気が利かない彼氏と上手に付き合う!イライラしないために出来ること

気配り上手な男性はとても紳士的で素敵ですよね。

しかし世の中には気の利かない男性が数多く存在しています。

彼女が重い荷物を持っているのに「持とうか?」の一言もない彼氏や、体調が悪いのに気遣ってくれない彼氏にはイライラするものです。

付き合い始めた頃はあまり気にならなくても、付き合いが長くなると目に付いてしまい「どうして分からないの?」と怒ってしまうこともありますよね。

今回は気が利かない彼氏と上手に付き合う方法についてご紹介していきます。

どうしてこんなに気が利かないの?気が利かない男の特徴

友達の彼氏は気配り上手なのに、どうして自分の彼氏は周りへの配慮が足りないのかと不思議に思うこともありますよね。

気が利かない男性の心理とはどのようなものなのでしょうか、見ていきましょう。

周りを見ていない

気配り上手な人というのはいろいろな所を見ています。

周りの状況を把握することで、誰がどんなことを必要としているのか、今するべき行動を見極めることができるのです。

しかし、気配りができない男性は周りを見ていません。

誰がどんなことを必要としているのか、気付いていないので気の利いた行動をすることができないのです。

過去に世話を焼いて怒られたことがある

人間は過去から学ぶ生き物と言われています。

過去に世話を焼いて怒られた経験がある男性は、余計なお世話だと怒られるかもしれないという考えから気の利いたことができない場合があるのです。

怒られたくないだけなので、手伝ってとお願いすれば嫌な顔をすることなく動いてくれます。

しかし、言われたことしかやらないのがこのタイプの男性の特徴なのです。

面倒くさいと思っている

面倒くさがりの男性は気配りができない場合があります。

彼女がして欲しいと考えていることは分かっていても、面倒くさいと感じてしまい行動に移すことができないのです。

視界に入れると「手伝って」とお願いされる場合もあるので、彼女から目を逸らすこともあります。

わざと目を逸らす彼氏は面倒くさがりの可能性があるので確認してみましょう。

自分のことしか考えていない

自分のことしか考えていない「自己中心的な男性」というのは、周りの人がどうなろうと自分に害がなければ良いという考えを持っています。

彼女がどんなことをして欲しいと考えているか、分かったとしても行動には移しません。

彼女がどんなに困っていようと手を貸さない場合があるのです。

また、彼女から手伝ってほしいとお願いされた場合「嫌だ」と拒否する可能性もあります。

気が利かない彼氏と上手に付き合う方法とは?

配慮の足りない彼氏と付き合っているとイライラすることばかりですよね。

「どうしてそんなこともできないの?」と彼氏に怒ってしまう女性もいますが、そんなことを言ってしまっては二人の関係を悪化させてしまうだけです。

では気が利かない彼氏と上手に付き合うにはどうすれば良いのかご紹介します。

忘れずにお礼を言う

気の利いたことをしてくれたときには忘れずにお礼を言いましょう。

お礼を言うことで、彼氏は自分の行動で彼女が喜んでくれたと感じます。

こんなことで喜んでくれるのなら、もっといっぱい彼女のためになることをしてみようと考えてくれるのです。

たくさん褒める

どんなことでもいいので、気の利いたことをしてくれた場合にはたくさん褒めてあげましょう。

褒めることで心配りのできる彼氏に育てることができます。

しかし、褒めるのにも注意が必要です。

重い荷物を持ってもらったときは、「力が強いね」と褒めてしまうとあまり意味がありません。

「荷物を持ってくれるなんて、気が利くね」と心配りができたことについて褒めてあげてください。

そうすることで、もっと気の利く男になろうという向上心が芽生えるのです。

お願いをする

彼氏が周りを見ていないタイプの男性だった場合には、お願いをしてみましょう。

  • 「重いからこの荷物持ってくれない?」
  • 「もう少し歩くペースをゆっくりしてくれない?」

などと優しくお願いすることで、彼氏は言われた通りに行動します。

何度か同じことを繰り返しているうちに学習して、彼女の荷物を持ってあげる、歩くペースは彼女に合わせるなどということが、彼女のお願いなしでできるようになるのです。

お手本を見せる

気配りできない彼氏は、気配りとはどんなものなのか分からないという場合があります。

なので自分からお手本を見せてあげましょう。

サラダを取り分けてあげたり、彼氏の体調を気遣ってあげたり些細なことで大丈夫です。

彼氏本人が、彼女のしてくれた行動に対して嬉しいと感じることが重要になります。

「こんなことをされると嬉しいから、彼女にもしてあげよう」と思わせることができれば、実際に行動に移してくれる可能性が高くなるのです。

彼氏に期待しすぎない

気配りのできない彼氏にイライラしてしまうのは、彼氏に期待しすぎているからです。

何でもできるスーパーマンのような男性はいません。

彼氏の気が利かないところも受け入れてあげてください。

そうすることで配慮の足りない彼氏にイライラして怒ることもなくなります。

上手く誘導することが大切!

気配り上手な人というのは周りの状況を瞬時に判断することができ、尚且つ行動に移すことができる人なのです。

そうなるためには、周りに配慮するという習慣を作らなければなりません。習慣にするためには時間がかかるものです。

彼氏を気の利く人間に育てるという感覚で上手に誘導するようにしましょう。

また、そんな彼氏を受け入れるということも大切です。個性として愛してあげることができれば、二人の関係はさらに深いものになることでしょう。

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る