婚活の初デートを好印象で終わらせる!2回目につなげる7つのコツ

婚活をはじめたら、初デートをする日が必ずやってきます。

はじめから結婚を意識している初デートなので、「未来の旦那さん」に期待や妄想が膨らみますよね。

とはいえ、ふつうにデートを楽しむだけで、果たしてよいのでしょうか?婚活を成功させるためにも、初デートから2回目以降につなげるのがとても大切です。

そこで今回は、婚活の初デートを好印象で終わらせるコツを7つ紹介します。

素敵だな、と感じた男性と2回目のデートにつなげられるよう、しっかりとコツをマスターしておきましょう!


初デートは清潔感をとくに意識する

婚活するうえで、初デートはとても重要です。初デートであなたの印象が決まるので、とにかく清潔感を意識しましょう。

服装は行先によって変わりますが、「女子アナ」スタイルを意識してみてください。派手すぎたり、流行を追い過ぎていたり、個性的なファッションはNGです。

7割程度の男性が好む、いわゆる王道のデート服を選んでみましょう。

清潔感を出すために注意するべき点

あくまで婚活の初デートなので、お洒落を優先するよりも品と清潔感を意識してみてください。

服装に限らず、口臭・体臭や髪が傷んでいないか、などの事前チェックも大切です。臭いは自分で気づきづらい部分だからこそ、余計に気をつけてケアしておきましょう。

余裕があれば事前に歯医者で検診をうけたり、美容室で髪をトリートメントしておくのがオススメです。

また、初デートで食事をする場合は、テーブルマナーをおさらいしておきたいところ。

清潔感のある身なりをしていても、仕草から「汚い!」と思われてしまう可能性があります。

お箸の持ち方や音を立てて食べていないかなど、最低限のマナーは意識しておきましょう。

初デートは2~3時間を目安に切り上げる

婚活の初デートは、短くスマートに終わらせるのが次につなげるポイントです。

初デートは緊張して疲れやすい状態なので、長時間のデートはオススメできません。気合を入れてドライブや遊園地デートをしてしまうと、「疲れた…」という印象しか残せない可能性が大きくなります。

初デートは、「もう少し一緒にいたいな」と思えるぐらいの長さで切り上げるのがベストです。

名残惜しさが残るタイミングで切り上げると、2回目のデートにつなげやすくなりますよ。

短めのデートは「時間が足りないほど楽しかった」という印象を残しやすく、男性に「もっと一緒にいたい」と思わせる効果が期待できます。

どんなに盛り上がっても、初デートは短時間で切り上げたほうが効果的! と覚えておきましょう。

会話しやすいデート場所を選ぶ

婚活の初デートは、落ち着いて会話しやすい場所を選んでください。

食事は相手との距離を縮めやすくするので、ランチやディナーデートがとくにオススメです。

場所は騒がしい居酒屋などよりも、雰囲気のよいカフェやカジュアルなレストランを選んでみましょう。

食事をする場所は、事前予約が必須です

いざ行ったら満席で入れなかった…というシチュエーションは、デートの雰囲気を台無しにしてしまいます。

男性側が予約してくれたらよいですが、やりとりの中で決まったお店であれば「自分が予約しておきますね」くらいの気遣いを見せたほうが好印象でしょう。

デートプランは相手に丸投げせず、お互いが楽しめる場所を一緒に探してみてくださいね。

また、心理学的なポイントとして、食事やお茶をする場所は対面テーブルよりもカウンターなど隣り合う席がオススメです。

隣同士や45度の角度で座ったほうが親密になりやすいので、お店選びのポイントにしてみてください。

会話のネタを事前に用意しておく

あらかじめ、初デートで話す内容を準備しておきましょう。

初デートは緊張で、話題が浮かびにくい状態です。沈黙を避けるためにも、話のネタをある程度は持っておいたほうが無難でしょう。

綿密に考えておく必要はありませんが、相手のプロフィールに目を通して共通の話題を見つけておくのがオススメです。

とくに共通の話題がなければ、子供時代について話を振ってみてください。子供時代の話はお互いをよく知れるきっかけになるので、将来についてイメージするのに役立ちます。

とはいえ、結婚に関する具体的な話を振るのはNGです。

結婚を意識したデートとはいえ、根掘り葉掘り相手の考えを尋ねてしまうと引かれてしまいます。

会話の内容は、結婚に焦っている・取り調べを受けているようで不愉快と思われてしまわないように、注意してくださいね。

また、政治や宗教などデリケートな内容も、初デートでは避けておきましょう。

笑顔を忘れず自然に振る舞う

初デート中は、常に笑顔を意識して過ごしてみてください。笑顔は相手の緊張をほぐし、好印象を与えてくれます。

とはいえ、初デートは緊張で顔が強張り、上手く笑えないかもしれません。

自分では笑っているつもりでも、口角が上がっていなかったりするので、事前に鏡をみながら練習しておくとよいでしょう。

また、自然体を意識してデートするのが大切です。

デートの相手が素敵な男性であるほど、自分をよく見せたくなるかもしれませんが、将来を意識するからこそ、あくまで素の自分を見せておくのがよいでしょう。

無理に頑張りすぎず、自然な自分を意識してみてください。余裕があれば会話のテンポやテンションを、相手に合わせて過ごしてみるのがオススメです。

ボディタッチは控えて、穏やかに相手と接してみましょう。

初デートの会計は支払いの意思表示を

初デートの会計は、男性側が奢ってくれようとしている場合でも、必ずお財布を出して支払いの意思を見せましょう。

男性が割り勘を希望すれば、素直に支払うのが大切です。

初デートは男性が奢るのがベターとはいうものの、「奢られて当然」という女性の態度はマナー違反といえます。

お金が目的ではなく、ご馳走してくれるかどうかで男性の本気度を確かめたいという女性がいるかもしれませんが、男性側も女性の態度をチェックしているのを忘れてはいけません。

一方で、男性が奢ろうとしてくれている時はしつこく食い下がらずに、素直にお礼を言いましょう。男性によっては奢りを女性に拒否されると、プライドが傷ついてしまう場合があります。

どちらにせよ、お金で揉めるのはスマートではありません。女性は支払いに意思を持ちつつ、最後は男性の意思を尊重してあげてください。

大人ですから、期待通りの流れにならなくても嫌な顔をしないようにしましょう。

別れ際まで気を抜かず、解散後はすぐにお礼の連絡を

婚活の初デートは、別れ際まで気を抜かず過ごしましょう。

別れ際に一度も振り返らず帰宅してしまうと、男性は「もしかしたら楽しくなかったのかもしれない…」と不安になるものです。

男性が2回目のデートに誘いづらくなる可能性もあるので、一度別れた後も振り返って手を振るなど、彼が見えなくなるまで気を抜かないでおいてください。

解散後は、帰宅するまでにお礼のLINEやメールをしておくのがオススメです。早めの連絡は「きちんとした人」というイメージにつながります。

またデートをしたい! と思える相手であれば、女性側から「また会いたい」と連絡で誘っておくのがよいでしょう。

あくまで誘い方は「軽く」がポイントです。

いっぽうで、「この人と2回目のデートはいいかな…」という時は社交辞令でも次回をほのめかす発言は控えましょう。男性は察するのが苦手なので、社交辞令の発言でも次回を期待してしまいます。

もう一度デートをしたいかどうかで、お礼の連絡は内容を変えてみてくださいね。

婚活の初デートは相手からの見られ方に気を配ろう

婚活の初デートは相手を深く知るというよりも、男性に好印象を持ってもらえるように意識して臨みましょう。

とはいえ、婚活の初デートに失敗はあって当然です。何事も経験ですから、初めから上手くやろうとせず、気合を入れ過ぎないでくださいね。

2回目のデートにつなげられるように、初デートは好印象を心がけつつ、ありのままの自分でいられるよう努力しましょう。

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る