友達の結婚報告に嫉妬してしまう!嫉妬心を上手に変換する方法

「私達ずっと独身かもしれないねー!」と笑いあった独女の友達が、「実は結婚するんだ」とおめでたい報告をしてきた。

「あんなに一緒だったのに!」「独女の同盟はどこにいったのよ!」と素直に喜べず、嫉妬に包まれる自分を感じてそのまま自己嫌悪に陥ってしまう人もいることでしょう。

どうすれば湧き出る嫉妬心を上手く抑えることが出来るのでしょうか。今回は友人の結婚報告に嫉妬してしまう理由、対処法をご紹介いたします。

どうせなら自信を持ち、少しのことでも動じない自分に変わりたいと感じるところですよね。

友人の結婚報告に嫉妬してしまう理由

どうして友達の結婚報告を聞くと良いなという嫉妬心が止まらなくなってしまうのでしょうか。

何でも優位に立ちたいから

友人よりも良い位置に常に居続けたいからです。

学力であっても容姿であっても優位に立たないと気持ち悪さを感じるように、性格的にも負けず嫌いな一面が見られます。

それが結婚という括りであっても同じなことで「何であいつが!?」と瞬間的に怒り狂ってしまいやすいのです。また、その結婚相手がかっこよくて経済力もあるならば、更に嫉妬心は上昇し続けることでしょう。

心の内ではその友人のことを見下しているからこそ、予想の範疇を超える行動に驚きを隠せません。

女として価値がないと言われた気分がするから

“女性”として負けた気がするからです。

結婚は女性にとっては憧れそのもので、良いと感じてくれる男性がいるからこそ出来るものでもあります。

そんな”選ばれた”友人と自分を無意識のうちに比べてみて、不思議と”需要がない”と言われている気がしてしまうので、気持ち的にも落ち込んだり、嫉妬します。

その時点で彼氏がいるなら、そこまで不安定に気持ちも左右されないのですが、フリー状態であれば「自分はいつ結婚することが出来るのだろうか」とその日から不安感が目立ってしまう訳です。

「このままずっと一人なのだろうか」という境地にまで辿り着いてしまったら、心細さを感じるのも当然ですね。

自尊心がめちゃくちゃに傷つけられたからこそ負の感情も湧き起こります。

遠くに行ってしまった気がするから

気の合う自分と似ている友人だと思っていたのに、一気に遠い人になったような感覚を抱いてしまったからです。

ましてや、そんな結婚するくらい良い人がいることも黙っていたくらいなら、そう思っていたのは私だけだったんだと、心底がっかりしてしまうことでしょう。

中にはその友人のことを、結婚報告を機に一瞬で嫌いになってしまう方もいるほどです。

敵だと少しでも見なした瞬間から嫉妬し始めるように、する本人としても自分の感情についていけず混乱している状態が伺えます。自分も早くそっち側に行きたいとは思うものの、今すぐに出来ることでもないので葛藤も混ざっているのです。

嫉妬心の根本的な理由が明確にわかっていないと、これからその友人と会うことも無くなるように、どこか二人の間に距離が出来てしまうことでしょう。

とは言え、遠くに行ってしまった気が”しただけ”という理由を後に知った頃には、仲直りは済んでいるはずです。

嫉妬して仕方がない時に行いたい対処法

嫉妬心が収まらない時にはどの様な対応を取ることで、果たして上手に対処することが出来るのでしょうか。

結婚が必ずしも幸せに結びつくとは限らないことを知る

結婚=幸せという考え方から脱却することです。

確かに大好きな人と一緒になるということは、非常に喜ばしいことではありますが、それがずっと続くかと言えば確実な保証はどこにも無いのです。

その一週間後に浮気される未来も可能性としては0ではありませんし、相手の本性が徐々に見えてきてこんなはずじゃなかったのにとげんなりしてしまう未来こそ考えられます。

その頃には「やっぱり結婚しない方が良かった」と感じるように、必ずしも幸せに結びつかないことを知っておきましょう。

100%幸せになれるかどうかは、やはり自分達次第で、時には理不尽なことも起きることはあるという事実を十分に把握しておけば、結婚する友達にそこまで嫉妬心が募ることもありません。

二人の結婚生活を勉強させてもらう

友人から学べるところをどんどん吸収していく方法です。

結婚したらどんなトラブルが起きやすいか、またどうすることで夫婦仲を円満に保つことが出来るのか、人生の先輩として見て、色々と学んでいくようにしましょう。

思いがけず友人が失敗した話を聞けば「自分はこういうことは絶対しないようにしよう」と肝に銘じることが出来ます。

良い部分は積極的に取り入れていくように、一足先に進んだ友人を見て、自分だったらどうするかと自身の結婚と照らし合わせてみてくださいね。

このように、どういう結婚生活を送れば良いのか、密かに友人夫婦をモニタリングすることで、色々と学べることが頭の中に入るので、嫉妬する気持ちもいずれかは消えてしまっているはずです。

嫉妬を前向きなエネルギーに変換する

結婚という報告に影響を受けて生まれた感情を、そのまま自分の恋愛観にも当てはめていくことです。

「私も結婚出来るような相手が欲しい」と感じれば、勇気を出して街コンに参加してみたり、友人に誰か紹介して欲しいと自ら頼み込めるようにも変われます。

ファッションの系統こそ変えてみたり、今よりも3キロは痩せてみるように努力するなど、色んな方向性に力が入ることも考えられます。

結果的に何かを得るための良い影響に変わることが多いので、嫉妬心をこう言った自分の為になるエネルギーに変換する方法は非常におすすめです。

また、ここから学べることもたくさんあるので、自身のレベルアップを見込むことも出来るわけです。

気がついたころには「自分も結婚する」ところまで辿り着けていたという未来が想像できるでしょう。

色々な目線から物事を考えてみる

今のことだけにとらわれ過ぎず、色んな部分にも目を向けてみることです。

例えば、自分が結婚する際、その頃の独身の友達が聞いたらなんて感じるだろうと考えると不思議と冷静になれます。

今の自分と同等に、負の感情を抱かれるかもしれないまで考えられたら、視野は確実に広まっている証拠です。合わせて、したことは後々に自分に返ってくるまで把握すれば、純粋に祝いたい気持ちのみが生まれてくるはずでしょう。

そもそも結婚報告した友達は幸せなのか、色々と理由を抱えての結婚だったのかもしれないまで考えると、また違った目線から物事を見ていけます。

今しか見えていないと気持ちも窮屈で、楽しいことも考えにくくなる為、出来る限り色んな目線から物事を見ていくように心がけてみてくださいね。

自分は自分、人は人、と境界線を今まで以上に太くする

気を取られてしまわないように、今まで以上に他人との境界線を強く意識していくことです。

性別、年齢、出身など、共通するものが沢山ある人物を見てしまうと、どうしても他人とは思えない感情が入り混じり、親近感こそ溢れます。

それがいつしか、”自分と同じ”という括りを無意識に行って、友達以上にのことが出来なければ、自分は価値がないと、理不尽に落ち込むような悪循環が生まれてしまうのです。

同じような考え方、生き方をする人は、実際この世に一人もいませんので、自分は自分だと気を強く保ち続けることが大切です。

このように境界線を意識的に太くすることで、そのようなおめでたい報告を聞いても動揺することも無くなり、素直に「おめでとう」と声をかけてあげることが出来るようになります。

嫉妬するうちは人との境界線が薄いんだということを知っておき、その度に意識的に太くするように心がけると、いつの日か何もしなくても平気になる日がやってくることでしょう。

結婚の失敗談エピソードを聞いたり読んだりする

羨ましいという気持ちを静ませる為に、結婚に失敗した話に触れていくことです。

ネットでそう言った類の話は検索すると直ぐに出てきますので、人によってはものの数分で自分の気持ちを落ち着かせることに成功します。

また、身近な人の話であれば、人づてでも聞くことで、よりリアルな情報を聞くことが出来るので、”結婚してない今の自分も十分に幸せなんだ”と改めて知ることが可能です。

しかしながら、そのようなエピソードに知らずのうちに影響を受けて「結婚する人はバカ」と偏った意見を持ち、誰かに主張してしまわないように気をつけましょう。

一瞬にしてあなたに悪いイメージがついて、今まで仲良くしていた友人も離れてしまう可能性が見込めます。

自分の心を満たしてあげる行動に慎む

好きなことに没頭することです。羨ましい気持ちを上書きしてあげるように、行なって楽しいと感じることを時間も決めずに、早速取り掛かってしまいましょう。

最初こそは結婚報告に気を取られ、純粋に楽しむことも難しいかもしれませんが、徐々に意識が集中していくので無理に中断させる必要もありません。

楽しいと感じるところにまで達したら、もう嫉妬する気持ちも落ち着いている頃合いでしょう。

自分の心を満たしてあげると、他の人の幸せも手放しで喜べるように、自分の優しい部分が目立つようにもなります。

最近疲れていたり何も楽しいことが無い方ほど、嫉妬心は高まりやすいので、このように自分を楽しませてあげられる時間を優先的に取ることも時には大切です。

友達の結婚報告に嫉妬してしまうのは誰にでもあること!でもそれは面に出さない方が良い

友達に、結婚の先を越されてしまえば「羨ましい」と嫉妬してしまうのも当然です。

しかし、その後に露骨に嫌そうな顔をしたり「その結婚本当に大丈夫なの?」と不安を煽るような言葉をかける行為は非常に失礼です。

中にはこれを機にもう会ってくれない友人も出てくることでしょう。

嫉妬する気持ちは心の中にだけ留めておき、表向きは「おめでとう!」と祝福する言葉をかけた方が、もしかしたら良い人を紹介してもらえるかもしれないようにと、自然とツキも回ってきます。

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る