大学生同士で同棲って早すぎる?同棲するメリット・デメリット

大学生で彼氏と同棲?と、単純に疑問に思いますよね。

  • 常に彼氏や彼女といたい
  • 少しの時間でも会いたい

と思う気持ちから、なんとなく一緒にいる時間が増え、同棲をスタートさせるカップルが多いようです。

大学生カップルの同棲におけるメリット、デメリットを紹介します。


大学生で彼と一緒に同棲するメリット

同棲するって実はいろんなメリットがあるのです。社会人とは違う大学生ならではのメリットとは。

経済的負担が少ない

大学生の収入と言えば、仕送りや奨学金、アルバイトの賃金です。決して、経済的に余裕がある生活とは言えません。

そんな中、彼に会いに行く交通費、外でデートして使うお金を考えると、同棲した方が経済的負担は少ないと言えそうです。

また、一緒に生活することで、家賃や光熱費などの生活費も2人で支払うため、負担が軽減されます。

毎日電話をしているカップルの場合、携帯会社の話し放題のプランに加入する必要もなくなりますし、スマホ代の節約にもつながりそうですね。

ただし、生活費をどちらが何割負担するかなどでトラブルになることもありますので、節約のために同棲した方がいいという安易な考え方はやめましょう。

わざわざ会いに行く手間が省ける

大学生となると、自由な時間が多い分、彼氏や彼女に会う時間も増えます。

彼に会いに行くために、時間と費用をかけるよりは、一緒に生活し、アルバイトや学校が終わったら同じ家に帰るという方が効率いいという考え方もあるようです。

また、課題を一緒にできるというメリットもあります。

あなたを高めてくれる彼との同棲は、お互いいい刺激になり、勉学の向上へつながるでしょう。

彼の意外な一面を知ることができる

大学生の頃から交際し、のちに結婚という話はよく聞きますよね。

同棲したことによって、彼の習慣やライフスタイルを見ることができるというメリットがあります。

たまにしか会う関係だと、どうしても彼のいいところばかりが目につきますが、いざ、結婚となるとそうはいかないのが現実。

今後、彼と生活できるのかを知る重要な機会となりそうです。

同棲のデメリット

メリットがある分、デメリットももちろんあります。

同棲をスタートさせようと思っているカップルには、ぜひ参考にしてほしいデメリットを紹介します。

一緒にいることが逆に仇になることも

ずっと一緒にいたくて始めた同棲ですが、2人の恋愛感情に差がうまれてしまった場合、修復不可能になるまでいっきにバランスを崩してしまうこともあります。

大学生というと、バイトや、飲み会、とにかく自由に過ごす時間が多いですが、どちらかが一緒にいたいあまり、束縛してしまい、結局相手が窮屈になってしまう…といったようなケースもあるようです。

彼に依存しないよう、自立心がないと、同棲自体を楽しむことは難しいようです。

妊娠してしまうケースも

同棲することにより、大人の関係になってしまうことが想定されます。

学生であるにもかかわらず、妊娠してしまい、退学もしくは堕胎するカップルは増えているようです。

出産、子育てはいつでもできますが、学生時代はその時しかありません。お

互いがきちんと大学生らしい生活を送ることができる環境をつくることができるよう、努める必要があります。

目標を失うこともある

大学へ進学するということは、多少なりとも学びたいことがあるということ。

彼氏と一緒にいて、遊びまわっているうちに、目標を失うという心配があります。

本来、大学へ進学した目的を失うことがないよう、彼との時間と勉強の時間のメリハリをきちんとつけることができない限り、同棲はおすすめできません。

高い学費を払っていながら、何も身につかないということはもったいないと思いませんか?自堕落した生活にならないように心がけが必要です。

大学生であることを前提に生活する

中には親の仕送りを受けながら生活している人もいるでしょう。

同棲することは、2人にとっては、楽しく、プラスになることもあるかもしれませんが、勉学よりも彼氏との時間を優先してしまわないように注意しましょう。

案外、大学在学中の時間は、将来へ大きな影響を及ぼすものです。そこできちんと目的を持ち、2人で高めあえるような関係が理想ですね。

同棲したことをきっかけに、自分自身の夢を見失うことがないよう、自分が大学生であるという自覚だけは忘れないように、同棲生活を楽しむことをおすすめします。

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る