MOTETOKO

自分から振ったのに後悔が消えない!元彼との復縁8つのコツ

  • HOME
  • >
  • 失恋
  • >
  • 復縁
  • >
  • 自分から振ったのに後悔が消えない!元彼との復縁8つのコツ
comment please

SNSでシェア

  • twitter
  • はてなブックマーク
  • facebook

「復縁したい。しかも、自分から振っておいてなんだけど」彼に自分勝手で気まぐれな女と思われないでしょうか。

女の気分の浮き沈みに振り回された、と彼は感じていないでしょうか。

一度別れたけどやり直したい、と思うことは誰にでもあることで、とくに嫌いで別れたわけではない場合、彼から気持ちがなかなか離れません。

なんとか上手に復縁する方法はないでしょうか。今回は、自分から振った場合の復縁について8つのコツをご紹介します。


変な探りを入れない

彼との再会が叶ったり、メールで連絡が取れたとき、どのように接しますか?まずは「新しい彼女ができたのかどうか」が気になるのではないでしょうか。

もし新しい恋人がいるのなら、アタックするだけ無駄なので知っておきたい、と誰もが考えます。

しかし、このような変な探りは彼に警戒心を芽生えさせるだけでなく、不信感の原因ともなります。

「最近どう?」というぼんやりとした質問をすると「何を探ろうとしているんだ?俺のことを振っておいて。傷心中の俺を馬鹿にしているのか?」とまで、男性は考えることがあります。

もう別れたのですから、男性は「何か用事があるのか、もし用事があるならなんなんだ」とはっきりして欲しいと考えていますので、意味深な質問を投げかけてはいけません。

別の男の話題を持ち出さない

復縁したい人は、ときに別の男の存在を匂わせることがありますが、これも間違いです。

復縁を望んでいる場合、「新しい彼氏、できたんでしょ?」と言われても「いないよ」と突き通してください。

さらに、新しい男性の影を匂わせる行動もNGです。

別れた彼は、彼女がさっさと新しい男へ行ってしまうものだと思い込んでいます。

しかも、プライドの高い女性ほど、独り身であることを隠そうとして、男の影を匂わせます。すると彼は最初は復縁の可能性を持っていても、徐々に冷めていきます。

もし彼と再会するような機会を得ても、あっけらかんとして「新しい彼氏なんかいないよ?」と、完全にフリーであることを主張しましょう。

言葉だけでなく、行動も重要です。

メールで済ませない

「彼と会う理由もとくにないし、最近元気かどうかとりあえずメールで聞いてみよう」という軽いノリでメールしてはいけません。

以下で、彼の頭の中に浮かぶことを解説します。

今更何の用だ?と思われることも

振られた側である彼は、振られたことを根に持っている可能性があります。

中には怒り出す人、不機嫌になる人もいて、女性側がいくら他愛のない質問をしたところでカチンときます。

しかも、電話でも対面でもなく、メールで質問してくることに腹が立ちます。

メールで連絡する、ということは「メールで連絡する程度の人」、「雑に扱ってもいい人」と受け取られてしまう可能性があります。

LINEも同じです。彼の気分を逆なでする原因となるので、特別な用事がない限りはメールを送るのはやめましょう。

メールは顔が見えない

当然ですが、メールは相手の顔が見えません。

復縁を望んでいるのに、相手にはそう伝わらないため誤解が生じやすいです。

とくに振られた直後の男性は疑心暗鬼で、彼女の一挙手一投足に期待と不安を抱いています。彼女に対するイメージも空回りしやすいです。

デリケートな時期は誤解は避けたいので、顔の表情がわかる対面がおすすめです。ただし、会う約束を取り付けるためのメール連絡(事務的な)はありでしょう。

小さなお願い事をする

別れた直後の男性は、よりを戻したいという気持ちがあります。

人によってその気持ちの大きさは違いますが、彼女から別れを告げられた場合は「別れたくない」という気持ちが大きいはずです。

そのため、何かきっかけがあれば彼女と関係を修復できるのではないか、という気持ちと、男としてのプライドが同居しています。復縁したいけど、頭は下げたくないのです。

そこで、女性側から復縁を申し出る場合は、女性側が折れる形でアプローチするのがおすすめです。

とは言え媚びるのではなく、何か一つ“小さなお願い事をする”のがおすすめです。

映画に付き合って欲しい

「見たい映画があるんだけど、友達にキャンセルされたから付き合って欲しい」このような依頼をされた場合、彼に時間の余裕があれば付き合ってあげようという気持ちになります。

彼にとってこれは“奉仕活動”なので、あくまで「付き合ってあげている」という感覚で誘いに乗りやすいからです。

もちろん、下心はあります。映画以外に、食事でもいいでしょう。

もちろん誘ったからには、ここで復縁の話を持ち出さなければならないのですが、彼は“お願いされている立場”なので、復縁の話題を出されても「しょうがねえなあ、復縁してやるよ」という気持ちでOKを出しやすいです。

映画に誘う以外に、力仕事系の依頼(引越し作業や家具移動)などもおすすめです。

彼は「○○してあげている」という立場から、強気に出ることができるので復縁しやすい状況を作ることができます。

何が悪かったかはっきりさせる

復縁しても、また前回と同じように別れてしまうのでしょうか。

同じ過ちを繰り返さないためにも、何が原因で別れたのかをはっきりさせましょう。もし悪い点があるのであれば、お互いに改善しなければなりません。

別れの原因は、カップルによってそれぞれ違います。

忙しくてなかなか会えない、といったものから、彼(もしくは彼女)の浮気など、それぞれカップルごとに原因があります。

言い換えれば、改善点さえ明確になれば、今後二人はうまくやっていけるということでもあります。

企業の“経営方針の見直し”のように、「こうすれば改善できます」という提案ができるように用意しておきましょう。

一度別れた自覚を持つ

復縁で失敗しがちなのが、復縁を迫る方に“別れたという自覚がない”というケースです。

これは男性から女性へでも、女性から男性へでも同じなのですが、お付き合いの延長があると“馴れ合い”が生じます。

別れたことによって、距離が離れたのにも関わらず「私たち付き合ってたんだからいいじゃん」というような空気を出すと、相手は“他人のくせに失礼だ”と感じてしまうのです。

これは「別れたとしても、恋人じゃなくて友達だよね」と考えている人に多い感覚なのですが、相手は馬鹿にされていると感じることが多いので注意しましょう。

“近しき中にも礼儀有り”なので、一度しっかり別れて、恋人でも友達でもない関係になったことを自覚しましょう。

やり直しではなく「新しく始める」心持ちで

しっかり別れたことを自覚したら、復縁するためには“新しく始める”という感覚が大事です。

つまり、彼に好きになってもらうことから丁寧に構築していく必要があります。

もちろん、別れたからといって今までのことが完全にリセットされるわけではないのですが、新しく始める感覚でアプローチした方が、相手側が「自分って、この人に大事にされているんだな」と感じます。

そのため「別れてみたけど、嫌いになれなかった」というより「別れてみたら、ますます好きになった」という表現の方が、今後に希望が持てます。

「以前は付き合っていたんだから、お互いに好きになるまでのアプローチを省いて途中からやり直す」のではなく、新しく出会ってまた最初からやり直す感覚で復縁を迫ったほうが、彼も本気に捉えてくれます。

素直に告白する

復縁を切り出すときは、変な演出はやめましょう。

「あなたがやり直したいんじゃないかと思って」や「お互いもう年だし、別れるより続けたほうがいいのでは」など、言い訳のような文言は見苦しく感じられます。

ここは素直に「一度別れたけど、好きだから付き合ってください」とストレートに切り出しましょう。

また「もしもう嫌なら潔く諦める」という内容もセットにしましょう。

別れた彼女から復縁したい、という申し出は元彼としては嬉しいことですが、すでに気持ちが切り替わっていたり、新しい相手がいる場合もあります。

はじめて付き合う前と全く同じですが“素直さと潔さ”は常にセットです。誠実な態度であれば彼も本気で考えてくれます。

ある程度お付き合いを重ねて、お互いの事を知った上での再告白なので、彼も真剣に考えてくれるでしょう。

復縁は上辺だけの付き合いではなく、お互いの人間性の勝負です。

自分から振った罪悪感は不要!やり直す気持ちを固めよう

どういう理由で別れたにしろ、復縁を申し込む段階で罪悪感は不要です。別れを切り出した方が悪い、という固定観念は捨てましょう。

何らかの理由で別れなければならなくなったのだとしても、それが無駄な別れだったわけではないからです。

離れてからわかったことや、離れてみて気がついたこと、お互い学ぶことがあったはずです。それを踏まえて、復縁できたとしてもできなかったとしても、それは大きな収穫だったと言えるのではないでしょうか。

やっぱり好き、もう一度お付き合いできるならしたい、という気持ちが本物であれば、あとはそれを上手に彼に伝えるだけです。

雑念を振り払って、まっすぐ伝わるようにしましょう。

comment please
  • twitter
  • はてなブックマーク
  • facebook

SNSでシェア

コメントをどうぞ

コメントを残す