未読無視は脈なしとは限らない!考えられる男性心理と対処方法

「LINEしたのに一向に既読がつかない」「嫌われているだろうかと」未読無視されている状況は時間が経つごとに不安が高まってしかたありませんよね。

実際のところ彼はどんなことを考えて、その方法に出ているのでしょうか。脈なしかどうかもはっきりさせたいところですね。

今回は、男性が未読無視する理由、またされていると分かったらその後どのような行動に出たらいいのかを合わせて、確認していきましょう。

脈なしなのか?男性が未読無視する理由

男性はどんな理由において未読無視をするのでしょうか。

直ぐに返せる状況におらず、一息ついた頃にじっくり返そうと考えている

LINEが届いた時が、非常に忙しかったからです。仕事中だったり気持ち的にも焦りが生じた時は、いつも以上に冷静に返せなくなるものです。

また、男性は女性に比べると並行して物事に取り組むことが苦手であり、軽く手が空いた時でもLINEを確認することを出来るだけ遠ざけたがっています。

ホッと一息ついた時が一番返事を返しやすい瞬間なのです。

この様にタイミングが合わないと丁寧な返しも期待できない事を是非知っておいて下さい。

加えて、気に入られたいと強く感じた女性相手にこそ、この傾向は高くなるので、脈なしよりもむしろ脈ありとして認識しておいた方が嬉しく感じられますね。

プラス真面目で優しい性格の男性であれば、既読無視した時点で相手に嫌な気持ちを与えてしまうと見通しているので、敢えて未読無視の方を選んでいます。

不利な内容のLINEが届きなんて返して良いのかわからない

未読無視する前に、届いたあなたからのメッセージに困っているからです。

「本当に可愛い系男子だよね〜!」「芸能人の〇〇(あまり言われても嬉しくない人)に似てるって言われたことない?」とややズレた内容のメッセージが届けばその時点で、なんて返そうか頭を抱えることとなります。

それが結果として未読無視になる訳です。

不思議なことにされた側としてなんで返してくれないんだろうと、一点に集中するあまり、原因を定めにくくなってしまいます。

そして嫌われているのではないかとネガティブな発想に辿り着けば、それ以降積極的な行動にも移りにくくなってしまうことでしょう。

未読無視されていることを確認するついでに、前のメッセージはなんて送ったか一度確認してみると「そうだったんだ」と見えてくることが沢山出てきます。

いつも直ぐにLINEをしてくれている人と認識されるから

いわゆる恋の駆け引きをしているからです。

本当は直ぐにでも返事を送りたいのに、いつもの調子で数分で返せば、それだけで惚れていると捉えられてしまうでしょう。

そこから、”いつも直ぐに返事を返す男”と更にレッテルを貼られたら、やっぱり気恥ずかしいので、やむ負えなくわざと返事を遅らせています。

このタイプの男性は、半日置くときもあれば日をまたいで返事を返すというように個人によって時間の置き方も色々です。

また、急に未読無視をするようになった男性の中には、恋の駆け引きをした方が良いと、何かの影響を受けて見よう見まねでし始めたという方も見受けられます。

このタイプの男性は、ほとぼりが冷めた頃に今まで同様直ぐに返事を返す性質に戻るように、ずっとそのパターンが続くという訳でもありません。

未読無視している間は意外ながら相手女性のことをひたむきに考えている様子が見えるので、行動とは裏腹に熱い想いが秘められていると言えますね。

他のスマホアプリに夢中になっているので返し切れない

LINE以外のアプリに熱中しているからです。

今の時代、無料のアプリコンテンツが数多く出ており、育成、バトルなど、夢中になりやすい要素がふんだんに含まれているため、手が離せなくなる男性は多いものです。

楽し過ぎるあまりLINEの返事も打てないほど熱中し、結果返事が来ても物理的に返せない状況が出来上がってしまいます。

このように他のアプリに夢中になり過ぎている男性は、LINEのメッセージにそこまで重要性を感じていなくて、後回しにしたがります。

このようなタイプの男性は、メッセージのやり取りをする中にも話題に唐突にハマっているアプリの話を入れる特徴があるため、直ぐに判断出来ることでしょう。

「なんでそんなものが楽しいの?」と言葉をかければ火に油を注ぐことになるので、余計なことは一切口に出さないようにしましょう。

この先もLINEを長く続けたいからこそ未読無視をしている

あなたとより長く、この先もLINEを続けたいからです。

どういう意味と感じられる理由ですが頻繁にやり取りしていくと、不思議なことに飽きがくるのも早く、いつのまにか返事も途絶えているのがよくあることです。

そうなればやはり寂しさを感じてしまうので、この楽しい現状がより長く続くようにと未読無視をして、程よい時間を作り続けています。その間彼は、こんなやり取りが出来て楽しかったなと余韻に浸ったり、今度こういう切り返しをしたらウケるかな?と予行練習を頭の中でひたすら繰り返しています。

逆にこのような男性が未読無視をされたら、傷つき、寝込んでしまう方もいるように、自分の意志とは正反対の対応を取りがちです。

意外な事実ですが、純粋過ぎる男性の中にはあえてこのような方法を取り入れている方もいますので、未読無視=脈なしと決めつけない方が良いでしょう。

未読無視した相手に起こすべきアクション

未読無視している男性に、起こしたい行動とはどう言ったものが挙げられるのでしょうか。

そのうち返ってくるだろうと冷静に考えて、何もしない

潔く頭の中で考えるのをやめてしまう方法です。

いつ返ってくるのだろうかとモヤモヤと一日中悩んでいれば、その間したいことも満足に出来ないので思い切って割り切ってしまいましょう。

「今不安になっている」とはっきり自覚すれば、何に対してモヤモヤしているのか分かるため、そのまま思考がぐるぐるループする状況をストップさせられます。

一本分の映画を見る、好きなアーティストの音楽を聴くなど、自分に合った方法も取り入れると、自然と意識もそちらの方向に向き、気づいた頃には頭の中からモヤモヤが消えている筈でしょう。

また、”思いがけず相手から返事が来ていた”という嬉しい状況になるかもしれません。

このように、”何も行動に起こさない行動”プラス、別なことに手につける方法は、ループした思考を、楽しいものへと変化出来るので非常におススメです。

実際に会った時「LINE読んだ?」と直接たずねる方法

実際に話しかけてしまう方法です。

直接たずねると未読無視を続けさせることが難しくなり、また、よっぽどのことがない限り無視されることもないので安心です。

事前に”話しかける口実が出来た”と前向きに考えておくと、表情も和らいで相手に優しい印象を与えることが出来ます。

疑心暗鬼のまま話しかけると、どことなく謝らなければいけない空気を作ってしまうので注意してください。

工夫するポイントとして「LINE読んだ?」と上から目線で問いかけると、威圧感がすごく、追い詰められた感覚を感じるので「LINEしたのに~」とライトな感じに伝えてみる方法が一番です。

あわよくばそこから世間話に発展させるのは上級者テクニック、ぜひ余裕があれば試してみてくださいね。

重要性の高いLINEメッセージを追加で送る

重要度の高そうなLINEメッセージを続けざまに送る方法です。

学生なら「明日の時間割なんだっけ?」と今すぐにでも答えが欲しい内容を書いて送ると、彼に”直ぐに返さないと”とそんなに重くないけど、程よい焦り感を与えることが出来ます。

ここは本当は知っていても、知らないテイを突き通すようにシラを切り続けましょう。一番の目的は返事をもらうことなので、世間話はひとまず横に置いて、緊急に聞きたいメッセージを送ってください。

わかりやすいように疑問文で文章を締めると、返事が欲しい気持ちをさり気なくながら大きく主張出来ます。

直ぐに返事が返って来たとしても、「なんでさっきのLINEは未読無視したの?」などの余計な一言は加えないように気をつけましょう。

ますます返しにくい空気を作り、その後前のようにスムーズにやり取りをとることも望めなくなります。

思わず開きたくなるような動画を添付する

文章のみを送る手法をやめて、動画を添付してみる方法です。

相手の通知設定にもよりますが、メッセージが届いた瞬間既読をつけず確認出来るのならそれだけで返す気力が無くなる方も多いものです。

そのポイントを逆手に取り、メッセージ欄を開かないと確認できないような動画を添付すると、比較的返事のスピードも速くなる見込みが伺えるでしょう。可愛い猫の動画、友達と撮った動画など何気ないもので大丈夫です。

「これどう思う?」など感想を欲しい一言も交えて伝えると、既読をつける速さも更に早まります。

しかし、「自撮り」やただ「物」を映しただけのものなど、本当に感想に困るようなものを添付するのはやめましょう。

場合によっては返事を急かすための作戦なのかなと、相手が本当の意味に気づいてしまうことも考えられます。

未読無視をされたからといって脈なしとは限らない

一見、未読無視はあまり良い印象を感じさせないものですが、それだけで脈なしとは言い切ることは出来ません。

本当に忙しくて返事を返せない状況かもしれませんし、むしろ好き過ぎるゆえに駆け引きを取っていると解釈することも出来ます。

されただけで凹んで、相手と関わるのをやめてしまっては大変勿体ないので、「脈なしとは限らない」と肝に銘じていつも通りの対応を続けていくことが大切です。

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る