男性から好かれてるサインを見極める!脈ありの有無をサインから判断

好きな男性ができると、「私のことをどんな風に思っているのかなぁ」と気になるのではないでしょうか。

心を読むことはできませんし、気になるからと言って、直接聞くこともかなり難しいことです。

しかし、男性が出すサインから判断することは可能です。

気になる男性から無意識に出されている好意のサインをキャッチすることができれば、こちらからもアピールしやすくなるはずです。

言葉なのか、行動なのか、そしていつどんな時に好意のサインが出ているかということは難しいことではなく、よく見ていれば案外わかりやすいものです。

今回は、男性からの好意のサインなのかどうかを見極める方法をご紹介しましょう。

見つめながら笑顔で接してくれる

会話や作業など何かする時に、こちらの目を見て笑顔で話してくれる男性は、好意があることが多いようです。

営業や接客など、仕事であれば別ですが、一般的には笑顔になるということは、目の前にいる人との時間が楽しいからと言えます。

笑顔でこちらの言動に反応して、「すごいね!」、「それは面白い!」など手を叩きながら、ちょっとオーバーリアクションを見せる男性も好意があるからです。

そもそも、何の興味も抱いていない女性であれば、リアクションする必要はありませんよね。

交流の必要がないと思われてしまうと、笑顔を見る機会自体がないのです。

接する機会があるのは相手に好意があるから!

笑顔で一緒にいる時間を楽しんでくれる男性がいる場合は、どちらから声を掛けているか考えてみてください。

ご自身ではなく男性側から声を掛けてくれることが多い場合は、好意があるということが考えられます。中には、笑顔は見せてくれない男性もいるかもしれませんが、その場合は緊張しているからかもしれません。

好意があって話しかけても、どうして良いかわからず、表情が硬くなってしまうのです。

  • 言葉を噛む
  • 汗をかいている
  • 目をあわせてくれない

上記のように、緊張した態度を見せている場合も好意のサインと言えます。

女性慣れしている男性は別ですが、一般的に好きな女性の前では普段通りに接したくても難しいことがあるようです。

意識してしまう相手だからこそ、普段通りの自分を出すことができなくなってしまいますが、これは女性も同様ですよね。

また、会話は弾まなくても、笑顔で挨拶してくれる場合も好意のサインであることが多いようです。

周りと自分への挨拶の違いをチェックしてみましょう。

周りへはトーン低めで笑顔がないのに、自分へはトーンもテンションも高めで笑顔がある場合は、こちらを意識してアピールしている可能性が高いと言えます。会話だけではなく、挨拶もこちらからではなく、男性からされることが多いのであれば、好意を抱かれている可能性があります。

気になる男性ならば、たまにはこちらからもアクションを起こすことで喜ばれるのではないでしょうか。

会話への参加も好意があるから!

好意を抱いている場合は、自分以外の男性との会話にも敏感です。

あなたが別の男性と楽しそうに会話している姿を見て、気になって仕方がない時は途中から会話へ参加してくることもあります。

会話へ参加するということが好意のサインと言えます。

「何の話をしているの?」と単刀直入に聞いてくる場合は、二人の仲を勘繰っている可能性が高いと言えます。状況を把握しようとすればするほど、あなたと男性の仲を心配しているということです。

あなたと男性の会話が盛り上がっている時に、途中から参加してくる男性は好意があると思って良いでしょう。

容姿や内面など何かを褒めてくれる

好きな男性ができると悪い部分ではなく、良い部分が沢山見えてきますよね。

好きという気持ちが相手のことをどんどん理想化していくのですが、男性も同様です。

好きな女性ができると容姿や内面などの良い部分を見つけるので、その部分について褒めたいという気持ちになるようです。

人を褒めるということは、相手への思いやりや気遣いがあるからです。好意を伝えることが難しくても、褒めることで好意を伝えることなら意外とできるからです。
  • ファッションセンスが良い、ヘアスタイルが可愛いなどの容姿
  • 前向き、明るいなどの内面

以上のようなことは、好意がなければなかなか言えませんし、そのように感じることもないでしょう。

気になる女性だからこそチェックしているので、様々な良い面を見つけることができるのです。

喜んでもらいたいからサービスしてくれる

褒めてくれるのは、良い気分にさせたいという心の表れと言えます。

喜んでもらいたいという気持ちがあるので、こちらが笑顔になれることをサービスしてくれるのです。

好意のサインは、褒めるだけではありません。

  • 笑える、興味深いなど、面白い話をしてくれる
  • こちらが興味あるジャンルのネタや写真、動画などを見せてくれる

上記のように、気分が上がるようなことを考えて、様々なサービスをしてくれるのは好意があるサインと言えます。

一度話した好きなことをしっかり覚えていて、喜ばせるために色々情報収集してくれる男性は、あなたが気になる女性だからです。

笑顔や喜ぶ顔を見たい一心で様々なことを考えてサービスしてくれる男性がいたら、好意があると思って良いでしょう。

メールやSNSで可愛い絵文字を送ってくれる

男性のメールやSNSは、基本的に質素です。

若い男性であれば様々な機能を使いこなすでしょうが、ある程度の年齢になると読みやすく、わかりやすい内容になるようです。

仕事でも真面目な文章しか求められませんので、絵文字や顔文字なども使うことが少ないせいか、全体的に地味な印象の内容になります。用件のみを伝える傾向にあるので、短くて分かりやすいというメリットはあるものの、女性受けはしにくいかもしれませんね。

仕事ではない内容にもかかわらず、質素なまま送ってしまうと「怒っているのかな?」、「不機嫌?」などと間違って伝わることがあるかもしれません。

良いイメージを与えたい男性は、女性受けするような装飾や絵文字などを使うことがあるようで、主に好意がある女性に使用しています。

好意があるからこそ、絵文字やスタンプなどをわざわざ探して、購入やダウンロードという手間をかけているのです。

女性側としては、色々手をかけてくれている内容のほうがやりとりを楽しもうとしているのだということがわかって嬉しい気持ちになるのではないでしょうか。

動画や写真の添付も好意があるサイン!

メールやSNSは、絵文字や顔文字だけではなく動画や写真などを添付することもできます。

女性とのやりとりを長く楽しむためには、相手がもらって嬉しい内容にする必要があります。リアルの会話が盛り上がらない時は、ネット上で距離を縮める必要があります。

文章作りが上手い男性は腕の見せ所になりますので、女性に喜ばれる内容を選んで好印象を与えようとするでしょう。

また、ネット上での好意のサインとしては、SNSで必ずイイネやコメントをくれるという点も挙げられます。

二人だけのやりとりから離れた場所でもアクションを起こしてもらうことで、いつも気になって見ていてくれるということが伝わってきますよね。

「今日は眠いな」、「今起きたよ~」など、一人つぶやき系のコメントを求めるような内容ではなくても、スルーされずに誰かからイイネやコメントが付くと嬉しいですよね。

好意がある男性だからこそ、どんな内容であってもスルーせず反応してくれるのです。

ネット上でも声を掛けてくれることやこちらの興味がありそうな内容を送ってくれるのは、好意があるからこそする行動なのです。

ドライブや食事などに誘ってくれる

男性は、好意を抱く女性に声を掛けるだけではなくドライブや食事などに誘うこともあります。

警戒されないために、1対1ではなく複数人いることもありますが、何度か繰り返すうちに二人きりで会うことになるはずです。

社交辞令として誘ってくれる男性もいますので、一度断ってみるとどちらか判断がつくはずです。何度も誘ってくれる場合は、好意があるサインです。

何度断られても、好意があるからこそ熱心に誘い続けることができるのです。

具体的な日時を提示してくれる男性の場合は、社交辞令ではなくほぼ好意から誘ってくれていると考えて良いでしょう。

誘われた場でわかる好意のサインがある!

二人きりでもグループでも、食事やドライブなどに誘われた場合は、実際にその場で好意を感じることができるはずです。

まずは、視線の動きに注意しましょう。

何気なく見た時に目が合う場合は、好意があるのであなたに見惚れている可能性が高いと言えます。

先程ご紹介したように、笑顔を見せてくれる場合も好意のサインですし、他にもたくさんあります。

  • 段差がある時に注意を促してくれる
  • 取り皿に料理をよそってくれる
  • 「何か飲む?」「楽しんでいる?」「寒くない?」と気にかけてくれる

上記のような行動は、あなたを見ているからこそ配慮できるので好意があることがわかるでしょう。

また、あなたが飲み物のグラスを手に持って飲んだ時にも男性の動きに注目してください。

同じタイミングで、手に取って飲んだ場合は好意のサインです。

心理学ではミラーリング効果と言われており、好意がある人の仕草を真似るというものです。

飲み物だけではなく、食べるタイミングや髪に触れるタイミングなどが同じ場合も、好意があるから無意識に真似てしまうということです。仕草だけではなく、イントネーションや方言、その人の口癖などがうつってしまうことも相手に好意を抱いているから起こるのです。

ですから、一緒にいる時間は男性の好意の有無を確認できる貴重な時間でもありますので、気になる男性の場合はチェックしてみてはいかがでしょうか。

特に用事はないのに電話をくれる

一般的に、用件がある時に電話をかけるものですが、友達や家族であれば特に何も無くても「暇だから」という理由で電話をかけることはありますよね。

恋人であれば、「声が聞きたい」という理由でかけることもあるでしょう。

そんな中、用件がないにも関わらず男性から電話がかかってきた時はどう思いますか?

「暇なのかな?」と思われるかもしれませんが、実際に暇であっても何とも思っていない相手に対して電話をかけることはないですよね。あまり親しい間柄でなければ、用件もなく、暇だからという理由で連絡を寄こすことは失礼ですし、そもそも話も弾みません。

ですが、男性の中には好意があるサインとして何も無くても連絡をくれることがあるのです。

気になる男性から連絡が来た時には、「どうしました?」と質問してみましょう。

「特に用事はないけれど」と前置きをした上で色々な話をしてくれる男性は、あなたと話がしたいという気持ちと話しを聞きたいという気持ちがあるからです。

長電話になるほど好意がある可能性大!

女性は長電話を好む傾向にありますが、一般的には男性で長電話する人は珍しいようです。

用件を済ませたら切るというスタイルの男性が多いので、電話がかかってきた時に長電話になる場合は好意がある可能性が高いと言えます。

長電話になるには、以下の要素が必要です。

  • 会話が盛り上がる
  • 話しの内容が楽しい

以上のような要素がなければ、長電話にはなりにくいので、電話をかける側も受ける側も「切りたくない」という気持ちにならないと成立しないのです。

無言では続きませんし、会話が途切れても続きませんから、気配りも必要になります。

好意があるかどうかを電話中に調べる方法としては、こちらから「じゃあ、そろそろ」と切り上げようとすることです。好意があれば、男性側は電話が終わらないように質問攻めにしてくるかもしれません。

電話を切ることに納得しても、「今度遊びに行かない?」と誘いの言葉が出る可能性もあります。

好意がある男性であれば、「少しでも長く話したい!」と思っているはずですから、電話が盛り上がっている時に、あえて切り上げて反応をみてはいかがでしょうか。

こちらから行かなくても来てくれる

気づくとあなたの近くにいる男性も好意があることが多いようです。

飲み会や休憩時間、勉強会など、職場でもプライベートでも何かの集まりや日常で、あなたのそばにいる男性はいないでしょうか。

こちらから行かなくても近くに来てくれる男性は、好意を持っているからです。「あなたの近くにいたい」という気持ちがあるので、こちらがあえて動かなくても男性のほうから来てくれるのです。

ですから、あなたの近くに来る男性がいつも同じ場合、その男性が好意を持っている可能性が高いと言えます。

一緒にいたいからこそ近くへ来るわけですから、隣同士や向かいの席など、ポジションが同じ男性がいる場合は距離感もチェックしてみましょう。

好意があるから距離感が近い

人にはそれぞれパーソナルスペースがあります。自分と他人の間にある空間のことで、親しみがある人ほどその空間が狭くなります。

好意があれば、パーソナルスペースが近いほど心地良く感じるので、距離感が近いことがサインになります。

関係性 距離
恋人同士 0センチから45センチ程度
友達同士 45センチから75センチ程度

個人差はありますが、関係性によって距離感が違うのです。

恋人同士の距離は肌と肌がくっつく距離で、好意を抱いているからこそ許される近さです。

この距離感で近づく男性は、あなたに対して心を許しており、親しくなりたいという気持ちが強いので、あなたが動かない限りは近くに居続けることでしょう。

あなたの近くにいない男性でも、あなたが近づくと離れずにそのまま動かないのであれば、あなたとの間にあるパーソナルスペースを嫌がっていないことがわかります。

好意がなければ、近づいても体や顔を背ける、離れるなどされてしまうからです。

ですから、あなたに近づいてくるほど好意があるということですから、距離感がやたら近いと感じる男性は興味を抱いているということになるのです。

パーソナルスペースについては「男性のパーソナルスペースに入り込め!好きな男性と自然に近づく方法」をご確認下さい。

困っている時にさりげなく助けてくれる

男性からの好意があるかどうかのサインとして、助けてくれるということも挙げられます。こちらに好意がある男性は、近くにいる時はこちらの動きを把握していることが多いからです。

何をしているか目で追っているので、例えば重い荷物を持つ時に困っていると「持ってあげるよ」と助けに来てくれるのです。

もちろん、近くにいても四六時中見ているという訳ではないので、必ず助けてもらえるわけではないですが、助けてくれることが多い男性は好意があると考えて良いでしょう。

仲裁やお説教のフォローをしてくれる

物だけではなく、人との関係を助けてくれるのも好意があるからです。

誰かと争いがある時の仲裁や上司にお説教されている時にフォローしてくれる男性は、あなたを助けたい一心で手を差し伸べてくれるのです。好意を抱く相手だからこそフォローしたくなるわけですから、あなたがいない場所で悪い噂が立った時にも全力でフォローしてくれることでしょう。

男性は、「守ってあげたい」という気持ちが強いことから、相談に乗ってくれる男性も好意があることが多いようです。

恋愛や仕事などの悩み相談に乗ってくれるだけではなく、解決法を一緒に考えてくれるのは、それだけあなたのことを大事に思っているからです。

自分のことのように受け止めて真剣に考えてくれる場合は、好意のサインです。

どんな風に思われているか知りたい時には、男性に相談を持ち掛けてみてはいかがでしょうか。

ボディタッチが他の男性より多い

男性からの好意のサインとして、ボディタッチもあります。

不快感を与えないあっさり系のボディタッチなので、女性によっては気にならず流していることもあるかもしれません。

  • 肩を優しく叩く
  • 頭を撫でる
  • 背中に触れる
  • 手や腕を優しく掴む

以上のようなボディタッチは、決して大胆でもなく、力も入っていないのでさりげないボディタッチなので不快な気持ちになりにくい場所です。

「おはよう」、「頑張っているね」など何か声をかけつつ、ボディタッチしてくる男性が多いようで、好意があるから触れたいという気持ちになるのでしょう。

近づきたいからボディタッチ!

男性がボディタッチするのは、言葉ではなく態度で好意のサインを出していると言えます。

言葉で伝える勇気がない、相手の反応が見たいという場合はボディタッチで反応を見るようです。

好意があるからこそ触れたいと思う気持ちになりますし、警戒心を解くためにもボディタッチで距離を縮めようとしているのです。

不純な動機ではなく恋愛目的であれば、あっさり系のボディタッチをされますので、人によってはサインを見逃すこともあるかもしれません。男性が傍にいる時、話だけではなくてボディタッチもされた場合は、好意があるというサインであることが多いので、ボディタッチ返しもお勧めです。

こちらから触れても嫌がらない男性も好意があることが多いので、好意の有無を確認するために肩や背中などに触れてみても良いでしょう。

普段、自分から行動を起こしている男性の場合は、あなたに触れられて嬉しい表情を見せるかもしれません。

気になる男性であれば待つだけではなくこちらからも動いて、距離をどんどん縮めて行ってはいかがでしょうか。

こちらの反応を見ながら会話を進める

会話をする時に、自分に関する話や話したいことをどんどん話す男性は、好意を持っているのではなくただ聞いて欲しいという気持ちが強いと言えます。

対して、あなたに関する話や質問などをする、自分中心の会話をしない男性はあなたに好意を持っていることが考えられます。

こちらの反応を見ながら会話を進めるということは、好意のサインだからです。

自分の話をするだけなら誰でも良いわけですが、あなたの話をするのはあなたに興味があって、会話を楽しみたい気持ちもあるからです。

  • 自分がハマっている趣味の話
  • 女子のファッションやコスメ系の話

以上のような話をした時、熱心に話を聞いてくれる場合は好意があるサインなのです。

男性が興味を示さないような話でも、同調や賛同だけではなく、詳しく聞きたい様子で質問してくれる場合には、「あなたのことは何でも知りたい」という気持ちがあります。

相槌や口調が優しい

好意のサインとして、会話中の相槌や口調が優しいことも挙げられます。

話をじっくり聞くだけではなく、会話を楽しんでもらえるように相槌を工夫してくれるのです。

例えば、何年かぶりに転んだという話をした後で「あ、そう」という相槌をされたらどうでしょうか。

話を続ける気持ちにはなりにくいですよね。

しかし、話をした後で「それは驚いたね!怪我しなかった?」という返事であれば、もっと話そうという気持ちになりますよね。

更に口調が優しければ、話すことで心が温かくなって癒されるのではないでしょうか。

普段は厳しい口調の男性が、あなたと話す時だけ優しくなるのはあなたに対して好意があるというサインです。

好意があるからこそ、傷つけないようにという配慮から会話中の態度が他の人とは違うのです。

会話中に気遣いをしてくれるかどうかを見ることでも好意があるかどうかがわかるので、チェックしてみてはいかがでしょうか。

好意のサインを見逃さなければ恋愛関係へ発展しやすい!

気になっている男性がいる場合は、好意を持たれているかどうかが気になることもあるでしょう。

男性がこちらに対して好意があることがわかれば、積極的な行動もとれるかもしれませんが、気持ちが全くわからないとなかなか関係を発展させることは難しいですよね。

今回ご紹介したサインを見つけることは、難しいものではなく、男性の行動を見ればわかることばかりですから、片思いの男性がいる場合はチェックしてみてはいかがでしょうか。

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る