高校生の恋愛はどこまでするの?イマドキの高校生の恋愛事情

恋愛としては、覚えるのもスタートするのも、一番適していると言える年齢、それが高校生ですね。

青春真っ只中で、男女ともに色恋づく年頃です。

でも、実際のところ、まだ恋愛がこれからという人は、いったいどこから手を付けていいものか、どんな恋愛をすべきか分からないでしょう。

イマドキ高校生の恋愛、赤裸々な中身を調べてみました。

恋愛としてはスタートに適した年齢、多くは高校生から恋愛デビューする

義務教育を越えた高校生は、恋愛など人生の分岐点となる経験を積む年代でもあります。

多くの人が、初めて彼氏ができたとか、初エッチを済ませたと言います。

調べてみると、初めての恋愛(付き合えた)を経験した人は全体の6割、初エッチを経験した人は全体の7割という結果でした。

心もカラダも恋愛をする準備が済んでいると言えるでしょう。

また、異性への恋心が出て、それを形にできる年齢でもあります。

大人と同じようにデートして、異性を楽しませることができたり、成熟してきている証拠なのです。まだ学生の身とはいえ、それなりに活動範囲も広がり、大人と子供の中間で「大人寄り」です。

多くの人は初めて「恋愛」と言える経験を積み、また準備ができ始めている段階とも言えるのです。

やはり学校内で付き合う人が多い!

高校生の多くは校内で出会うのが7割、付き合うのが恥ずかしいなどの理由で他校の生徒と付き合うのは3割でした。

義務教育を終え、交友範囲が広がったとはいえ、やはり近場の異性に惹かれてしまうケースが多いようです。

男女別で見てみると、どちらかと言えば女子高生のほうが、他校の生徒に憧れたりする傾向にあるというアンケート結果もあります。

高校生の年齢は、男子のほうがまだ未熟ということもあり、理由は大きくなくても異性に惚れやすいのです。

恋愛に対して防御が薄い分、好奇心と意欲が突っ走ってしまうからです。

一方で女子は、男子に比べると慎重だということです。

素敵な異性を見つけられるかよりも、恋愛したいという気持ちが強すぎて、近場の異性に惹かれるということも多いのです。

校内で出会うメリットはもちろん会えること!でも別れたらそれなりにツラい

校内で出会えるのは幸せなこと、会える回数も多くなるとはいえ、逆に別れると顔を見なくてはいけないデメリットもあります。

失恋すれば当然ですが、別れた相手と会うことはツラくも感じるでしょう。

それだけ近くにいる分、「会えること」はプラスにもマイナスにもなってしまいます。

恋愛の別れというのは、お互いに納得してスッキリ別れられるということ自体、かなり理想的と言えます。同時に、それだけ少ないパターンでもあります。

恋愛する最初から「別れたあとのこと」を考える人はいませんが、今から恋愛対象となる異性を探すのであれば、こういうことも覚えておきましょう。

会える回数は、別れてからもだいたい同じなので、反比例してデメリットに変わる可能性があります。

他校の異性と出会うには?友達の紹介が大半、会う回数は減るので覚えておこう

他校の異性と出会って恋愛する高校生は、多くが友達の紹介から発展、当然会う回数は校内恋愛より少なくなってしまいます。

会おうとする気持ちで、回数を増やすことは可能ですが、やはり高校生の恋愛といえば、登下校の時間も大切なデートと言えます。

これが無くなるのですから、会える回数は減ってしまいます。

他校の異性と付き合っているのは、全体の3割となっており、「それなりに多い」と感じるでしょう。

とはいえ、高校生の恋愛って「会いたい気持ち」が最高潮とも言えるほど、熱い気持ちが生まれるものです。他校の異性と付き合うなら、そういった気持ちのコントロールも必要になるでしょう。

中には、大人と同じように「浮気」なんて人もいて、その理由は「会えないから」と答える人がほとんどです。

やはり恋愛は、会ってお互いの顔を見られるというのが大切で、これは大人でも高校生でも変わらないということです。

先輩・後輩と付き合う?学年ごとの行事が違うから実は会えないことも多い

同学年意外と付き合う人もいますが、学年ごとの行事や受験などもあるので、実は校内恋愛とはいえ会えない人も多いようです。

たった3年間しかない高校生活、実はそれなりに中身が詰まっていながら、学業が進行していくものです。

楽しい時間は早いと言いますが、まさにコレかもしれません。

実際のところ、学年単位の行事があったり、専攻科目の授業などは、学年単位で違うことも少なくありません。

校内恋愛であって、先輩・後輩と付き合ったけれど、実際は思っているより会えないと感じる高校生はたくさんいます。他校の異性と付き合うよりは会える回数は多くなりますが、同級生でないことは、先にどちらかが卒業・進学ということもあります。

学年が違う相手との恋愛は、校内恋愛であっても、会えないことがあることを覚えておきましょう。

キスなんて当たり前?!高校生の恋愛はどこまで進む?

高校生の恋愛はどこまで進んだらいいかなんて、正解はないもの、キスはしてても不思議じゃない、エッチまで当然と考える人もいます。

実際、一番気になるのがココかもしれませんね。

アンケートを取ると、地域性によっても変化がありました。

東京や大阪、名古屋など、大都市と呼ばれる地域の高校生は、ハッキリ言って「体の関係なんても当然、愛しているから」と答える人がほとんどです。

確かに少数ですが、「そこまではちょっと…」と敬遠する人もいました。

逆に地方と呼ばれる地域では、体の関係まで進む高校生カップルは、全体の3割強にとどまっています。

考えかたが違うのと、初エッチを迎える場所が無かったりと、色々な理由があるようです。

とはいえ、9割以上の高校生がOKと答える「キス」については、ほぼ全てがアリと考えているということです。体の関係までOKと考える高校生は、全体の半数以上とはいえ慎重論と言え、キスはOKと答える人がほとんどです。

イマドキの高校生は昔よりスキンシップが多い

高校生同士のデート、映画館やショッピング、中には旅行に行ったというカップルもいて、昔よりはスキンシップを取る傾向にあります。

今もありますが、「不純異性交遊」という言葉のように、昔は手をつなぐだけでも不潔と言われたような時代です。

男女の関係に、人目が気になるのは大人も高校生も同じでした。

調べてみると、今では人目もはばからず手をつないだり、腕を組んで歩くなんてことも、結構当たり前と言えるでしょう。昔からすると、ベタベタくっつくように歩く高校生カップルは、よく見かけますよね。

デートは相変わらずショッピングや映など、いたって昔と変わらない場合や、中には親の目を盗んで旅行に行くという人もいました。

「結構進んでいる」と言ってもいいかしれませんね。

大人と子供の境目!高校生同士の恋愛はリスクが大きい

恋愛にはリスクが付きもの、妊娠する可能性もあるので、別れたりすると大人と同じようにリスクがあります。

カラダは、男女ともに大人への成長が進んでいる時期、当然ながら妊娠の可能性もあります。

カラダの関係を持たない高校生以外は、当然ながら若気の至りでエッチしちゃうと、あとから妊娠していたなんてことも珍しくありません。昔も確かに「高校生の妊娠」はあり得る話でした。

とはいえ、今に比べると出産して子育てを選択するというのは、「人生を捨てるくらいの言われかた」したものです。

避妊を考えずに、「愛しているからなんとでもなる」と、勝手に解釈してはいけません。

お互いに卒業して、一定の仕事に就いてから結婚、もしかすると上手くいけば順風満帆だったハズが、一転していばらの道を歩むことになりかねません。

大人への階段がゴールに近づくなか、当然ながら責任も大人に近いところにあるので、付き合いかたは十分に注意も必要です。

大人になってから失敗しないために学べるいい機会!高校時代の恋愛を大切に

大きな失敗は成長の糧になる、だから恋愛も失恋も、大人になってから大きな痛手にならないための材料と思いましょう。

全ての恋愛が上手くいくわけではなく、それは大人も同じことです。

いろいろな幸せも、苦い経験や失敗も、高校生になれば中身が変わってくるでしょう。大人になるための最終段階だからです。「今だから失敗できる」というのは、高校生だから言えることがたくさんあります。

大人になり社会に出て、失敗や悔しい思いをしても、「明日は仕事で生きるために行かなくちゃいけない」という、苦しいハードルがあるからです。

学生のうちは、一日や一週間、漫然と過ごしても取り返しがつくでしょう。しかし、社会に出ると、それでは取り返しのつかないことがたくさん出てきます。そうなってから、幸せに浸り過ぎて物事が手につかない、失敗が辛くて何もしたくないということではいけません。

大人になってからも恋愛で失敗はたくさんありますが、高校生のうちに身に付けられる「耐性」というものがあります。

高校生の恋愛は、社会に出るうえでも、タメになることをたくさん学べるハズ、大切な経験であることは間違いありません。

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る