ぽっちゃり女子の水着の選び方!無理してビキニを着なくてもOK

ぽっちゃり体型な女子が水着を着て、海やプールにいるのを見ると、男性的にはどう感じるのか気になる方も多いことでしょう。

また、どんな工夫を施せば、そこまで周りの視線を感じることもなかったのでしょうか。

そんな今回は、ぽっちゃり女子の水着に対しての男性心理、どんな水着を選んだらいいか、また気をつけることについてご紹介いたします。

是非心から海やプールを楽しめるように、水着選びにも注目を注いでいきましょう。

ぽっちゃり女子が水着になるのは男性的にどう思う?

ぽっちゃり女子が水着で海やプールに行くことは、男性的にどう感じている場合が多いのでしょうか。

別に何とも思わない

特に駄目だとは感じません。まず、海やプールが好きなら人の目を気にせず向かえば良いし、我慢してまで行かない選択を選ぶのもあまり良い気はしません。

また、他のお客さんも多いために、人混みに紛れてそもそも視界に入らない場合こそ考えられます。むしろ水着云々の問題ではなく、友達と一緒になってキャーキャーと騒ぐようなうるささを感じる方が迷惑だったりします。

マナーを守っているなら、特に何とも思っていない場合が多いです。

程よい肉つきがあってむしろGOOD

細身の女性よりも程よい肉付きがあった方が健康的に見えるので、むしろ良いとさえ感じています。

女性特有の丸みの帯びた体型にも拍車をかけているために、可愛らしくて最高と心のうちで思われていることもあるでしょう。

パッと見て細すぎる女性は「きちんとご飯食べるのだろうか」と心配にも似た感情が生まれています。それにぽっちゃり女子でも、似合っている水着を着ているならそれほどまでに嫌な感情を抱くこともありません。

ぽっちゃりを通り越して3桁以上ものの体重なら、目に入った瞬間驚きにも似た感想を抱かれることもありますが、それ以下であるなら、さほど心配する必要はなかったりします。

逆にぽっちゃり女子は親しみが持てるために、思いがけずナンパされてしまうことだって夢ではないでしょう。

ぽっちゃり女子はどんな水着を着た方が良い?

ぽっちゃり女子こそどのような特徴の、水着を選んだ方が良かったのでしょうか。

お腹をカバー出来るワンピース調

お腹が見えないワンピース調の水着です。肌面積が少ない分、着痩せしますし、着る方としてもそこまで気恥ずかしい気持ちをいだくこともありません。

洋服感覚で着れるので、そもそもあまり海やプールに行かないという方にも実際向いていたりもするでしょう。

また、誤って紐が取れてしまって、誰かにつけてと頼み込む必要もありませんし、その点に関しても伸び伸びと遊び回れることです。

加えて、胸を寄せて、いつも以上に大きく形を見せる方法も、そこまでぽっちゃり体型に見えない場合が多いです。

水着=ビキニという印象が強いですが、このようにワンピース調のタイプも別にあることを知っておきましょう。

肌を出していない分、セクシーさよりも可愛らしさを演出していけるので、その方面でいきたい方にもおすすめです。

黒が入ったもの

引き締まって見える黒色が含まれている水着です。

同じタイプの水着でも、出来るだけ黒色が入ったものを選んだ方が、不思議と引き締まって見える効果が実感出来ます。

ぽっちゃりと感じていた自分の体型も、もしかしたら普通体型なんじゃないかと錯覚してしまえるほどです。

とは言え、一部分ではなく、全身が黒の水着を選ぶと、野暮ったい感じになるか、味気ない印象を受けてしまいます。そのため、そこまで取り入れすぎなくても良いでしょう。

また、黒色のビキニタイプなら、セクシーさが際立ってしまうので、なるべく布面積の多い水着を選ぶべきです。

肌が白いなら水着の黒色によって、非常に映えて見えるようにもなります。このように自身の特徴を、より魅力的に映す要素も隠されていたりするのです。

洋服に近いもの

洋服に見える水着です。

足と手だけは出して、まるで部屋着に近いようなタイプの水着なため、そこまで気負いすることもないです。

このような水着は、マタニティのママさんが体型をカバーする為に選ぶこともあるゆえ、ぽっちゃりな姿も程よく隠してくれる筈でしょう。

洋服に見えるといいつつも水に触れてわかるように、正真正銘の水着なので、安心して心ゆくまで遊べることでしょう。

周りからの目線もそこまで気になりませんし、体型を気にするあまり泳ぐことに集中出来ないという惨事にも陥る心配はありません。

また、上からパーカーを羽織るという二度手間もなく、そのまま歩き回りやすい格好とも捉えられます。

柄が入ったもの

無地ではなく柄が含まれている水着です。

何も描かれていない真っさらなタイプのものよりも、色々と複雑に描かれている柄タイプの方が、そちらに意識も集中するために、不思議と体型も細く見えます。

水が付着した後の、あのピタッとした感覚も柄の水着であるならそこまで気になりません。その為、無地か柄ありで迷っているなら断然後者を選ぶようにしましょう。

とはいえ、ヒョウ柄、ハート柄というように奇抜なデザインは逆に周りの目を惹きつけてしまうので、その点にも気をつけてください。

シンプルだけど可愛く感じられるような、ボタニカル柄、エスニック柄辺りを選ぶのが無難です。

また、ありがちなボーダー柄は横に太く見えてしまうので、この時だけは避けるようにします。

合わせて柄物は、近くから見るのと、遠くから見るのとでは印象もまた違うので、いろんな観点から見て選ぶようにすると納得もいきやすいです。

きちんと自分のサイズに合ったもの

サイズが自身に合う水着です。

細く見せようとわざと大きなサイズの水着を買っても、ダボダボとした印象を受ける為、逆に太って見えることがあります。

そのため水着を買う際には、きちんとサイズが合うものを選びましょう。

中には、わざわざ水着売り場に行って購入せず、通販で済ませてしまう方も多いのが現状です。

そんな場合でもサイズをよく確認した上でベストなものを選ぶようにしてください。また、本当に合うか不安な方は、ワンサイズなら上のものをあえて選んでしまっても良いでしょう。

到着後は、もしかの時のためにも返品できるように、タグは切らずにまずは一度着てみると具合もわかりやすいです。

逆にもったいないからと昔着ていた水着を出して、それで済ませる方法はピチピチに見えたり、場合によっては現地で破れてしまうこともあるので出来るだけ避けるようにして下さい。

ぽっちゃり女子が水着になる上で気をつけたいこと

ぽっちゃり体型の女子が水着を着る上で気をつけたいこととは、どういったものが挙げられるのでしょうか。

膨張色の黄色は選ばない方が良い

太って見える黄色の水着は選ばないことです。

可愛らしく元気なイメージを感じさせる黄色ではありますが、ぽっちゃり体型を気にしているならなるべく避ける方向でいきましょう。

また、そのほかにも鮮やかで明るいものも膨張して見えることがある為、なるべくシックで落ち着いたデザインを手にしていくのが良いでしょう。

普段の服装の中になら、そう言った黄色を含めても良いかもしれませんが、肌を露出するような水着になるなら、そこまで熱心に選ぶ理由は見当たらなかったりします。

とはいえワンポイント程度ならそこまで太ってみえることもなく、親しみやすさも感じられるので、あまり制限は無理してかけなくても良いでしょう。

堂々とするために必ず背筋を伸ばす

背筋を伸ばして歩くことです。自身の体型をコンプレックスに感じるあまり、自然と背中を丸めて歩いてしまう方も、実際多かったりします。

それでは性格も暗く見えてしまいますし「どうしたんだろう」とますます周りの注目を集めてしまうことにもつながります。

そのため、水着になったときこそ意識的に背筋を伸ばすようにと、心がけていきましょう。スッとした身なりに見えますし、背中がまるまっている時よりも何キロか痩せてみえることがあるでしょう。

一度癖として身につけるまで大変ですが、定着してしまえばあとは楽です。

また、周りの人に「背筋が曲がっていたらその度教えて」と伝えておくことで、声をかけてもらえるようにもなり、直さざるを得ない状況が強制的にでも作り上げられます。

また、背筋がスッとしていてかっこいいと感じる芸能人を待ち受けにしておく方法も、思い出すきっかけを作り上げるためにオススメです。

あまり露出にこだわらない方が良い

露出しようと考えすぎないことです。

水着=いつもより肌を見せないとと、イコールが出来ている方ほど、引き寄せられるようにビキニを選びがちになります。

とは言え、ビキニだけが水着の種類ではなく、そのほかにも様々なタイプの可愛い水着はたくさん存在しているのです。

他にも、一緒に行く人がセクシーな水着を着るからと言って、無理に合わせる必要もありません。自身が着たいものを優先させ、ぽっちゃり体型が気になるなら、とりあえずコンプレックスを刺激しないように、露出は控える方向でいきましょう。

「痩せた時に完璧な水着を着てやる!」と目標を立てても、次来る時までに、モチベーションを保ち続けることができます。

ぽっちゃりさんでも体型をカバーしてくれる水着は沢山ある!

ぽっちゃりさんでも、水着の種類によって体型をカバーしてくれるものは沢山あります。

そのため、海やプールにいけないこともありませんし、周りの目を過度に気にしてしまう必要もないのです。

また、水着を選びに行く際にも、必ず店頭に行く必要もありませんし、今の時代通販からでも好みの水着をすぐに購入出来ます。

しかし、その場合サイズをきちんと確認しないと、合わないものが届いてしまう恐れがあるため、そう言った部分も徹底して気をつけていきましょう。”

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る