高いはず!

癒し系男子と付き合うメリット

癒し系男子と付き合うと、どのようなメリットがあるのかについてご紹介していきます。

ストレスを軽減してくれる

癒し系男子と付き合うメリットで1番大きいのが「ストレス軽減」をしてくれることですね。癒し系男子は一緒にいるだけでもとても癒されます。

癒し系男子ご自慢の「緩い雰囲気」と「あどけない笑顔」は、女性に大きなリラックス効果をもたらしてくれます。

そして、癒し系男子は聞き上手!

もし学校や仕事などで嫌な事があったら嫌な顔をせずに相談に乗ってくれたり、一緒に解決案などを考えてくれます。

癒し系男子は観察力も素晴らしいですし、相手を傷つけないように優しい口調で話をしてくれるので、ケンカにもならないです。

現代社会はストレス社会。

ストレスはあるのは当たり前で、そのストレスをどのように解消していくのが大切になってきます。

趣味でストレス解消、食事でストレス解消をするのも良いですが、癒し系男子と一緒にいることで、多くのアドバイスを貰えるので悩み事の根本的な解決にも繋がっていきます。

このように、癒し系男子と共にいる事で、一時的なストレス軽減だけで無く、人としての成長にも繋がる事が出来るので、やっぱり癒し系男子は強しです。

感情的にならないので安心

癒し系男子は性格か優しい「平和主義」の人が多いです。

小さな言い合いがあっても、癒し系男子は言葉を選ぶのが上手いですし、マイペースのせいか感情的になる事も少ないので、大喧嘩にはならないです。

癒し系男子はプライドもそこまで高く無いですし、性格も素直なので自分に非があると分かったらしっかりと謝ってくるのも特徴的。

細かくないので楽

癒し系男子は「のんびりしていて細かいことは気にしない」という人が多いので、女性がある程度大雑把な性格でも大丈夫です。

なので、プレッシャーを無く付き合う事が出来るのも強みですね。

ただ、あまりにもだらしないと、平和主義の癒し系男子でも怒るときは怒るので「家事を全部、彼氏に任せる」「毎回デートに遅れる」などのやりたい放題の行動は控えた方が良いです。

癒し系男子と付き合うデメリット・注意点

逆に、癒し系男子と付き合うデメリットや注意点についてご紹介していきます。

女性のライバルが多い

癒し系男子はコミュニケーション能力もあるし、一緒に居て癒されるので、多くの女性が周りに集まってきます。

癒し系男子と付き合いたいと感じている女性は多くいるので、癒し系男子を彼氏にするには、高倍率を突破する必要が出てくるのです。

このように「モテ過ぎる」というのが、癒し系男子のデメリットですね。

仮に癒し系男子を彼氏に出来ても、癒し系男子がモテるという事には変わりはありません。

癒し系男子が彼氏となった場合、彼の周りには多くの女性が集まってくるので、浮気の心配などが出てきます。

癒し系男子は正義感も強い部分を持っているので、彼女を裏切るような事はしないとは思いますが、ハニートラップなどに引っかかる可能性もあるので、癒し系男子と付き合う際は女性の影を心配しながら付き合う事になるのです。

人気があり過ぎて変な知り合いが出来る

良い人の周りには多くの人が集まりますよね。

しかし、癒し系男子は誰にでも優しいので、それが仇となり変な知り合いも出来てしまう事もよくあります。

「お金をやたらと借りようとしてくる知り合い」「友達がいない為、やたら休日に遊びの約束をしてくる知り合い」「ギャンブル大好きな知り合い」

このような彼氏に悪影響を与える知り合いが多くいる場合は、休日に彼女とゆっくりデートも出来なくなってしまいます。

時には頼りないと感じる事もある

癒し系男子は「俺についてこい!」という感じでは無く「こうしたらどうだろう!」という提案型のタイプが多いです。

なので、時には「弱弱しい」と感じる事もあるかもしれないですが、口調が激しい彼氏よりも、口調が優しい彼氏の方がケンカにもならないので総合的には良いです。

依存してしまうと相手が疲れてしまう

癒し系男子は能動的というよりは受動的です。

なので、話をする時も聞き役に徹する事が多いですし、行動する時も人に影響をされて行動をします。

その癒し系男子の性質を利用し「言いたい放題」「ワガママし放題」を行ってしまっては、いくら優しい癒し系男子でもいつかは怒りが爆発します。
  • 「この人には何を言っても良いだろう」
  • 「この人は鈍感だから気づかないだろう

」と感じている彼女さんは注意した方が良いですね。

癒し系男子は観察力も鋭く、どちらかというと頭の回転は速い方です。頭の回転が速いからこそ「その場に応じた発言」が出来るのです。

なので、癒し系男子はしっかりと彼女から言われた事で傷ついています。

ただ癒し系男子は平和主義の為、優しくて怒れないのです。
 

彼女の度重なるワガママを「自分が我慢をすれば済む」と溜め込んでいったら、いつか心身共に疲れ切ってしまうので、癒し系男子に依存はし過ぎず、逆に引っ張ってやろうくらいの勢いで付き合ってください。

癒し系男子の落とし方は!?

では、どうすれば癒し系男子と付き合う事が出来るのか!?癒し系男子が好む女性の特徴についてご紹介していきます。

ワガママをあえて言う

癒し系男性はおせっかいが大好き!

人助けが好きな性格から、サポート役に徹する事も嫌な気にはならないです。

なので、あえてワガママを言ったり、相談をする事により「頼りされている」と感じさせる事が出来ます。

ただココで大事なのは適度なワガママを行う事です。

ワガママの度が過ぎると「助け甲斐がある女性」から「鬱陶しいだけの女性」に見られてしまうので、ワガママの度合いは間違わないように!

甘えさせてあげる

癒し系男性はいつもサポート役ばかりをやっていて、自分が甘えるという事が出来ない事が多いです。

なので「悩み事があったら言ってね」などと甘えさせてあげる事で、癒し系男性からの評価を上げる事が出来ます。

優しさをアピール

癒し系男性は性格が優しい平和主義者です。

その為、乱暴な女性は嫌いですので、癒し系男性に気に入られるなら「優しさ」をアピールするのが良いです。

人間は自分に似ている人を好む習性があるので、相手と似た行動をすることで、相手に親近感を与える事が出来るのです。

引っ張ってあげる

癒し系男性は「俺についてこいタイプ」では無く「俺がサポートをするタイプ」です。

なので、自分を引っ張ってくれる気の強いお姉さん系の女性に惹かれます。

私についてきなタイプの女性と付き合う事により、女性は癒し系男性のサポートを受けられ仕事・家事の効率を上げる事が出来、癒し系男性はサポートに徹する事が出来る。

部活では言うと、彼女がキャプテンで、彼氏が気の利く副キャプテンのような物ですね。

癒し系男子におんぶに抱っこはダメ!

このように癒し系男子には魅力がたくさんあります!癒し系男子は人としても大人なので、一緒に居て安心ですね。

しかし、癒し系男子におんぶに抱っこをし過ぎてもいけません!癒し系男子も人間です。感情を勿論持っています。

「この人なら怒らないから良いだろ」と感じて、癒し系男子に対して言いたい放題やりたい放題をしていると、いくら心の広い癒し系男子もいつかは怒りが爆発します。

部活を例にすると、部長に部員が頼りっきりで誰もサポートをしなかった結果、部長が疲れ切ってしまうような物です。

立派な人には立派なサポート役が大事。

なので、癒し系男性はサポート役に徹するのが上手いですが、時には癒し系男性のサポート役にも女性がなってあげてくださいね。

そして「自分の幸せの為だけ」に癒し系男子を利用するのでは無く「お互いの幸せの為」に癒し系男子と接するようにしてください。

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る