LINEのID交換を断られた!断った男性の心理と成功へ導く秘訣

「片思いしている相手に一歩近づきたい!」とline交換を提案してみたものの、さり気なく交わされてしまった場合やはり凹んでしまいますよね。

嫌われたから断られてしまったのでしょうか。

今回は、そんなline交換を断られてしまう理由、また上手くいく方法をご紹介いたします。連絡先を交換して、今よりもさらに距離を縮めていきたいところですね。


line交換を断られてしまう理由とは?

勇気を出したline交換もさり気なく拒まれてしまう理由とは、果たしてどういうわけが挙げられるのでしょうか。

既に彼女がいるから

もう既に恋人がいて、軽率な行動が取れないからです。交換したい気持ちは山々にあっても、それが彼女にバレてしまえば問い詰められる事態に陥ることとなるでしょう。

そうなれば、やはりline交換にはどうしても応じにくくなってしまいます。

また、この意志の強さは、彼女が出来てから日の浅い男性に多く、頑なに拒もうとする姿勢が見えます。しかし、その時彼女と倦怠期であったり、別れの瀬戸際という際には、比較的あっさり交換にも踏み切ってくれやすいです。

なので「ごめん…」とストレートに断られてしまった際には、今のところ片思いが成就する見込みは望めないことがわかります。

何が目的なのか不明確だから

何故交換したいと伝えてくるのか謎だからです。

出会って直ぐに言われたなら特に「え、何か勧誘されるのかな?」と疑った目で見てしまうのは仕方のないことだと言えるでしょう。この様な場合、出会った直後やまだ仲良くなってないのに急に言われた際に、どうしても断る動機として挙げられやすいのです。

たしかに唐突な「lineやってる?」は、驚き、条件反射から断る方向性に進んでしまいやすいのも頷けます。

先に自己紹介を済ませ、内面が見えたところで警戒心も薄れて来ますので、急に近い距離の詰め方はやはりオススメは出来ません。

lineするのがそもそも好きではない

lineが苦手だからです。

ちまちまとメッセージを返すくらいなら、一度会って会話をした方が楽で、それで一気に物事も解決すると考えています。

また、いつメッセージが来るか分からない状況も苦手で、来たところで今している作業を一時中断しないといけないので、人によってはとても窮屈なものに感じやすいのです。

なので、極力誰とも交換しない様に努めている方も少なからず一定多数いるのが現状です。

なおかつ、そもそもlineすら始めていないという方も見受けられることでしょう。

このタイプの方はスマホをいじる頻度も少なく、通知もマナーモードにしている方が多いです。性格としても神経質な気立ての方に当てはまります。

今度は失敗しない!line交換を断られないための方法

line交換を成功させるためにはどの様な対応を行っていくべきでしょうか。

業務連絡の口実を作る

交換しなければならない理由を作ることです。

「仲良くなりたいから」では動機が薄いですし、同じ気持ちを抱かれていない場合、気味が悪いと感じられてしまうこともあります。

学生同士なら「課題のことを聞きたい」でOKです。断られてしまうことも無くなるでしょう。

とは言え、口実を伝える中、不自然にも口数が多くなるなら、本音が透けて見えてしまうため注意が必要です。

なるべくあっさりした雰囲気を醸し出す様に努めるが一番です。また、いざlineするとなれば業務連絡を交えた話題から発展させていけば良いので、なんて送ろうかと小一時間悩む心配もありません。

互いの関係性に見合った口実を作り、友人と交換する様な素振りで切り抜ければ、重い空気に染まることもないでしょう。

もっとあなたと話したいと思わせる

もっと話したいと相手に思わせることです。キリのいいところでちょうど会話を終えたとしても、物足りないとは到底彼は感じてくれません。

それ以前に追ってくれることも無くなります。そこを逆手に取り、会話を盛り上げ、もっと話したいと思わせた頃合いに「そろそろ用事が…」と嘘でも席を立つと「えっ…?」と相手を動揺させることに成功します。

そうすれば彼から「よかったら…」とlineの交換を申し出てくれることも予想されるでしょう。

ならなくとも「この続きはこっちで話しませんか?」と自然に交換する流れにこぎつけられるのです。

このように、もっと話していたかったと、不完全燃焼な気持ちを彼に味あわせることで、交換したい欲も高まるわけです。交換から「また会おうよ」と直ぐにでもデートのお誘いに繋ぐことも期待出来るでしょう。

もちろん席を立つための用事は嘘として、ここの場面で居なくなるようにと、前々から意気込みを見せていても構いません。

逃げ道を用意して最後は相手に決断を委ねる

絶対交換しなければならない空気は作らないことです。

人は無理強いさせられればさせられるだけ、絶対に応じないと意地を張ってしまいやすいです。

例として「交換しよう!」という言い方では、押しも強く圧もかかりやすい為、する方としても嫌々とした気持ちが残りやすかったりします。

しかしながら「line交換したいけど、無理なら大丈夫だよ!」と奥ゆかしい部分もチラつかせると、不思議と「交換しても良いかも」という気持ちにさせられるものです。

逃げ道があるからこそ心の余裕も出来、かつ、”自分で決めた”という意思が彼の中に植え付けられるため、嫌な記憶としても残ることも無いのです。

この様に、いっそのこと交換するかどうかは相手に委ねてしまう方法は、しないのは惜しいような気もするので、結果的に交換出来る確率が上がります。

また、逃げ道の選択を選ばれた際も不満そうな顔は一切見せずに、あっさり引き下がってしまいましょう。

彼の中で違和感を残せるほか、あなたのことが頭から離れない状況も思いがけず作ってしまえるわけです。

写真を送りたいからという理由で

画像を送りたいという口実からです。

集合写真、ペットの写真、風景の写真など、彼の興味を引く様な画像を写真フォルダの中に入れておきましょう。

さりげなく話題を移行させて、彼が良い食いつきを見せたら「良かったら送ろうか?」と伝えるように心がけて下さい。

気持ちを汲み取った上での行動だと彼自身としてもわかりますし、何より利点もある為、快く了承を得てくれる筈でしょう。

また、交換するにあたって何か二人の間に共通点はないか調べておくのも一つの方法です。あるなら、それ関連の画像を送る仲にも進展させられますし、lineする中でも話題に詰まってしまうことも無くなります。

上級者テクニックでは、彼とその場で写真を撮って送るねと交換に踏み切る方法ですが、動揺しやすい方であればスムーズにことも進みにくい為、やる場合注意が必要です。

グイグイ行きすぎず下手に出た反応を取る

上から目線になり過ぎないことです。

lineを交換したいならいつもよりも積極的にいかないと成功しないと、思う方もいますが実はそんなことはありません。

むしろ男性相手に対してなら下手に出た方が女性らしさを上手く演出することが出来るので効果も高かったのです。

恋愛でいうところの駆け引きの様に、押しつつも引くポイントも大事にしてみてください。

しかし、あまりにも下手に出過ぎたら、そこで上下関係が出来てしまい、今後良いように扱われてしまう可能性も出てくる為、度がすぎるほどの対応にはならないよう気をつけましょう。

また、下手に出ることで彼の反応も嫌な感じに変わって見えるなら、そんな人だったんだと見切りをつけるきっかけに変えてしまうのも良いかもしれません。

異性という雰囲気は出さずに友達部分を強調させる

恋愛面を出し過ぎないことです。

見るからに「彼のことが好きで狙ってます」では、line交換一つでもとまどってしまうのも仕方ありません。

その為、異性という間柄をそこまでに感じさせず、友達路線で交換するように向かった方が、彼としても良いよと軽い感じで承諾してくれやすかったのです。

「かっこいい」「モテそうだよね」と恋愛を意識させるようなワードは封印して、気になる人であってもまさしく男友達として接していくようにしましょう。

そろそろ良いかなと感じたところで、元のモードに切り替えていくのが一番です。

一度lineの交換を断られても凹む必要はない!

気になる人に勇気を出してlineの交換をお願いしたものの、中には思いがけず断られてしまうことだってあるでしょう。

しかし、それだけで落ち込んで「どうせ自分なんか」と自身喪失してしまうのは非常にもったいないです。

こういうのはタイミングもありますし、あなたが悪いということは全くないので安心してください。一度駄目でも二回目ならOKしてくれるかもしれないように未来のことは誰にもわかりません。

また、後ろ向きでいるよりも前向きな心持ちでいた方が、やはり彼の気持ちとしても、次OKしてくれる確率も上がることが見込めるでしょう。

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る