MOTETOKO

思わせぶりな態度を取る男の心理!期待させる男の7つのタイプ

comment please

SNSでシェア

  • twitter
  • はてなブックマーク
  • facebook

  • その気もないのにどうして優しくするの?
  • 恋愛を匂わせておいて、引っかかったと裏で笑っているの?
  • それとも他に何か意図があるの?

仕事やプライベートで知り合った男性の中には、なぜか思わせぶりな態度を取る男性がいます。

彼らはなぜ思わせぶりな態度を取るのでしょうか。

今回は、思わせぶりな態度を取る男性をタイプ別に7つに分類し、それぞれがどんな心理なのかについてご紹介します。


無自覚タイプ

無自覚タイプは、その名のとおり“自分が思わせぶりな態度を取っているという自覚がない”タイプです。

悪気はなく、自然に女性に優しくできるので、ハンサムではなくても常にモテます。

このタイプは男性からも人気がある場合が多く、男性同士であっても「ドキッ」とする瞬間があるほどです。

人との距離感が近く、気さくなタイプなので、いつも仲間に囲まれているような人です。

みんなから愛されるマスコット

無自覚タイプの人は、最初から思わせぶりな態度で対応しようとは思っていません。

困っている人がいたら親切にしようと思いますし、悩んでいる人がいたら相談に乗ってあげようと思っています。

感覚としては、恋愛を意識していない小学生のような感じです。

男女関係なく、親切に接します。人との距離が近い、という特徴を持っているので、話をするとき妙に顔が近かったり、ボディタッチが多い場合はこのタイプです。

相手がどう思うか、について深く考えていないため、よく考えてから行動するというよりは衝動的な行動が多いです。

相手の女性に勘違いをさせてしまったことがわかると素直に謝ります。

みんなから愛されるマスコットキャラのような男性です。

反応待ちタイプ

反応待ちタイプの男性は、女性からの何かしらの反応が欲しくて思わせぶりな態度を取ります。

反応が欲しい、というのが目的のため、恋愛感情があるわけではなく、相手の女性に対して「迷惑かもしれない」ということも考えていません。

悪意はありませんが、自己中心的な考えなので「こういうことをされると迷惑です」と言うと「俺は悪くない」と責任逃れをします。

反応が欲しいのは甘えの証拠

反応待ちタイプの男性は、例えるならクラスの女子の髪の毛を引っ張る小学生男子であったり、母親の気を引こうといたずらをするような感じです。

自分はここにいるという存在確認であったり、自分が何かをすることによって誰かが反応するということで生きている実感を得ています。

相手は誰でもよく、ちょっかいを出しやすい弱い女性をターゲットにすることが多いです。

にこにこする、というよりは“ニヤニヤしている”ことが多く、あくまでメインは自己満足なので相手の女性には嫌われても構わないと思っています。

何かを仕掛けて反応がないと、さらに強く刺激します。

たとえば、肩を軽く叩いて反応がなければ、頭を叩いてみる、それでも反応がなければ肩を掴んで無理やり振り向かせる、など段階を踏んでアプローチが過激になります。

好意がある場合もありますが、その好意は「交際したい」というものではなく「甘やかして欲しい、お母さんと赤ちゃんのようなコミュニケーションがしたい」という欲求です。

食事に誘う、優しい言葉をかけるなどではなく、いやらしい目つきで見てくる、ボディタッチが多いなどの性的なアプローチが多いのがこのタイプの特徴なので、勘違いしないように注意しましょう。

コミュニケーション下手タイプ

コミュニケーションが苦手、という男性は多く、思わせぶりな接し方になってしまうタイプも多いです。

たとえば、普段あまり人とは話をしない男性がイケメンだった場合、ちょっと微笑んだだけで勘違いしてしまう女性もいます。

コミュニケーションがそもそも下手なので「こういうことをすると女性がその気になってしまう」という線引きがわからず、知らないうちに線を踏み越えてしまっていることがあるからです。

男女の駆け引きがわからない

女性の中には「これは好意のサインだろう」と男女の駆け引きを知っている人がいて、一般的なルールとしては通用するかもしれませんが、コミュニケーション下手の人には通用しない場合があります。

たとえば「好きな人いるんですか?」という質問をされた場合、女性は「それって私のことが気になるということ?」と勘ぐる人も多いでしょう。

ただし、コミュニケーションが得意でない人は、単に言葉のままの意味で質問していることが多いです。

「美人ですね、モテるでしょう」や「あなたみたいな人とお付き合いしたい」なども、心から言ってるわけではなく、下手なお世辞として使っているかもしれません。

どんなセリフをどこで使えばいいのかがわからないため、相手に期待させてしまうことも多いです。

普段からあまり人付き合いがなかったり、友人があまりいない、人と話をするのが苦手そうな雰囲気がある場合は、このタイプである可能性が高いです。

完全ビジネスタイプ

思わせぶりな態度を、完全なビジネス対応として積極的に行っている男性もいます。

たとえば、年配の女性客を相手に商品を売り歩くようなセールスマンの場合、年配の女性からモテなければなりません。

擬似的な恋愛感情を抱かせて、商品を買ってもらう、リピーターになってもらう、という商売方法なので、彼らはあくまでビジネスの技術として行っています。

合法化した“騙す”技術

彼らにはもちろん悪気はありません。

ただ、意図して“好意を抱かせて商売をする”という方法を選んで行っています。

詐欺とまではいきませんが、合法化した“騙す”技術と言ってもいいでしょう。

では騙された方が悪いのか、と言えばそういうことではなく、騙して商売をしているのか、と言えばそういうことでもありません。彼らはあくまで信頼してもらって商品を買ってほしい、と思っているだけだからです。

そのため対処法としては、ビジネスの香りがしたら割り切るということと、彼らはあくまで仕事として思わせぶりな対応を行っているだけだと理解することです。

ホストタイプ

手当たり次第声をかけるホストタイプがいます。

実際にホストという職業ではなくても、手当たり次第の女性に思わせぶりな態度をとって、引っかかればラッキー、引っかからなければ次へ行く、という感じです。

口説き方も上手ですし、かなり本格的に口説きますが、相手にその気がないとわかるとさっと身を引きますし、本気でお付き合いする気はありません。

ホストは女の敵?

ホストタイプは女性が好きです。しかし、恋愛を楽しみたいというよりは、刹那的な関係(一夜限りの関係)を求めています。

数で勝負している人もいますし、都合のいい女を探している人もいます。

経験人数が多いので、女性のタイプに合わせた口説き方をしますし、女性が今何を求めているか瞬時に判断して適切な言葉をかけるのも得意です。そういう意味では、やはりホストタイプは女性の敵であると言ってもいいかもしれません。

彼らを見極めるためには、外見だけで判断するのではなく(ホストのような見た目をしているとは限らない)、コストをどれだけかけているかを見てみましょう。

というのも、ホストタイプの人は技術力があるため、なるべく低コストで女を落とそうとします。

少し声をかけてその気がないようならすぐ諦めるという方法なので、深く女性を追いません。なぜなら、ひとりの女性に対して多くの手間や時間やお金をかけたくないからです。

つまり、恋愛という場において、コストと利益を考えているのがホストタイプなので、ちょっと断るとすぐに疎遠になります。

引き際が鮮やかなので寂しい気持ちがあるかもしれませんが、彼らはもう次の女性にシフトチェンジしているので深く関わらないほうがいいでしょう。

ナルシストタイプ

自分のことが好き、というナルシストタイプの男性も思わせぶりな態度を取ることがあります。

思わせぶりというよりも、彼らは“女性に優しくしている自分に酔っている”ので、彼らの視界に女性の姿はありません。

誰にでも親切にできる俺ってかっこいい、であったり、女性からかっこいいと思われてる俺って素晴らしい、と思っているので、あくまで彼の中の主役は彼自身です。

助けを求めるモブキャラに配役される

ナルシストタイプは、自分が自分でかっこいいと思えるほど、見た目にも自信がある場合が多いため、女性は「イケメンに親切にしてもらえた!」と思うかもしれません。

また、このタイプの人は自分に自信があるため、自信のある男性を魅力的に感じる女性も多いです。

しかし、彼から見た場合、彼自身が正義のヒーローで主人公、その他の人は役名もないモブキャラです。

女性に優しくするのも「困っている一般市民を助けるのがヒーローだから」であって、その女性が好きだからではありません。

ナルシストタイプは自分を主人公にするために、周囲の人にモブキャラを演じさせるという傲慢な考えがあり、ある意味、自分以外を見下している部分もあります。

このタイプは優しい声をかけたり、親切にすることも多いですが、内心では“お前らは自分を際立たせるためのその他大勢であればいいんだ”と思っています。

悪意タイプ

悪意タイプはその名のとおり、悪意を持って女性に思わせぶりな態度をとり、女性を困惑させて楽しむタイプです。

このタイプには共犯としてバックに女性がついている場合もあり、集団で誰かをからかって遊んでいることもあります。

人の気持ちを弄んでいる

思わせぶりな態度を取れば、相手の女性がその気になります。この状態を見て「騙されてる、ウケる」とからかって遊んでいる男性がいます。

とくに自分のタイプではない、モテなさそうな女性にわざと声をかけてからかいます。集団で行っている場合もあり、バックには悪意を持った女性の存在があることも多いです。

誰かが困るところを見て楽しんでいるタイプなので、あまり関わらないほうがいいでしょう。

思わせぶりな態度は悪いのか?

思わせぶりな態度を取る男性はいます。

本人にその気はなく、女性は「騙された!」と思うこともあるでしょう。では、それは悪いことなのでしょうか。また、騙された女性も悪いのでしょうか。

悪意を持って騙した以外は“勘違い”です。

人はよく勘違いします。うまく表現できない場合と、うまく理解できない場合があり、その関係は複雑です。

トラブルを回避するためには、やはり“決めつけない”ことであったり“空気で判断せずに言葉で質問する”ことが重要です。

とくに男女間では無言のルールが適用される場合が多いですが、誤解が生まれる原因です。勘違いしたままで決めつけず、気になったことがあれば言葉で質問しましょう。

comment please
  • twitter
  • はてなブックマーク
  • facebook

SNSでシェア