彼氏に対してイラつく!腹が立つ原因とイラつくときの対処法

最近、彼氏に対してイラつく。もしかしてこれが倦怠期?なんておもっていませんか。

何をしていてもイラつく、この原因は一体何なのでしょうか。さまざまな疑問についてまとめてみました。

一緒にこのイラつく原因を探っていき、対処していきましょう。


彼氏に対してやたらイラつく原因

今までは何ともなかったはずなのに、最近になってやたらイラつくようになり、彼氏の悪いところばかりが目につくようになってしまった、なんていう経験はありますか。

どうしてこんなにもイラつくようになってしまったのか、これが世間でいう倦怠期というものなのか、原因がはっきりわかれば対処法も見えてきます。

倦怠期に突入してしまい、彼氏に対するイラつくその原因について詳しく見ていきましょう。

理想よりも現実のほうがより見えるようになってしまった

付き合いたての頃、しばらくは淡い気持ちを抱き、「彼氏とずっと一緒にいることが何より幸せ」と、将来に対しても夢があふれて、理想が広がっていたに違いありません。

どんな失敗でも許せてしまい、むしろかわいいと思えるほどだったのではないでしょうか。デートでも一緒にいるだけでいい、とそんな気持ちだったはずです。

しかし、だんだん慣れてきた頃に、少しずつ現実を目の当たりすることになります。

部屋で一緒にくつろいでいた時や、食事中など、今まで気にしていなかったところが目につくようになり、がっかりしてしまったり、注意しても直らなかったり、だんだん理想とかけ離れた現実の違いに、イラついてしまうのかもしれません。

自分と違う価値観が少しでも見えてしまうと、イラついてしまうというのは、だんだん彼氏を冷静に見ることができるようになってきたからなのです。

理想と現実の違いが大きすぎる

イラつく原因として、あまりにも付き合いたてのことの理想と、今の現実の違いが大きすぎるほど、イラつき度がぐんと増します。

どんな部分も許してしまっていたところが、今になっては許せない、と一度短所なところを見てしまうとそれが大きく感じてしまい、「初めはこんなはずではなかったのに」と感じてしまいます。

冷静に見れるようになってきたということは、決して悪いことではないので、何とかして乗り越えたいところではあります。

より信頼関係を築きあげて、深い関係になってきた証拠

うわべだけの付き合いよりも、しっかりとお互いを向き合って付き合ってきた人だからこそ、倦怠期を迎え、イラつくようになってしまうのです。

些細なことでも気にしてしまうほどの関係性ができてきたのですから、そこを何とか乗り越えてこそ、信頼し合えるカップルになっていくのではないでしょうか。

深い関係になってきたからのですから、イラつくけれども、そこをどう受け止めることができるのか、うまく改善していけるかが乗り越えるためのカギとなってきます。

乗り越えたい!彼氏にイラつくときの対処法!

どんな時も彼氏に対してイラついてしまう、という場合の対処法をご紹介していきたいと思います。

うまく対処していくことで、この時期をどうにか乗り越えたい!と思っている人必見です。

友だちと話をしたり遊んだりしてストレスを発散させる

ひとまず、イラついている彼氏のことについて、友だちに話を聞いてもらいましょう。

話すということで、ストレス発散になりますし、カラオケやショッピングといった気分転換をはかるだけでもだいぶ気持ちはすっきりします。

彼氏に対するイラつくことを、友だちに話をするだけで笑い飛ばせることができますので、効果は期待できます。

あなたの思いを素直に伝える

彼氏に対して、初めは不満があっても我慢してきたり、言いたくても言えなかったりということがあったはずです。

あまりにも彼氏の行動や初圏でイラつくことがあったら、素直に「それはいやだな」、「そういうことはやめて」と伝えましょう。

この先長い付き合いとみるのでしたら、きっと小さなうちに直していかなければならなくなるでしょう。


後あと大きなケンカに発展しかねませんので、目に余る小さなうちに、気持ちを伝え、改善してもらいましょう。

ただ注意したいのが、いつも一方的にいうのではなく、「どうしてもらいたいのか」をちゃんと伝えることができれば、彼氏も聞き入れることができるでしょう。

乗り越えなくてはならないことだと割り切る

いいところだけでなく、悪いところも見えるようになってきたということは、前向きにとらえればそれは仲が深まってきたということでもあります。

この先のことを考えて、信頼関係を築いていくには避けては通れない道だと割り切り、前向きに物事をとらえるようにしていきましょう。

イラつくことは悪いことではない!

付き合っていくうえでほとんどの人が迎える倦怠期。

彼氏に対しても、このイラつきは長い付き合いのほんのちょっとの期間だけと考えれば、乗り越えていくことができるはずです。

上手に発散していきながら、意識を変えて頑張りましょう!

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る