自分から振った彼氏と復縁したい時に注意するべき5ポイント

理由があって彼氏を自分から振ったのだけれど・・。

冷静に考えたら、もう1度やり直したい!そう思ったあなた。

でも「やっぱり好き」というのはなんだか彼に悪いと思うし、何か注意することはあるかなぁ?と思ったらぜひごらんください。

今回は自分から振った彼氏と復縁したい時に注意するべきポイントをご紹介します。

 

彼氏を振ったけど復縁したい時に注意するべきポイント

 

なぜ振ったのかはちゃんと伝える

「やっぱり好きだから」だけでは、「じゃなんでふったんだよ!」となります。

ただ単に寂しいからだろうなんて言われたら喧嘩になってしまいます。

ですからなぜ振ったのか、どうして復縁したいのかを細かく説明しましょう。

男性は結構そういうところはシビアな面があるのでただ復縁したいでは根堀り葉ほり痛いところをついてくると思いますので何でもこたえられる準備はしておきましょう。

 

「復縁してあげる!」な態度は絶対NG

「振ったけど復縁してあげるよ!」という態度は絶対NGです。

相手からしたら振るだけ振っておいて何様だよ!と怒りたくなりますよね。

振ったとしても立場は対等ですから最初の告白のように同じ目線で話しましょう。

最初は彼と別れてから考えたことや、別れた理由によっては治したいと思っているところ、楽しかった思い出なども有効です。

 

彼のプライドはズタズタ状態なのを理解する

男性が女性に振られるというのはプライドをズタズタにされた状態です。

ですから何を言っても「今更」「自分勝手」とはねつけられることが大半でしょう。

まずは、仕事や彼の褒められる部分を探して褒めることで彼のプライドを回復させましょう。

それから復縁にもっていかないと「俺には自信がない」と復縁許可は出ないかもしれません。

そしてそんな彼に「なんなのよ。やっぱりいいや。バイバイ」なんてされたら彼は本当に再起不能です。

 

自分の気持ちを押し付けない

「私は別れてからあぁでこうで」とあなたの気持ちを押し付けて「だから復縁したい」なんてことは絶対に言わないでください。

今ここで大事なのはあなたの気持ちではなく、相手の気持ちです。

しっかり相手の気持ちを聞いた後、あなたの気持ちを話しましょう。

男性はしっかり話を聞いてもらえることが嬉しいのです。

付き合っているとどうしても話を流しがちだったりもしますよね。

ですから今、復縁をしたいという状況の時に相手の話をしっかり聞くのは当然です。

 

復縁してもらえるという前提で話を進めたり会わないこと

自分から振ったということは、相手はまだ自分に未練があるはず!という考えで復縁を申し込む人がいますが大きな間違いです。

確かにあなたからの復縁依頼を待っている男性もいるかもしれません。

ですが大半の男性は思い出に変えて前向きに生きていこうと思っています。

ですから復縁してもらえるという前提で会って話などをしても「え、今更無理だよ」と言われて終わりです。

 

自分から振った彼氏と復縁したい時に注意するべきポイントのまとめ

まず理解しておくべきことは、自分から振った相手と復縁するというのは相当難しいことです。

だからこそ簡単な気持ちで「復縁したい」なんて言うと自分が傷つく可能性もあります。

もう1度復縁したいのなら気持ちを素直に話して、次はもうこんなことはないと彼に誓ってあげてくださいね。

以上、自分から振った彼氏と復縁したい時に注意するべき5ポイント…でした。


 

元彼と復縁する方法に興味のある方は、こちらの記事もぜひお読みください。

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る