社内恋愛でのアプローチ方法!地味だけど成功率の高い方法とは

ステキだなと思える人が社内にいるのはとても幸せな事。あなたもこの人ステキだなと思った経験があるのでは。

頼りないと思っていた同僚や後輩が難しい案件をテキパキこなす姿や、部下からの信頼も厚い上司がさりげなく励ましてくれたり。社内には私情は持ち込まないと思っていても恋する気持ちにはストップがかからないことも。

社内に好きな人が出来た時、あなたはどんなアプローチをしますか。

社内恋愛を成功させるには、相手の立場を踏まえたアプローチが効果的なのはご存知ですか。

今回は社内恋愛を成功に導くアプローチを3つ伝授いたします。

確実にモノにする!成功率の高いアプローチ方法。社内恋愛編

社内恋愛には作法が大切です。

大人の女性として彼への配慮を欠いてしまわないようにしましょう。配慮が欠けると、お互いの仕事に支障がでてくる可能性が大。

うまくいっても周りからの支援を得られない2人にならないよう、アプローチする際から気をつける必要があります。

それではどんなアプローチがおすすめか具体的にみていきましょう。

アプローチ1:好意を遠回しに伝えてみよう

あなたの彼に対する好意、周りの人に告げてみましょう。

その時は「私は彼が好き」とダイレクトに伝えるのは逆効果。

異性として意識しているのではなく、1人の人間として一目置いているような伝え方が効果的です。

  • 彼の仕事の仕方、尊敬しちゃいます。
  • この間、仕事で助けてもらって感動しました。
  • 身だしなみが整っていて、私も背筋がピンとします。

などの言い方が良いでしょう。

また、ただの噂好きな同僚に話すより、信頼できる人に雑談風に伝えるのがベター。ゆくゆく彼の耳にあなたの話しが届いた時、良い噂として彼の耳に入れば大成功。

これは、人は直接褒められるよりも間接的に褒められる方が真実味が増して、より嬉しいと思う心理を利用しています。

女性からの好意の噂を聞いたら男性は嬉しく思うもの。彼もあなたを意識しだすこと間違いなし。

ただ、噂好きな人に伝えた方が早く彼の耳に届くと思いがちですが、噂好きな人は話しを湾曲して伝えることも多いので、彼の耳に入るときには「あなたが彼を狙っている」というような直接的かつ下世話な話しになっている事も。

そうなるとあなたが、軽々しい人と思われてしまうこともあるので要注意。あくまでも良い噂が軽い空気に乗って届くイメージで好意を伝えてみてください。

アプローチ2:他の同僚も含めた食事に誘ってみよう

社内恋愛を成功させるコツは、成就する前にあいてに警戒されないようにすること。少し距離を近づけたい時は、他の同僚も含めたランチや飲みに誘ってみてください。

ここでのポイントは「他の人も同席」する事。

最初から2人きりだと「変な噂がたったらいやだな」とか「後々めんどくさい事になったらいやだな」と警戒されやすいもの。

また彼が上司であった場合、セクハラや贔屓をしているなどマイナスの噂を立たせない配慮が必要。その為にも他の人の同席がお互いにとって安心です。

気が合えば今度は2人でと自然になるはず。最初は焦らずじっくりと距離を詰めていきましょう。

プアプローチ3:口の固さで信頼感をアピールしてみよう

社内での評価や評判は地位や収入に直接結びつくもの。だからこそ、男性は社内恋愛に慎重になりがち。

社内恋愛は一歩間違うと、エコ贔屓やセクハラの噂が立ちやすいもの。だからこそ、あなたとのデートの内容や会話が他の同僚に筒抜けなんて考えるとゾッとしてしまうのが男性の心理なのです。

そこで、地味ではあるけれど大事なのは「彼にとってあなたは信頼できる人」というアプローチ。

飲み会やランチで彼から聞いた話しをあちこちでおしゃべりしてしまうのはNG。

また自分の部署の機密や同僚のことをペラペラ喋るのもやめておきましょう。

例え彼にとって有益な情報でも、ここはグッと我慢。

簡単に喋ってしまう人というレッテルが一度でも付いてしまうとなかなかとれないものです。

噂話や仕事の具体的な話しは避けるのが無難。彼に相談があるのならば仕事モードの時にすると良いでしょう。

公私をきちんと使い分けられるというのも信頼感を与えるポイントの一つとなります。

いつまでもいい関係でいるために!社内恋愛するなら信用が大切

いかがでしたか。

社内恋愛を成功させる1番のコツは「この子なら信用できる」と思ってもらうこと。

恋愛にならなくても同僚としていい関係を持続できるできるようなアプローチをするのがとっても大事です。

そんなあなたなら最初のアプローチで彼が振り向かなくても、だんだんとあなたが気になるようになるかもしれません。

あなたの恋愛、応援しています。

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る