食べるのが大好き!くま系女子に当てはまる10個の特徴や性格

大柄でのんびりしているイメージを感じさせるくま系女子。彼女たちにはどんな共通点があるのでしょうか。

今回はくま系女子の性格、特徴についてご紹介いたします。

自身、周りの友人に当てはまっている部分はないか、意外性を楽しみながら見ていくのもおススメです。

くま系女子の性格、特徴とは?

くま系と捉えられる女性の共通点とはどういったものが挙げられるのでしょうか。

ぽっちゃり体型

くま系女子は体型がふくよかなことです。

体重は平均的だとしても、何となく肉付きが良く見えたり、触った感触もぷよぷよと気持ち良さがあります。

いわゆるぽっちゃりさんに括ることが出来、第一印象として”優しそう”と感じられることも多いです。

身長も高めの部類に当てはまり、時に「おんぶして」と周りの友人から甘えられるように、このように、体型を見てお願いをされることも実際少なくはありません。

本人的には「痩せたい」「小柄な女の子が良かった」と内心コンプレックスに感じている場合もあるように、可愛い一面こそ秘められています。

存在感があるので、コソコソしてても目立つように見方を変えれば損しやすい性格だったりするでしょう。

とはいえ不思議と愛されることも多く、周りからは無くてはならない存在としても思われやすいです。

また、手や足といった一部分も、平均的な女性のサイズ感よりも大きいところがあるでしょう。

おっとりしてる

おおらかなことです。焦らず急がず、スピードも他の人と比べてみてもわかるように断然遅め寄りです。

何をされても笑っているように、まるで女神様のような優しさをくま系女子から感じられることでしょう。でも、酷い言葉に対しては表に出さないだけで内心傷ついてしまうように、非常にナイーブです。

おっとりしていて、かつ人を追いかけるような立ち位置に収まりやすいですが、ここぞという時にはスピードも速まります。

また、マラソンなどでは最下位から数えた方が早いですが、短距離走では速い部類に入ることもあったりするでしょう。

常にぼーっとしているというような、側から見たら”不思議ちゃん”に感じられることも度々です。

リアクションもワンテンポ遅れて発することが多いので、そのまま天然キャラの称号を獲得する方も珍しくはありません。

とにかく優しい

気持ちが優しいことです。

困っている人を見かけたら、そのまま放っておくことが出来ずに手を貸します。頼られたら頼られたで「私で良かったら」と力の限り尽くしてくれます。

しかし、良い人だからこそ悪い人から目をつけられやすく、時にあれもこれもと雑用を言い渡されてしまうことだってあるでしょう。

それでも悪態をつかずニコニコしているようにどこまでいっても優しい人です。

人の感情も汲み取ることが得意で、悲しんでいるか喜んでるか、はたまた怒ってるか瞬時に察知していきます。人当たりがよく汚い言葉も極力使わないので、くま系女子こそ人望も集まりやすいです。

逆に誰かから優しくされると戸惑ってしまうように、可愛い一面も垣間見られることでしょう。

怒らせたら怖い

激怒させると怖いことです。

いつもは優しいですが、積もりに積もった鬱憤が爆発してしまうと、いつもとは程遠く、派手に怒ってしまうことがあります。

一度キレさせたら、しばらく元に戻らないように、時々このような性格のギャップを感じることがあるでしょう。

怒る他にも、悲しい気持ちの限界で、思いっきり涙を流して取り乱すように、何事も感情が一度に噴出してしまいやすいです。

このことからも、日頃から自分の気持ちを”ほどほど”に発散していくのが苦手なことがわかります。

また、小さな言葉が引き金となるように、怒らせるきっかけは些細なものであることが意外にも多いでしょう。

くま系女子の気持ちをなだめさせる方法として、形ばかりの謝罪では心に響かず、誠心誠意を持って謝ってくれていると感じないと決して許しません。

うってかわって通常時の優しい性格に戻ったら、怒った時の取り乱した自分を恥ずかしく思うため、触れないで欲しいというオーラをやんわりと出し始めます。

みんなの注目が集まることは苦手

ひっそりとして生きていたいことです。

何か派手なことをしてみんなの注目の的になるよりも、平和に隅っこの方に居たい特徴があります。

全員を仕切るような役割も任せられたくなくて、どちらかというと縁の下の力持ちのような存在を好んでいます。それでもみんなから注目を浴びるものなら、顔が真っ赤になったり、やはり平常心ではいられなくなることでしょう。

とは言え、良い意味で目立つなら、言わないけど内心では嬉しいと感じていることが多いです。

また「このままではみんなの気を引いてしまう」という状況を事前に察知するのも得意で、のらりくらりと器用にそういった場面を交わしていきます。

食べることが好き

食欲旺盛なことです。美味しいものなら何でも好き、目の前に出された料理なら残さずペロリと平らげてしまいます。

また、今まで食べたことがないような美味しいものに出会ったら深く感動し、短期間そればかり食べるというやり方を取ってしまうこともあるでしょう。

“食べてる時がこの世の中で一番幸せなこと”と感じる方も多いです。食べっぷりが良すぎて、一緒に食事をしている人が料理を残そうすれば、すかさず「これ食べていい?」と目を輝かせて聞いたりします。

食べ放題なんかに行けば、出されてあるメニューを全部制覇することもあるくらいです。

とは言え、恥じらいもきちんと持ち合わせている為、食欲の本気を出してはいけない場面だとわかれば、ある程度はセーブをします。

また、美味しいものをよく振舞ってくれる人に対しては、必ずとても高い好感度を抱くように、そんな”ちょろい”一面も垣間見られます。

仲間を大切にする

友人思いなことです。

一緒にいてくれる人たちをとても大切にして、日頃の感謝を忘れることも一切ありません。むしろ自分のことよりも友人を優先にする割合も多く、世話焼きな一面こそ見られるでしょう。

困っている人を見れば必ず手を差し伸ばし、最後まで投げ出さずに力を貸してくれます。

「ありがとう」とお礼を言われたら、そこで生きててよかったと最大限の喜びを得ることもあるくらいです。

しかし、仲間を大切に思うあまり、過度に尽くすような特徴もある為、時に「しつこい」と心無い一言を伝えられてしまうこともあるでしょう。

気持ちは落ち込みますが、決して相手のことは嫌いにならず「どうするのが一番良いんだろう」と健気に前向きな意見を出していきます。

「相談聞いてくれる?」と頼まれたら、例え夜中であっても親身になり、最終的には傷つけることもない助言を相手に伝えます。

そんな優しい性格からか、そこまで他人から恨みを買うことも少ないです。

された嫌なことはいつまでも覚えている

意外にも執念深いことです。

誰かから何かされて嫌だと感じたことはいつまでも記憶に残します。また、その方が近寄って来たら、器用に距離を取ったりあまり深く関わろうとはしません。

たまに夜寝る前にされた嫌なことを全部思い出して、悲しくなったり、繊細な一面も含まれていることがわかります。

しかし、後で復讐するわけでもなく、ただ深い記憶に残しているだけというように、実は手放し方もわからなかったりします。

逆に、されて嬉しかったこともいつまでも覚えているように、起こった出来事の記憶力は抜群に良い方です。しかし、その記憶も果たして正確かと思えばそうでもなく、少し間違って解釈している場合も多いでしょう。

方向音痴

道に迷いやすいことです。

地図を手元に持っていても正確に目的地にたどり着けないこともしばしばです。結局人づてに聞いて無事到着するように、抜けている一面があります。

誰かといれば迷ったりもしませんが、一人だけ放っておかれると不安度も増します。一度行ったことのある場所でも「どこだっけ」と途方にくれることも珍しくないように、どうしても中々にたどり着けません。

誰かと待ち合わせをするにしても、迷いに迷って一発で成功することも少なく、自分自身に対して「どうしてだろう」と失望してしまうことも少なくありません。

方向音痴とはまた違ってますが、映画に行った時なんかでも途中で席を立つと、戻る際に「どこの席だっけ」と自分の席が探せなくなることがあります。

家庭的な一面もある

包容力が凄いことです。料理をするのが得意だったり、子供達と関わるのも苦手じゃなくむしろ大好きと、母性的な特徴も持ち合わせています。

部屋の掃除をすることもスッキリするので好き、誰かのために尽くすことも自分自身が何よりも幸せに感じられるので苦になりません。まさしく良いお母さんになる確率も高いです。

とは言え、甘やかすのは得意ですが、甘えるのは実は苦手なように、そんな場面がおとずれたら、実はたじろぎやすかったりします。

日々の頑張りを一言二言褒めてもらえるだけで「もっと頑張ろう」とした、やる気につなげるのも非常に得意です。

でも時に全てを投げ出したくなるように、エネルギーを使い果たして、一歩も動き回りたくない時期もやってきます。

くま系女子は隣にいるとホッとする!

くま系女子はぽっちゃりしていて、かつ母性的な雰囲気を感じるため、一緒にいてとてつもなく安心感があります。

仲間思いで信頼感も高く、なおかつ食べ物が好きでその食べている様も幸せそうに思えるので、ホッとできる存在とも捉えられるでしょう。

しかし、怒らせたら怖いように、あまり無理をし過ぎると自分自身をコントロールすることもできなくなってしまう特徴があるため、ストレスはこまめに発散する必要があるでしょう。

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る