奥ゆかしい女性に弱い男性陣!求める女性像を知ってモテる女になろう

奥ゆかしい女性というのは、今も昔も男性の理想像に、一番近いカタチと言えます。周りから見ると少し暗い性格に見えても、実際はそれと違う魅力を持っています。

活発な女性が増える中、それでも男性が求める奥ゆかしさは、兼ね備えていると活かせる場面が多いハズです。

せっかくなら、奥ゆかしい女性の魅力も兼ね備えた、万人ウケする女を目指しましょう。

女性の奥ゆかしさは、全ての男性を虜にすること間違いナシ!

男性は基本的に女性を好きになり、そしてその理由はオスとして家庭を築くためという本能が働くからです。

考え方が古いと言われるかもしれませんが、3歩下がって歩く女性をいとおしいとか思うのは、男性の本能から来るものなのです。

男性が女性を好きになる本質は、あくまでも本能からであり、日本の男性に限っては奥ゆかしさを求めるのもいたって普通です。

男性は「奥ゆかしさ=一緒に家庭を築けそう」と考える本能があるため、奥ゆかしさを備えれば、意中の相手をオトすことだって確率は上がるハズです。

男性が求める女性像は、共通して奥ゆかしさが関係している

奥ゆかしさは、見た目や性格で有無を判断できるものではありません。

街中のカップルを見れば、活発で元気な彼女を連れている男性もいれば、彼氏よりも腕っぷしの強そうな彼女を連れている男性もいます。

お互い何かしらの好意があって付き合っているわけで、求めるものを持つ彼氏とそれを供給する彼女が一致しているからと言えます。求めるもの=魅力ですが、それには必ず女性としての奥ゆかしさを感じているからなのです。

男性の好みと同じで、求める女性らしさ(奥ゆかしさ)は、十人十色なのですから、奥ゆかしさは色々なカタチをしているのです。

男を立てる器量がある女性は男性ウケがいい

草食系で少し弱そうな男性がいるように、男勝りな女性もいるわけです。夫婦やカップルを見ていると、男女という力関係を想像してしまう光景を見かけます。

最近ではさらにそれが加速して、本当にいろんなカップルを見るようになりました。

しかし、全ての男女関係で、男性が好むのはオトコを立てる器量なのです。いざという時、大きな決断を迫られる場合は、人前で女性が自分を立ててくれると、男性は否応なしにオスとしての本能が目覚めます。

そして、この事を喜ばない男性はいません。

普段は勝気な彼女であっても、いざという時自分を立ててくれるなんて、彼氏冥利に尽きます。

きっと街中で見かける、女性のほうが強そうな逆転カップルは、いざという時の女らしさ(奥ゆかしさ)を備えているのかもしれません。

奥ゆかしさは女らしさに共通、元からあるものを高めて自分を磨く

女性であるあなたは、性同一性障害でもない限り、一生オンナとして生活しなくてはいけません。本来であれば、生まれ持った性別は、死ぬまで大切にしなくてはなりません。

もしそうなら、女としての極みを目指すほうが、男性ウケするのは間違いなく言うまでもありません。

そうです。奥ゆかしさを求めるなら、本来の女らしさに注目する必要があるのです。

同じものではありませんが、共通する部分が多い両者なので、女性なら誰でも最初から備わっています。男性に奥ゆかしさを求めるのには、少し無理がありますが、女性の本質にはそれが備わっています。

まずは、女らしさを追求するところから始めると良いでしょう。

まずは普段の生活から見直してみよう

女らしさって、どんなところを言うのでしょうか。考えてみると、少し難しいところです。

別に控えめな性格である必要もありません。女らしさ、最近で言えば女子力と表現されます。

女子力と考えると、分かりやすい答えが出ます。

例えば、毎朝の生活習慣を見直して、朝から活動的な一日を送るなど、意外とできていないメリハリの部分だったりします。

寝ぼけまなこで、朝一はタバコから始まるなんて、勝手かもしれませんが男性が望む女性像ではありません。休みの日は、仕事の日よりも早く起きてコーヒーを沸かし、一日を楽しむための生き方、これが本来の女らしさと言えます。

自分を大切にする生き方が、ひいては女らしさに繋がるのです。

普段の性格が勝気でも大丈夫!ツンデレは男にとって意外なツボ

女性であるとはいえ、性格は千差万別であり、兄弟構成や育てられかたでも変わってくるものです。

男性よりも勝気で、普段は男勝りという性格の女性でも、実は女らしさは大丈夫です。

少し前によく聞いたツンデレというもの、コレ実は男性ウケが非常に良いのです。普段はツンツンしているけれど、好きな男性の前ではデレデレする、男性陣からすると自分にだけという点がツボなのです。

男性は本来、好きなものを独占したい欲みたいなものがあり、これは女性よりも強いと言われています。

ツンデレこそ、勝気な性格にとって、最高の女らしさを演出する方法です。彼氏や、片思いの男性がいるなら、その人の前でだけ本領を発揮するツンデレが有効です。

どんなに普段男勝りでも、自分の前でだけ急にしおらしくしている女性に対し、よほどの変わり者でない限り、男性は好意を抱きます。

好意は女らしさを感じたからに他なりません。

ここ一番で出すのが非常に大切!ふとした場面で魅せる女性らしさ

男性が奥ゆかしさを感じ取らせるには、ふとした瞬間が一番効果的と言えます。

例えば、職場で忙しくしている最中、同僚の女性がお茶を入れてくれるところ、さりげなくメモで気遣う言葉が書かれていたりします。それまで何気ない同僚であったところから、男性に対して一気に恋心を目覚めさせるようなきっかけにもなります。

男性が女性にする心配りは、優しいと表現されますが、それに似ています。

女性が男性にする気配りは、奥ゆかしさと感じられるということです。奥ゆかしさは、女らしさと共通している部分が分かりやすいと思います。

いつでも、どの男性にも見せるのではなく、ここ一番で奥ゆかしさを感じさせるのが一番効果的なのです。

気が利く女性というのがありますが、誰にでもそうあるなら、奥ゆかしさとは捉えられず、あくまでも気が利く女性でしかありません。

もし意中の男性がいたり、彼氏がいるなら、その男性にだけというのが重要になってきます。

ワザとらしい奥ゆかしさは疲れる、何気ない感じが自然でベスト

奥ゆかしさは特定の男性にだけと説明しましたが、ワザとらしくてもいけません。

その事を感じるのは男性であって、感じさせるために何かするのは、いずれ疲れるでしょうし、その事に嫌気がさす男性もいるのです。

あくまでも自然体で、相手が感じ取るのがベストです。

ワザとやると、奥ゆかしいとは感じてもらえない可能性もあり、逆に何かあるの?と勘繰られてしまいます。

苦しいところではありますが、もしやるなら相手が感じ取るまで、自然にやり過ぎずというのが大切です。

年齢を重ねるごとに奥ゆかしさは色気に変わってくる

歳を重ねても色気のある女性という人がいます。

おばあちゃんになっても、昔はいいオンナだっただろうなと感じさせる人がたまにいますよね。

これは奥ゆかしさを備えていた女性だったからに、他なりません。

女性は年齢ごとの色気があるものですが、奥ゆかしさは歳を重ねると色気に変化してきます。

日本女性の美しさは、ベースに奥ゆかしさがあります。さりげない気遣いは、男性からすると表には見えない魅力なのです。

若い頃の気遣いは、年を取ってから発揮する奥ゆかしさに繋がっていきます。

秘めた魅力と色気で美魔女になれる!いつまでもオンナでいるために

美魔女という言葉は、最近聞かれますが、実は昔から存在する女性像なのです。

妙に魅力ある女性って、結構見かけるもので、街中ですれ違うときまだ女としての部分を残していると感じる中年以上の女性がいます。

外見からもキレイで、いわゆる美魔女は、冒頭で説明した生活面のメリハリもしっかりしている人がほとんどです。

そうでなくては、どうしても年を取る見た目は、簡単にはカバーできません。

生活面のメリハリは、年齢を重ねるごとに重要となり、見た目しかり生きていくことに対する考えかたにも影響を与えます。女としての生き方を極めるうえで、男性からモテるというのは最高の評価・ご褒美なのです。

男性は単純な思考から、どうしても女性を見ると年齢を越えるエロさを感じることがあります。

これは例えおばちゃんと言われる年齢になっても、垣間見える奥ゆかしさに気付いたなら、その男性はおばちゃんに対しても好意が芽生えます。

好意の先は、恋愛感情であったり、肉体関係となることもあるでしょう。

美魔女は、気配りもできる見た目にもいいオンナが、そう呼ばれるのです。

奥ゆかしい控えめな女性は恋愛全般において有利

当然ですが、彼氏を見つけるためには奥ゆかしさが一番と言えます。

片思いの段階から、付き合っていずれ結婚となっても、奥ゆかしさを備えていると、相手の男性(旦那)から大切にされることは間違いありません。

デキる女を手放したくないという、男性の拘束欲を刺激するからです。

今スグはできないという人も、まずは気遣いについて考えるなら、明日の朝一から生活面を見直すことが大切です。

そうすることで、まずは自分の支度に余裕がでて、相手の男性が困っていることが見えるようになります。

次にどれをフォローすれば良いかが見えてきて、そのフォローを男性は奥ゆかしさと感じ取ってくれるはずです。

まずは自分の余裕が大切です。

その先に奥ゆかしさがあるのですから、実は自分磨きで余裕を持つことが、自然と奥ゆかしさを身に付ける第一歩なのです。

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る