LINEの返信が早い男性は脈アリ?好意があるか無いかを見抜く方法

LINEの返事が比較的早い男性の心理とは、どの様な気持ちを持ち合わせてくれているのか、気になるところですね。

また、早いながらに確実に脈ありと断言出来る行動、逆に好意的とは言い切りにくい行動等も、合わせて知りたいポイントです。

内情をきちんと理解することが出来れば、今まで以上に関わり合いも楽になるでしょう。


LINEの返信が早い男性の特徴、心理

LINEのレスポンスが早い男性の特徴、心理とはどういったものが挙げられるのでしょうか。

この人と「もっとやり取りしたいな」と感じている

結論から言ってしまえばLINE相手であるあなたのことが好きだからです。

もっと色んなことを知りたい、距離を縮めたいという想いから、自然に返す速度も早くなります。

時には、返事の速度を落として「どうしたのかな?」と少々の違和感をあなたに抱かせたいと感じますが、どうも上手くいきません。逆に同じ目に合えば、嫌われたんじゃないかと酷く落ち込む傾向も伺えます。

LINEのやり取り仲を通り越して、遊びに誘ってみたいという願望も湧きますが、中々切り出すことが出来ず何気ない会話だけがただ行われます。

兎にも角にもあなたを良いなと感じているからこそ、返事の切り返しが早いのです。

とにかく誰かとLINEのやり取りをして、自分の心を癒したい

根っからの寂しがり屋な男性です。誰かと常に繋がっていないと不安感を抱き、仲間外れにされるものなら自尊心も滅茶滅茶に傷付きます。

このような方は相手は誰でも良い、構ってくれればどんな人でも心が満たされる、という本音を持つ方が多いです。

また、過去に人間関係で嫌な思いを経験したことのある男性だったり、安心感を持つことがそもそも出来にくい体質だったりするでしょう。わからないうちはその孤独感を埋めることに躍起になってしまい、LINEのやり取りもとにかく続けたがります。

既読無視されるものならば

  • 「嫌われた」
  • 「何か変なことを送ってしまったからだ」

と自分自身を一方的に責め、相手の顔色を伺う日々だけが延々と続く男性であると言えるでしょう。

早く返事しないと不快な思いを抱かせると、強迫観念が人よりも強い

返事を直ぐに返さないと相手に迷惑がかかると捉えた心優しい男性です。

メッセージ内容が疑問符、質問で終わっている形式であるほど、返さなければならないという強迫観念が強まります。

また、同じように直ぐ返事が返って来る瞬間にも高い満足感を得ているので、数分でも遅れが取られるものなら、モヤモヤとした違和感までもが生まれます。

このような方は、数分返事を返すのを遅れただけでも、相手からくどくど嫌味を言われた過去を持つ様に、返す速さを常に最優先させているのです。そこには相手を敬う肯定した気持ちはあるものの、怯えも入り混じっているので正真正銘の好意的な感情とは言い難いでしょう。

LINEは好きですが、返さなきゃいけない謎の使命感により、どっと疲れてしまう方も多く、合わせて、ぷつんと限界が来てしまうと、前触れもなくアカウントを削除しやすいです。

本命の相手にしか行わない!脈アリなLINEのメッセージ内容、行動

返事が早いながらに脈アリの相手にしか行わない内容、行動とはどう言ったものが挙げられるのでしょうか。

短文ではなく、話題をポンポンと生み出してくれる

「うん」「そうそう」など短文で返ってくるのではなく、適度な文章量、そして新たな話題も混ぜられた内容です。

あなたとのLINEを惰性で行なっている可能性は0に近いでしょう。かつ、あなたのことを色々知りたい、興味を持っていると文面からひしひしと伝わってくるはずです。

中には元々人見知りでなんて返して良いのかわからず、素っ気ない返事を送ってくる方もいますが、そんな方は、そもそも返事も早くはないでしょう。

もしも「適当な文面を使って来ている」と感じたら、相手を試すようにわざと時間を開けて返す方法がおすすめです。

そこからはやり取りの頻度も自然と下がりをみせることでしょう。

何の脈略もなく恋愛系の話題を持ち出してくる

「話変わるけど、好きな人はいるの?」という様に唐突に恋愛話を含んだ内容です。やはりこの様な話は興味のない相手に対して決して行うことはないでしょう。

恋愛の話から徐々に、どんな人がタイプか、嫌いなタイプはあるのか聞き出して、参考にしようという魂胆が見え見えです。

彼氏がいないと打ち明け「意外」などと返事が来るなら、内心喜びを得ていることでしょう。逆に恋愛話の時に、より一層返事が早くなる男性もいるので、さり気なく返ってくる速さを計測して置けば気持ちの度合いも丸わかりです。

もう一つの可能性は、彼の友人から聞かれてとお願いを受け、代理であなたに恋愛事情をあれこれ聞いているケースも考えられます。

出来るだけ真意を素早く把握しておく形が理想的でしょう。

策士な方であれば、脈絡を意識し滑らかに恋愛話に移行してくるので、そのような相手は手数も打ってると読み取れます。

「大丈夫」「そんな時もあるよ」など肯定的な内容が普段から多い

批判する言葉を述べるのではなく、あなたを庇う文面が常に多い男性です。

日頃の愚痴、コンプレックス部分を文面に混ぜた時、すかさず相手はフォローを入れてくれますか?

常に「ドジだからだよ」「本当にダメだなぁ」と一言も慰める文面が無ければそこまで大事には思われていません。脈ありであれば、例え少々なじる様な文面が混ざっていても後半で嬉しい言葉をかけてくれます。

基準は曖昧ですが、わかりやすいテクニックを挙げるならば、彼とLINEのやり取りをしてどういう気持ちでいることが多いか振り返る手段です。

ムカムカしたり悲しい気分になることが多いなら、脈ありではなく、そもそも相性も悪いでしょう。

逆に元気をもらえる、こちらもつい早く返事を返したくなるなら、脈ありと受け取ってください。

また、気づいていないだけで、あなたも相手に対して肯定的な感情が浮かんでいます。

次の日も続けてやり取りをしてくれる

シャイな男性に多い手法、夜遅い時間になったら意図的にLINEを自分のところで止まらせ、翌日にも続かせる行動です。

「おやすみ」と言い合ってしまえばそこで会話も終わり、どちらか新たにやり取りを始めないと、再度やり取りを行うことも難しいのです。

その様な場面を極力避けたいが為に、次の日の朝ひょうひょうとLINEを送ります。更に照れ屋な方であれば、返しやすい質問文が来た時に翌朝までストップさせ、強みを抱いた上、返事を出す男性もいる程です。

どちらにせよ、この様な方法を入れ込んで来たら、ほぼ100%に近い確率で好きと彼の中で思われていると実感して良いです。

より確実なものとして受け取る為に、偶然ではないか何度かやり取りして、”どれだけ夜を明けて送ってくれるのか”確かめてみましょう。

そこでやっと相手の本心に気がつく女性もいる筈です。

返事が早いけど脈なしのメッセージと行動パターン

返事は早いにも関わらず、脈なしと受け取れる内容、行動とはどう言ったものが挙げられるのでしょうか。

話題の中心内容が第三者に向けられているもの

LINEの内容が、二人に関しての話題ではなく、第三者に向けられているものです。

例えばあなたの女友達について深く追求されるものなら、やはり好意的な気持ちは抱かれているとは感じ受けにくいです。

たまになら大丈夫ですが、いつもその様な形を取るなら、互いが互いに対して興味を持ち合わせていないという事になります。

話題を意図的に終了させて、新たな内容を入れ込んでみるのも新しい風が吹くことです。それでも第三者の話題に戻ってしまうならば、彼はその人しか見えていない事実が、行動からはっきり伝わります。

癇に障ったら、少し意地悪心も含めて「そんなに気になるの?」と図星かどうか確かめてみるのも一つの技です。

文章、画像よりもスタンプが送られてくる割合が高い

LINEの文章、画像でコミュニケーションを取るよりも、スタンプを用いられる回数が多いものです。

LINEのスタンプは感情を表現する為にはうってつけですが、前後に文章が無ければ、気持ちをより際立たせる機能としては役立ちません。

また、ワンタップで相手に送信することが出来るので、言うなれば”意味もなく送るには非常に丁度良い”のです。

勿論たまになら良いですが、その傾向がずっと続くなら、暇つぶしの相手にしか、残念ながら見られていないでしょう。

内心やり取りをやめたがっている意思も受け取れることです。

「暇」「何か話題出して」と上から目線

「暇」「話題ない」のワードをよく使ってくる方です。

これらの言葉は相手に対して求めている形を上から目線で表現しています。

言うなれば「楽しませてくれる都合の良い相手」と内心的にも、少々見下しているのです。この様なワードは、やはり目上の者に対しては使いません。

心の距離的にはだいぶ近づいた仲ですが、頻繁に使われる様であれば既読無視して相手の様子を見るなどの行動に時たま出た方が良いでしょう。

LINEの返信が早くても「好き」とは限らない

LINEの返事が早ければ、もしかして私のこと好きなのかもと、ふと考えてしまう方もいることでしょう。勿論そうと言う事も出来ます。

しかし、必ずしも言い切れない場合もある事も、合わせて覚えておいて下さい。

中には、暇つぶしに最適な相手と思われているケースも考えられるので、何となく察知出来たら、逆にこちらが試すくらいの心持ちでいましょう。

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る