毎日LINEしている男子は脈あり?LINEから距離を縮める方法

気になる男性と毎日のようにラインが続く場合、これはもしかして脈ありなんじゃないかと気持ちも舞い上がってしまいますよね。

実際のところどういう気持ちを抱いているケースが多いのでしょうか。

また、この状況から、より少しでも親密になれるような、相手男性と距離を縮められるテクニックと合わせて見ていきましょう。

幸せな状況ということをしっかり意識して、是非とも今以上に両思いの方向性へ向かえるように努めてくださいね。

毎日ラインが続く!相手男性の心理、考えていることとは?

毎日ラインのやり取りが続く相手男性が、果たしてどういう気持ちを抱いているか気になりますね。

あなたのことが気になっている、もしくはもう既に好意的な気持ちを抱いている

簡潔に言えば好きだからです。

良いなと既に感じていて、今よりも更に仲良くなりたいと強く願っているからこそラインも毎日続けたくなりますし、あなたからの返事はまだかと待ち遠しい気分にも浸っています。

途切れさせるなんてもってのほか、ここからどうすれば距離を縮めることが出来るのかと常に頭を抱えている状況でしょう。

このようなタイプの男性は、メッセージの内容も質問するケースが多く、「はい」「うん」「そうなんだ」のように一言返事で返すことは絶対にしません。

また、プラスとして心配性の性格であれば、毎日ラインを送っていて迷惑に感じていないかなど、恐る恐るながらメッセージを返しつつあります。

それでも比較的毎日に近いラインが入ったり続くなら、どうにかして振り向いて欲しい表れが、頻度の多さから感じることが出来ます。

誰かとコミュニケーションを取るのが好き

ただ単にラインすることが好きだからです。

寂しがり屋で、誰かと常に繋がっていたいと強く感じる男性は、自ら既読無視することが苦手ですし、何だかんだ言って中身がなくても会話を続けさせようと必死になります。

一人でいること=恐怖と感じている方も多く、見放されることに強い嫌悪感を覚えています。

この様なタイプの男性は、ところどころで「俺とラインしているとつまらない?」というように確かめる行動をとりがちですが、そこで冗談でも拒否反応を示してはいけません。

また、心のうちには少なからずあなたに対する好印象を抱いていますが、並行して他の女性とやり取りしている可能性も見えるなど節操ない部分こそ伺えます。

孤独感を紛らす女性という位置に収まりたくない場合、徐々に相手男性と距離を取るように心がけてくださいね。

女好き、あわよくば自分のことを好きになって欲しいと下心がある

女性だからという理由で続けています。もしもあなたが男性であれば必要な時にしかラインを返しませんし、内容も短文や砕けた文章に収まりがちです。

女の子が好きで、あわよくば好意的な気持ちを自分に抱いて欲しいという理由から、毎日にもつれ込むまでラインをしたがります。

彼女になって欲しい意味合いも含まれていますが、中にはキープ的立場の女性として見られている可能性も考えられるので十分に気をつけてください。

特徴として、甘い言葉を何のためらいもなく使ってきたり、「彼氏いるの?」「好みの男性のタイプは?」というようにグイグイとプライベートな質問を突っ込んできます。

断られても良いやと捨て身の精神を抱いているからこその積極性だったりするので、これを本気の気持ちと捉えるのは少し難しいことがわかります。

少しでも見下されている、簡単に扱われていると感じたら距離を置くなど、なびいている素振りは取らない方が賢い判断です。

ラインのやり取りの止めどきがわからなくなっている

タイミングを逃した理由においてです。最初こそ和やかにラインを続けていたのですが、日が経つにつれどこで止めていいのかわからなくなり、惰性も交えて現在もやり取りを交わしています。

このタイプの男性は非常に優しい性格の持ち主であり、頼まれごとをされたら何が何でも引き受けるというような自己犠牲を伴う一面も見られます。

もしあなたからラインを止めてしまえば、そこでパッタリやり取りも終わるように、今までのは何だったんだろうと呆気にとられるくらいです。

とは言え、本当に嫌だと感じている相手とはここまでラインのやり取りを続けることがないので、好きか嫌いかで言えば好きの部類に入るので安心してください。

少しでもあなたの役に立つならの精神で、ラインを続けている可能性も見られるので、その後「〇〇くん(相手)とラインすると元気が出る」のように、彼を肯定していくと徐々にですが惰性感も無くなります。

毎日ラインする中で相手に意識させる、仲を縮める方法

ラインをする中で、更に相手との距離を縮めたい場合、どのような方法を取るべきでしょうか。

いつも同じようなテンポで返事を返さず、意図的に時間をおいて返す

直ぐに返事を返さずわざと遅く返す方法です。

いつもなら遅くても一時間以内に返すようだったら、半日以上時間を開けると、どうしたんだろうと向ける意識をより強めることが出来ます。

何か怒らせるようなことを言ってしまったのだろうかと、相手はあれこれ考えを巡らせた結果、そこから先はより優しい文面が返ってくるようにもなります。

このように、いつもとは違うペースで返事を返す方法は、簡単で手軽ながら意識させるには非常に効果が高いテクニックです。

しかし、いつも遅く返せばそのタイミングに彼が慣れてしまい、むしろ味気ない雰囲気にまた固まってしまうので、速いスピードと遅いスピードを交互に使い分けていくのがベストでしょう。

メッセージのみ以外にも、ラインスタンプ、写真、動画などを混ぜる

メッセージだけでやり取りせず、ラインツールを使い分けていく方法です。

文章だけではやはり味気がなくその時に感じたテンションも、対面して話すよりも伝わりにくかったりします。

そんな時に盛り上げてくれるものが、ラインスタンプ、写真、動画と言った、ぱっと見た感覚で感じることができるツールです。

ラインスタンプは数多くの種類があり、なるべく可愛らしいものを選ぶことで、使うたび女性らしさをアピールすることが出来ます。

スタンプの中にハートマークが含んでいれば、送られてきた瞬間それだけで彼はドキドキと胸が高鳴ってしまうことでしょう。

絵文字であればハートはハートのみで表示されるので、送る方としても意図的に感じやすいですが、ラインスタンプであればそこまで気恥ずかしさを覚えることもありません。

また、最近撮った写真、動画を添付するといつもよりも既読する速さが倍にもなります。

テンポよくやり取りすることも望めるように、一気に距離を縮めることも簡単です。時にはそう言ったツールを頼りにしていくと新鮮味も加わるためおススメです。

「電話してみたいな」と誘いをかける

思い切ってライン通話に誘ってみる方法です。ライン通話はどれだけ話しても無料ですし、ワンタッチでかけられる点から難易度もそれほど高くはありません。

毎日ラインする仲なら電話したいという切り出し方も、そこまで違和感がないですし、来るべき時が来たと彼も応じてくれやすいでしょう。

「五分だけ」と初めこそ短い時間設定を設ければ、電話に対する敷居もグッと下げられます。

また、一度電話したら二回目も三回目も同じようなものですので、次回も簡単に誘うことが可能になります。

「聞きたいことがある、でもちょっと長くなりそう…」「ラインの電話機能ってあまり使ったことないから練習相手になってくれない?」と口実を作ると、気持ちがバレそうと必要以上に焦ることもなくなるでしょう。

うまくいけばそこから先は、ビデオ電話をしてみる、今度は二人で会うというように、ゆっくり進展させるのが理想の形です。

互いに通じる共通点を見つけ、そのまま会う口実を作る

お互いに当てはまる、好きなものを見つける方法です。

アーティスト、テレビ番組、小説、漫画、スポーツなどどんなジャンルでも大丈夫ですので、手探りながらでも、相手は何が好きなのかと探っていきましょう。

ドンピシャに同じものが好きだと把握すれば、すかさず「私も好きなんだ」と切り返して、どんなところが好きか簡単ながら丁寧に語るのが一番です。

思いがけず話も盛り上がって来たら、「今度こういうイベントがあるみたい…」と会うお誘いをそこで提案してみましょう。

波長が合うと感じて直ぐのお誘いなので、彼女でもいない限り、かなりの確率でOKを出してくれることです。

また、イベントが間近に迫っていない場合、何かの貸し借りをする方向にシフトチェンジすると、実際に対面しないと始まらない流れが作れます。

恋愛の話に突入させる

恋愛の話を振る方法です。

毎日ラインする中でも、当たり障りのない話題で盛り上がることが多いなら、思い切って恋愛の話を投げかけてみる方法が一番です。

いつもと少し違った雰囲気にも相手はドキっとしますし「好きな人はいる?」の話題であれば、正直に「私はいるけど」と言ってあげると「もしかして…」と色々と頭の中を巡らすきっかけに繋がります。

しかし、彼はあまりノリノリでなければ、空気を読み中断させるように、また新たな機会を狙ってみてください。

毎日ラインが続くのは少なからず嫌われているわけでは無い

毎日ラインが続くということは度合いはありますが、決して嫌われているわけではないです。

「でもそんな感じはしない」と思っている方もいることですが、そもそもそんな男性は早くラインを終えたいと感じて、ぶつ切りしてしまうケースが多いものです。

ですので、毎日ラインが続いていることを誇りに思い、その後どういう対応に出た方が良いか、未来のことを明るく考えていた方が非常に意味がある行動と言い切れます。

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る