次男の彼と恋愛するなら。彼女が気をつけておきたいポイント9選

次男と恋愛するなら、彼女として、女性として気をつけておきたいことがいっぱい。

「次男の彼と上手に恋愛したい」「この先もずっと次男の彼に愛され続けたい」と願うなら、こちらの記事をチェックしてみてください。

上手に付き合っていくために気をつけておきたいポイントを9選ご紹介しています。これを読めば、次男の彼に愛されすぎること間違いなしです!


次男の恋愛は追いかける恋!気をつけておきたいことって?

生まれたときからライバルでもあり、同志でもある長男の存在があった次男。

次男の彼は、ずっと長男の背中を追いかけて生きてきました。

そんな次男の恋愛は、穏やかだけど追いかける恋に情熱を燃やします。「気をつけることって何?」と思ったあなた。

これから、次男の彼と幸せになるためのとっておきのポイントを学んでいきましょう。

理想が高い

一見、穏やかそうな雰囲気に見える次男。

しかし、長男を人生の目標として追いかけ続けて来ただけあって、何気に理想の高い男性が多くあるのが次男です。

そのため、彼女や将来のパートナーとして選んで恋愛するのは、他人より秀でたモノがある女性になりがち。

周囲の男性がどこかうらやむような容姿であったり、誰しもが持っているわけではないような才能を持った女性であったり。理想が高いのは、負けず嫌いな一面も直結しているといえるでしょう。

だからこそ、油断して太りすぎたり、ルーズな様子を見せ続けたりするのはアウト。

次男の恋愛はまさにゴールのない追いかける恋。次男は長男だけでなく、彼女となる女性も追いかけ続けて行きたいのです。

独占欲が強い

次男と恋愛するときに気をつけておきたいのは、独占欲の強さです。

長男や親の顔色を見ながら、リスクをすり抜けるように生きてきた要領の良い次男。

平和主義のようなたたずまいに見えるものの、ココロのなかはいつも愛情欲しさの独占欲でいっぱいです。それに気づかず、次男の前で他の男性と仲良くしてしまったり、甘えているのに放置したりすれば、恋愛のテンションは一気に急降下。

独占欲が強くあるのは、不安になりやすい性質を持っていることと同じ。

明るく見えるその裏で、自分を愛して欲しいという寂しさでいっぱいなのです。

次男の彼と恋愛するなら、強い独占欲を充分に満たして、心から安心させてあげるようにしていくと良いでしょう。

優しさでラッピング

次男はとにもかくにも、女性に包容力を求める人が多いです。

ときに、兄である長男が次男に対して優しく接している場合もありますが、ほとんどの兄弟は兄が弟に対してやや威圧的になる傾向に…。

そのため、次男は優しさにあふれた女性と恋愛に落ちる傾向が強いです。厳しさは両親や長男である兄からだけでお腹いっぱい。

彼女までが優しさに欠ける態度で接してしまったら、次男は恋愛に対して息苦しさを覚えてしまうのです。

姉御肌すぎてもNG

兄が存在する次男のお相手には、グイグイ引っ張ってくれる姉後肌的な女性がお似合いかと思いがち。

しかし、次男には家庭のなかで培った要領の良さが染みついていることを忘れてはなりません。

次男は意見がないように見えるのではなく、ただ主張しないだけなのです。それもこれも、素直に自分の感情や気持ちを表現してイタい目に遭う長男の世渡り下手な姿を目の当たりにして来たから。

自己主張がないからと言って、あまり彼女がリードしすぎると「自分の意見を取り入れてもらえない…」と次男の不満は募ってしまいます。

姉後肌もほどほどにして、バランス良く頼ることも次男と上手に恋愛する秘訣なのです。

よりかかりすぎる女性もアウト

姉後肌すぎる女性だと窮屈さを感じてしまう次男。

だからといって、よりかかりすぎる女性もアウトとなってしまうのが次男の恋愛です。元々、手をかけられすぎることなくノビノビと育ってきた次男は自由人。

もちろん、女性に頼られることで喜びを感じる男性もいないわけではありませんが、もっぱらそれを負担に感じてしまうのが次男です。

経済的にも、精神的にもよりかかりすぎる女性は次男に敬遠されると心得て。

両親や兄の間でバランスをとりながら生きてきた次男だけに、彼女となる女性にもバランスの良さを必要としてしまうのです。

他人を気遣うことが苦手

次男の彼は末っ子であるという場合に、彼女が恋愛中モヤモヤしてしまいがちな要素がこちら。

生まれたときから家族のアイドル的存在だった末っ子次男は、他人のお世話を自分がしてあげたり、助けてあげたりという概念がほぼ0パーセント。

付き合っていれば、そんな次男の気遣いのなさにイライラしてしまうこともあるのではないでしょうか。しかし、他人を気遣う必要の薄い環境に育っていれば、突然気の利く人間になることは難しいものです。

あまりにも無神経である場合を除いて、次男の気遣いのなさは多めに見てあげると良いでしょう。

他人への気遣いの大切さを言葉より行動で示してあげれば、そのうち次男の彼も感化されて、イイ男へと成長していくはずです。

何気にプライドが高い

見てわかるような神経質さと気高さを持つ長男に比べて、次男はそこまでプライドをかざしているようには見えないもの。

だからといって、「言いたい放題言っても大丈夫…「と油断してしまうと壊れてしまうのが次男との恋愛です。

兄にアレコレ指図されたり、口喧嘩に敗北したりしている次男は意外と劣等感でいっぱい。

なのに、彼女までが彼のプライドを傷つける行動に出てしまえば恋愛が終わりに近づくのも時間の問題となってしまいます。

次男の彼と今後も幸せに付き合っていきたいのなら、感情的にならず、敬意を持って接することがカギとなってくるでしょう。

本音が見えにくい

黙っていても思っていることが顔に出やすい長男に比べて、本音のみえにくくあるのが次男の特徴です。

また、次男は両親と兄の顔色を伺いながら行動するクセがあるため、本心はそうでなくともリスクを回避するために自分の意見を押し殺してしまうことも。

だからこそ、次男の本音は言葉よりも行動や仕草からのチェックを欠かさないようにするのが吉。

周囲の空気を読んで言葉を飾り立てたとしても、隠せないのが行動です。

次男との恋愛は、言葉だけでなく行動も気づかれないように観察するのがおすすめ。そうすれば、次男の彼の気持ちが手に取るようにわかるようになります。

そんな彼女を「居心地の良い女性「だと、次男は追いかけずにいられなくなるのです。

浮気には要注意

以上のポイントを総括すると、要領が良く、本音が見えにくく、他人を気遣うことが苦手で自由を好む次男との恋愛に覚悟しておきたいのが浮気の危険性です。

家族や周囲と上手く折り合っていくために「本心を隠すこと=リスク回避「だと考える次男は、本当は興味が薄れているにも関わらず、彼女を大切にしているように見せかけるのもお手のもの。

彼とはラブラブ…なんて安心していたら、知らない間に浮気されてしまうかもしれません。

要領が良くて愛されキャラの次男は恋愛していて本当に楽しい存在。しかし、その要領の良さがデメリットになりがちなのも次男との恋愛で気をつけておきたいことなのです。

次男と恋愛するなら!要領の良さを見習って彼に追いかけさせよう

長男の背中を追いかけながらも、ちゃっかり要領の良さを身につけて立ち回ることに長けている次男。

そんな次男をいつまでも自分に夢中にさせるためには、彼の全てを受け入れて気づかれないように上手にコントロールしつつ、要領の良さを見習うことです。

そうすれば、母親でもなく、兄でもなく、下の子でもない彼女の圧倒的存在に、次男の彼はもうメロメロ。

追いかける存在は兄に代わって、あなたがバトンタッチ。

上記の9つのポイントに気をつけて次男との恋愛、たっぷり楽しんでいきましょうね。

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る