男性がキュンとする言葉12選!片思いを成就させる効果があるかも

好きな人にどんな言葉をかけられたいですか?「彼氏からこんな言葉をかけられたい!」という願望は誰しもあります。

では男性はどうでしょうか。男性にも「女子から言われたらキュンとしてしまう」という言葉があります。

今回は、そんな男性をキュンとさせる言葉を12通りご紹介します。

大好きな彼に振り向いてもらいたい、たまには彼氏をキュンキュンさせたい、という方は積極的に使ってみましょう。


ふとした瞬間に言われる「〇〇君って本当にかっこいいよね」

男性は“自分はかっこいいはずだ”もしくは“かっこよくなりたい”という思いがあります。

そのため、女性(どんな女性であっても)から「かっこいい」と言われると嬉しくなります。

本人はほぼ無意識のうちに反応しているので「なぜこんなに嬉しいのかわからない」といった感じですが、実際に女性から「かっこいい」と言われる機会はあまりなく、言われたいのに誰も言ってくれない、という現実があります。

本当にイケメンでかっこいいを聴き慣れている人なら露知らず、一般の男性はあまり女性から「かっこいい」とは言われないため、この言葉をかけてあげることでかなり効果があります。彼のハートをがっちり掴む言葉です。

特にすごいことをしたつもりが無い時の「〇〇君ってすごいんだね!」

使い方にもよりますが、褒め言葉として最も簡単に男子をキュンとさせる言葉が「すごい」です。

すごいを使うと「何がすごいのか?」という疑問も発生しますが、言われて嬉しくない男子はいません。

「すごい」とは相手への尊敬を表現する言葉でもあります。単純な男性は「そうか、俺ってすごいんだ」と勝手に解釈するので、簡単にキュンとします。

ただし、誰にでも連発する、口癖のように使うとなると「あいつは誰にでも言うんだな」ということになるので、時と場所、使う相手を選ぶようにしましょう。

照れくさそうに言われる「尊敬しちゃうな」

男性は尊敬されたいと思っています。ファンが欲しい、崇めてもらいたい、という願望にも似ていて、特別な存在になりたいと考えているからです。

一番になりたい、有名になりたい、という願望とも似ています。

残念ながら、普通の人はなかなか有名にはなれませんし、誰かから尊敬される存在になるのは難しいです。

そこで、彼の尊敬できる小さな一部分を見つけて「尊敬する」や「尊敬しちゃう」という言葉をかけてあげることで、彼をキュンとさせることができるでしょう。

笑顔で言われる「ありがとう!」

男性は誰かに感謝されたいと思っています。

そのため、下心があってもなくても「ありがとう」と言われて嫌な気分になる人はいません。男性にとって、女性からのありがとうは“報酬”です。

よく親戚に赤ちゃんが生まれて、かわいいから玩具を買ってあげたくなる、という人がいますが、このような人たちは赤ちゃんを喜ばせたいと思って奉仕しています。ありがとうと言われれば等価交換できたかのような錯覚を覚えます。

つまり「ありがとう」はお金のかからない対価であって謝礼金のような役割を果たします。

彼にちょっとしたことで「ありがとう」と言うことで、彼はまるで報酬をもらったかのような満足感を覚えキュンとするでしょう。

共通点が合った時の「私と同じだね!」

共通点を見つけて「私も同じ」と言うことも、男子をキュンとさせます。

たとえば、スマホカバーが同じメーカーのものであったり、着ている洋服のブランドが同じ、というのでもいいでしょう。

この「私と同じだよ」という言葉は、男性には”私たち仲間だよ”という意味に感じます。東京に引っ越した人たちが、同じ故郷の人同士で知り合うと仲間のような感覚になりますが、それと似ています。

警戒心の強い男性が多いですが、共通点のある仲間同士だから警戒しないで仲良くなろう、という言葉なので、仲間を見つけたと感じた男性はキュンとするでしょう。

疲れている時に心配した表情で「大丈夫?」の一言

男性の願望の中には「心配されたい」というものがあります。

甘えたい、甘やかされたい、とも共通しますが、女性から心配されて声をかけられると無意識にキュンとします。

疲れている様子であったり、風邪をひいている様子がある場合に「大丈夫?ちょと休憩したら?」のような優しい声をかけてあげるといいでしょう。

ただし、あまり無闇に連発すると効果はなくなります。

食事をした時の「美味しい!」の一言

男性は女性が美味しいものを食べる様子を見るのが好きです。

大食いがいい、というわけではなく、美味しそうに食べている姿に性的な魅力を感じるからです。

そのため、ご飯でもお菓子でも、美味しそうに食べて「美味しい!」と笑顔で言うと、それだけでキュンとします。

好きな男性の前では、遠慮なく美味しそうに食べましょう。

素直に感情表現する「眠たい」や「お腹空いた」

男性は女性の“食べている姿”も好きですが、それと同じくらい“眠っている姿、眠ろうとしている姿”も好きです。

そのため、子供のように眠そうにして「眠い」と素直に呟くだけでもキュンとします。我慢せず、眠いときは眠い、お腹がすいたらお腹がすいたと言いましょう。

ただし「眠い」とだけ言えば、ただのわがままや愚痴にも聞こえることがあるので、眠くても眠っていられない状況の時は「眠いけど頑張る!」とポジティブな表現に置き換えて表現するといいでしょう。

2人きりでポロッと言われる「寂しいな」というセリフ

秋から冬にかけて、人肌恋しい季節になると誰もが少し寂しい気分になります。

この「寂しい」という言葉は、男性は弱音を吐くことになるので、あまり自分の口からは言えないセリフのひとつです。

寂しいな、という気持ちになってもあえて人に聞こえるように言葉にしない人が多いです。そこで、それを代弁してあげるように「寂しい」と言ってあげることで、男性はキュンとします。

また、女性が「寂しい」と言うことによって男性は「あれ?もしかして誘ってるのかな?」と想像しますので、そこからキュンに繋がる可能性も高いです。

ちょっとした頼み事などをするときの「お願い!〇〇君じゃないとダメなの」

男性は女性からの「お願い」に弱いです。

下心があってもなくても、お願いされると断れない男性は多く、これは「かっこいいと思われたい」や「感謝されたい」にも繋がります。

あえて彼が簡単にできそうなことをお願いして、達成してもらい、感謝するという流れで距離を縮めていく女性は多いです。

大きなお願い事ではなく

  • 簡単なお願い
  • 小さなお願い

であることがポイントです。

また、男性は困っている女性や、助けを求めている女性に弱い、というのもあるので、彼をヒーローにするためにあえて困っている女性を演じるというのも有効な手段です。

この場合、お願いされた時にキュンとくる上、それを達成したときにキュンとし、さらに感謝されてキュンとする、というトリプル効果があります。

突然の「〇〇が好き」という言葉

男性は何気ない女性の一言に対し「え?俺のこと?」と反応してしまうことがあります。

その男性のことを言ったわけではないのですが、なぜか関連付けて想像してしまことが多いようです。

そのため、女性が「かわいいぬいぐるみが好きなんだよね」と言ったとすると、男性は「え、俺のことが好きって言った?」と反応します。とくに「好き」という言葉には反応するようです。

男性は無意識のうちに“女性にモテたい、ちやほやされたい”と考えてしまいます。

メールの最後にハートマークがあるだけで「俺に惚れてるんだな」と勘違いするくらいなので、どんどん勘違いをしてキュンとしてもらいましょう。

彼のことが好き、という話を彼の前でするということではなく、会話の文中に「好き」を多く使うことがポイントです。

内容は「ラーメンが好き」でも「映画が好き」でもなんでもいいです。

また、好きなものの話をしているときの女性は自然と笑顔が多くなり、魅力的に見えるので、彼との会話や彼の近くで会話する際は、嫌いなものの話ではなく好きなものの話をたくさんしましょう。

子供のようにはしゃぎながら「楽しい!」という一言

楽しい気分のときに思わず「楽しい!」という感想を言ってしまうことがよくあります。

どんなテンションでも構わないのですが、楽しいときは素直に「楽しい」と言いましょう。

男性に限りませんが、みんなが楽しそうにしている様子や、楽しそうな様子の人をみると良い気分になります。よほど卑屈な性格の人でない限り「よかったね」と思います。

男性は楽しそうにしている女性を見ると嬉しくなります。悲しい顔や元気のない様子は見たくありません。

我慢をしたり無理をする必要はないのですが、できるだけキュンとさせたい彼の前では、楽しそうにしている方がいいでしょう。

また女性よりも男性の方が“空気を読む”ということが苦手なので、楽しそうにしているだけではそれが伝わりません。楽しいそうにしているだけでなく言葉にして「今とても楽しい!」と伝えることで「ああ、楽しいんだ!」と理解してもらえます。

ポジティブな女性の発言にキュンとくる男性は多いので、ほかにも「嬉しい」や「また来たい」などのわかりやすい言葉で表現しましょう。

明るくて柔らかい女性の発言に弱いのが男性

男子が思わずキュンとしてしまう言葉は、ポジティブな言葉が多いです。

明るくて元気で柔らかく、男子を癒すような言葉です。また、素直さや誠実さ、優しい気遣いが感じられる言葉にも弱いでしょう。

また、褒め言葉にも弱いので、ちょっとした良い部分を見つけたら「すごいね!かっこいいね!」と褒めるだけでもかなりキュンとします。男子本人はあまり自覚がなくても「この女子から声をかけられるといい気分になるな」と思わせることができたらチャンスです。

言葉をかける、声をかける、ということは手間こそかかりますが、労力はあまりいらない簡単なアプローチです。

好きな彼には、彼が元気になるポジティブな言葉をどんどんかけてあげましょう。

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る