恋愛に効果的なお守りと神社8選!ご利益が欲しいならココがおすすめ

叶えたい恋がある、そろそろ結婚したい、などの恋愛や結婚に関するお願い事をするなら“縁結び神社”です。

そこへ行けば、ご利益のある“恋愛お守り”を受けることができます(お守りは「買う」ではなく「受ける」と言います)。

今回は、近所のいつもの神社から受ける総合的なお守りではご利益を感じることができない!という人のために、強力な恋愛お守りを取り扱っている全国の神社をそれぞれご紹介します。

本気で恋を叶えたい、本気で結婚したいのなら参拝してみましょう。

京都・地主神社

修学旅行などで京都に行った人や、関西にお住まいに人にはお馴染み、縁結びと言えば京都の地主神社です。

有名なのは“恋占いの石”で、一方の石からもう一方の石まで目をつぶったままたどり着けると恋が叶うと言われています。

郵送でも受けることができる

京都は遠くて行けない、と諦めている人も多いかもしれませんが、地主神社の恋愛お守りは郵送でも受けることができます(恋愛だけでなく、どのお守りでも可能)。

公式サイトに詳しく載っていますが、全国どこでも郵送で届けてもらうことができます。基本的には1年ごとに取り替える必要があるため、使用し終えたお守りは郵送で返却し、新しいものを送ってもらうということになります。

ただし、もし本当に恋が叶った場合は、しっかりお礼するためにも直接神社へ足を運びましょう。感謝の気持ちが大事です。

広い境内にはお参りする箇所がたくさんあるので、とても楽しい神社です。

島根・出雲大社

縁結びと言えば、島根の出雲大社です。暦の上で10月を「神無月」と言いますが、それはこの出雲大社に全国の神様が集結するため、各神社の神が不在になる、という言い伝えから来るものです。

日本一の縁結び神社

出雲大社は日本全国の神が集まり、縁結び会議をすると言われており、もし近所の神社で願いが届かないと感じたら総本山であるこの出雲大社に出向くのが正解でしょう。

そのご利益は強力で、全国の悩める独身男女が集います。実際に「恋が叶いました」や「結婚できました」という報告も多く、行ってみる価値はありそうです。

恋の縁、結婚の縁だけでなく、仕事や人間関係の縁に関しても御利益があるため、友達がいなくて寂しい、最近運から見放されているような気がする、という方にもおすすめです。

埼玉・川越氷川神社

埼玉の有名な縁結び神社と言えば、川越氷川神社です。川越氷川神社の縁結びお守りには、ちょっと珍しいものがあります。

“縁結び玉”といって境内の小石なのですが(巫女さんが拾って御祈祷したもの)、1日20体限定で朝8時から無料配布されるものです。

レアな縁結び玉をゲットせよ

ほかの神社ではあまりないシステムなのですが、この無料限定配布される縁結び玉を受けて、その後願いが成就した場合は、神社へ返納します。

返納すると、今度はふたりの関係が長く続くようにという願いを込めたお守りを受けることができます。恋愛成就したら終わり、ではなく、その後のふたりの関係も見守ってくれる神社です。

縁結び玉を手に入れることができなくても、縁結びの御利益があるお守りがあります。

どれも、常に身につけていたい人に嬉しい、かわいらしいデザインのお守りばかりです。

川越氷川神社は郵送でお守りを受けることはできないので、直接お参りに行きましょう。

広島・千光寺

広島県尾道市には観光スポットとしても有名な千光寺があります。

こちらの縁結びお守りもとてもユニークで、ペアになったお守りを持ち歩くことで、相手を探してくれる、というものです。

女性は赤、男性は白

千光寺の縁結び守りは、ペアになっています。ひとつは、赤い紐で中に「かんざし」が入ったもの、もうひとつは白い紐で中に「小判と米」が入っているものです。

良縁が欲しい女性は、赤い紐の方を持ち歩きます。すると、お守りが縁のある人を見つけてくれるという感じです。もし良い人が現れたら、相手の男性に白い紐のお守りを渡しましょう。

ふたりがそれぞれ持ち歩くと仲良く過ごせるというお守りでもあります。

透明な巾着のような見た目で可愛らしいです。郵送でも受けることができるので、どうしても現地に足を運べない際は利用しましょう。

ただし、千光寺から眺める景色は素晴らしいので、是非直接お参りすることをおすすめします。

東京・東京大神宮

東京のお伊勢様、と言えば“東京大神宮”です。とくに縁結びの御利益があるとされ、独身の女性に人気のある神社です。

縁結びの鈴蘭守り

東京大神宮と言えば、縁結びの“鈴蘭守り”が有名です。

「幸福が訪れる」という鈴蘭の花を模したお守りで、白い二輪の鈴蘭が揺れます。良縁を望んでいる女性の清らかな気持ちに寄り添い、きっと良縁を運んでくれるでしょう。

肌身離さず持ち歩くといいと言われているので、常に持ち歩きましょう。

ほかにも、見た目がかわいらしい縁結びのお守りを数多く取り扱っているので、気に入ったお守りを選んでもいいでしょう。

また、恋みくじも充実しているので、今後の恋のゆくえを占いたい方は是非利用してみましょう。

滋賀・多賀大社

滋賀県からは「お多賀さん」と呼ばれて親しまれている“多賀大社”をご紹介します。こちらも縁結び神社として有名で、ほかにも病気平癒、健康長寿などのご利益があります。

縁結びは二柱の神社へ

なぜ多賀大社が縁結び神社かと言うと、神様がふたり祀られているからでです。

これを「二柱神社」というのですが、とくに夫婦の神様が祀られているときに縁結びのご利益があると言われています。

神様は「ひとり、ふたり」とは数えず「一柱、二柱」と数えるのですが、多賀大社は“伊邪那岐大神”と“伊邪那美大神”の夫婦の神様が祀られています。

ここで受けることができる“こいまもり花むすび”はご利益があるとして、県内外から訪れる人がたくさんいます。独身女性だけでなく、家族全員でお参りしたい神社です。

三重・伊勢神宮

「お伊勢参り」として有名な、三重県の伊勢神宮。意外なことに、伊勢神宮では縁結びのお守りは取り扱っていません。

「じゃあ縁結び関係ない?」と思われるかもしれませんが、そうではないのです。

伊勢神宮はパワースポット

伊勢神宮の境内の中には、参拝する場所がたくさんあります。

それぞれ祀られている神様が違い、それぞれ担当するお願い事も違います。

そのため、縁結び目的で行くのなら多賀宮の“豊受大御神荒御魂(とようけおおみかみあらみたま)”と荒祭宮の“天照大御神荒御魂(あまてらすおおみかみあらみたま)”を参拝しましょう。

伊勢神宮は本来、個人的なお願い事は聞いてくれないので「自分が幸せになりたい」というお願い事はできません。あくまで「ここまで無事これました、ありがとうございます」という感謝をするお参りです。

しかし、上記のふたつのお宮では個人的なお願いすることができます。

伊勢神宮へ恋愛祈願に行く際は、是非“パワースポットでエネルギーを充填する”目的で行っていただきたいです。

とくに「うまくいかない」と感じる時は、気の流れが悪くなっている証拠なので、大きなパワーが集まる伊勢神宮でリフレッシュできるでしょう。

伊勢神宮では、縁結び限定のお守りはありませんが、7種のお守りがあります。小さな木札が入った「守祓」や学業のお守りなどです。

元気を取り戻して、全体の運気をパワーアップさせて恋に挑みましょう。

宮城・二柱神社

東北にも縁結び神社がありますが、アクセスしやすく有名な神社と言えば宮城県仙台市の“二柱神社”です。こちらも二柱ということで神様が2体祀られています。

オリジナルお守りが作れる

二柱神社は仙台市内だけでなく、他県からもお参りに来る人がいるほど縁結びに関しては強い神社です。

独身女性がお参りし、結婚できてお礼参りにやってくる、ということも珍しくありません。

さらに、縁結びのお守りの種類が豊富でかわいらしく、女性に人気です。

もし、お友達と一緒にお参りをして、デザインを別にしたいということであれば、オリジナルのお守りを作ることもできます。

いろいろなデザインを施されたお守り袋が用意されているので、好きなデザインを選ぶことができます。そのため、仲間でお揃いにしたり、あえて別のデザインにしたり、ということもできるのが嬉しいです。

恋に悩んでいるお友達や家族へのプレゼントにもぴったりです。どこか、女性の気持ちに寄り添ってくれる神社、という感じで親しみやすいです。お近くの方は是非一度参拝してみましょう。

恋愛のお守りの効果を引き出すには?

さて、縁結び神社で恋愛のお守りを受け、常に身に付けることで願いが叶うとは言いますが、やはりただ待っているだけでは何も起こりません。

恋愛のお守りは、確かに良縁を引き寄せてはくれますし、後押しをしてくれるのですが、心の中に拒否する気持ちがあったり、楽をしたいという気持ちがあると効果は発揮しません。

たとえば“告白する”であったり“デートに誘う”であったり、または“思い切って婚活パーティーに参加してみる”などの何かしらアクションを起こす時に、良い結果に導いてくれるのがお守りです。

また、お願いばかりするのではなく、常に神様に対して感謝する(今こうして生きていられることはありがたい、という気持ち)ことで、願いが神様に通じやすくなります。

神様は見守ってくれている、と信じて行動しましょう。

▼縁結びの神社で願いを叶えたいなら参拝方法も大切!

恋愛に悩む時間がもったいない!一度試しに参拝してみてはいかが?

実際「縁結び神社に参拝したら彼氏ができました」という報告は多く、家でじっとしている人や、地道に婚活だけを続けている人よりも、神社に参拝するという行動を起こしている人のほうが幸福度は高いように思います。

というのも、やはり人の縁というのは“目に見えない領域の問題”であって、努力や根性だけではどうにもならなかったり、ひとりで悩んでいてもうまいアプローチの仕方がわからなかったりと、暗中模索になりがちです。

彼氏がほしい、好きな人と交際したい、結婚したい、と思ったときに“どうするか考える”ではなく“まずは動いてみる”という形で神社に行く人は、恋が叶いやすいようです。

お守りは強力な武器になります。

「どうしよう」と悩む前に、近くの縁結び神社へお参りしてみましょう。

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る